なかなか痩せないあなた!痩せやすい脳づくりとは?

ダイエットしてもすぐにリバウンドしたり、なかなか痩せれないという人は多いのではないでしょうか。
脳のホルモンがダイエットに影響している様です。
痩せる脳づくりについてまとめました。

view518

お気に入り お気に入り3

お気に入りに追加

  • ダイエットの鍵を握る脳のホルモンとは?

  • 太るメカニズムには脳の働きが大きく関わっていて、その鍵を握るのが脳内に分泌されるホルモン「セロトニン」と言われています。
    出典 :ダイエットの鍵は脳だった!?「太る脳」を「痩せる脳」に変える方法 | 「マイナビウーマン」
  • 太る脳とは?

  • 食べたいという欲求を無理やり押さえつけてしまうと、脳がストレスを感じてセロトニンの分泌が減少します。すると、いくら食べても満腹感を得られず、ついつい食べつづけてしまうことになります。
    出典 :ダイエット的 太る脳とやせる脳 - gooダイエット
  • 痩せる脳とは?

  • おいしいものを食べて満足すると、脳内でセロトニンが多く分泌されて満腹中枢を刺激します、すると、それほど量を食べなくても満足感を得ることができるようになるのです。
    出典 :ダイエット的 太る脳とやせる脳 - gooダイエット
  • ホットミルクでセロトニンUP!

  • 夜、眠る前にホットミルクを飲むことも「セロトニン」増加に効果的です。牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸の一種は、イライラをコントロールしてくれる「セロトニン」の原料であるとも言われているので、特にストレスフルになりがちなダイエット中は、リラックス&リフレッシュ効果も期待大です。
    出典 :2/3 「やせる脳」VS「太る脳」 [定番ダイエット] All About
  • ウォーキング・ジョギングでセロトニンUP!

  • 運動としてオススメしたいのが、一定のリズムで行うウォーキングやジョギング。ウォーキングを始めると、15分程度でベータエンドルフィンというホルモンが出てきて、その後続いて「セロトニン」が分泌されるのだそう。ダイエット中イライラしたりストレスを感じたら、近所をウォーキング&ジョギングするのも良い方法ですよ。
    出典 :3/3 「やせる脳」VS「太る脳」 [定番ダイエット] All About
  • 自意識でヤセやすい脳へ!

  • 1年後の理想を紙に書く
    思い描くだけでなく、紙に書いたり、スクラップするのがコツ。脳にそのイメージが強くインプットされ、無為意識のうちに脳がヤセやすい方向へシフトします。
    出典 :モデルの仁香が、-13kg! ハッピー脳ダイエットって本当に痩せる? - BODY CARE - X BRAND
  • 痩せやすい脳づくりの食事とは?

  • 食事は白米が中心の和食がベスト。白米は脳に必要な栄養を70%も含む、いわばハッピー脳ダイエット食。副食で野菜とたんぱく質をバランスよく補えば、ストレスが発生しにくい腸内環境に整います。
    出典 :モデルの仁香が、-13kg! ハッピー脳ダイエットって本当に痩せる? - BODY CARE - X BRAND
  • 最初に温かい汁物から口にすると、ゆっくり飲むので満足感か増し、空腹感も落ち着きます。さらに、穀物やたんぱく質よりも先に野菜を食べることで、糖を吸収するスピードかゆるやかになり、結果、太りにくくなります。
    出典 :選ぶだけで痩せやすくなる! 太らないおかずの食べ方とは - トレンドニュース
  • 脳をだまして効率よくエクササイズ!

  • イメージするだけで少ない回数、時間で効率良く筋トレができる
    出典 :48.4キロやせ!女芸人まぁこの“脳だまし”ダイエット - 2 - ダイエット特集 - MSNライフスタイル
  • 脳だましエクサその1:天井支え

     

    落ちてくる天井を支えているイメージをしながら行うエクササイズ。下半身全体のシェイプに。

    1.両腕を上げて頭上で手を組む
    肩幅より少し広めに脚を開いて立ち、両腕を上げ、頭上で組む。手のひらを天井につけるイメージで。

    2.天井を支えるように腰を落とす
    息を吸いながら、落ちてくる天井を押し返すイメージで、ひざを曲げてお尻を後ろに突き出すように腰を落とす。1、2を10回繰り返す。

  • 脳だましエクサその2:崖ふんばり

     

    お腹や腰、背中などの体幹(体の胴体にある大きな筋肉)を鍛えるエクササイズ。体幹を鍛えると、代謝がアップし、よりやせやすい体に。高い崖の上で落ちないようにふんばっているイメージで行おう。

    1.両手で円をつくり頭をのせる
    両ひじ、両ひざをついて、うつぶせになる。両手の指を組み円をつくり、そこに頭をのせる。高い崖の上にいるイメージをして。

    2.落ちないようにふんばって静止
    1の姿勢から両足を伸ばし、1分間キープ。高い崖の上から落ちないようにふんばっているイメージ。1、2を5セット行おう。