不妊治療を考えてる人必見!!人工授精についてのまとめ☆☆回数に制限もある治療です!!!

不妊治療を考えてる人必見のまとめを作ってみました!!
人工授精の治療を受けようと思ってる人に人工授精にまつわる情報をまとめてみました!!

view679

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人工授精ってどんな治療なの???

  • 人工授精 とは、精子を子宮内に直接注入し、卵子と精子が出会う確率を高める不妊治療法の一つ。子宮内に注入された精子は自力で卵管内へ移動し、排卵後に卵管内に取り込まれた卵子と自然に出会います。よって、名前には「人工」と冠しているものの、極めて自然妊娠に近い形の治療法と言えます。
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  • 人工授精の仕組み!!

     

    治療に用いる精子は男性から採取した後、チューブのような注入器具を用いて子宮内に注入します。 以前は採取した精液をそのまま注入していましたが、現在では精液を遠心分離などによって精製し、活性の高い精子を選別するなどし、効率向上と副作用の低減を図っています。

  • 人工授精で妊娠出来る確率はどの位なの???

  •  人工授精は4~5回行えば、妊娠する人と、人工授精では妊娠できない人とに、ほぼ分かれてきます。当院の今までのデータを見ますと、人工授精(AIH)で妊娠されたほとんどの方が4回目までで妊娠されています。そのため、人工授精は通常4~5回行い、妊娠に至らない場合は、体外受精や顕微授精へのステップアップを考えます。
    出典 :蔵本ウイメンズクリニック 不妊症のことをもっとよく知ろう - 一般不妊治療
     

    人工授精で妊娠が出来る人は4、5回行えば妊娠が成立します!!
    それでも無理なときはステップアップ治療を考えるのがおすすめのようです!!

  • 人工授精を受けた年齢別の妊娠確率!!

     

    年齢と共に妊娠に至る確率が落ちてきます!!

  • 人工授精を受ける年齢によって妊娠率も異なります。女性の年齢が上昇するにつれて、人工授精での妊娠率も低下していきます。30代後半の方は、人工授精の回数の目安を4回程度までとし、早目に体外受精など、高度生殖医療に進むことをお勧めしています。
    出典 :蔵本ウイメンズクリニック 不妊症のことをもっとよく知ろう - 一般不妊治療
  • 排卵誘発剤使用別の人工授精での妊娠率!!

     

    内服薬や注射の排卵誘発剤を使用によってホルモン環境を改善し、妊娠率も高くなります。

  • 何回目の人工授精で妊娠に至ったの???

  • 何回目の人工授精で妊娠に至ったのか??

     

    回数を重ねる事に妊娠の確率が落ちてくるようです!!

  • 当院のデータでは6回以上の人工授精を行っても妊娠される方はあまりいませんでした。
    人工授精(AIH)4~5回を一つの目安として次のステップへ進むかどうか考えることになります。
    出典 :蔵本ウイメンズクリニック 不妊症のことをもっとよく知ろう - 一般不妊治療
  • 人工授精のメリットとは???

  • 1. 比較的容易に出来る治療法であり、ある程度の妊娠率を確保できるので繰り返し治療しやすい
    2. スピーディーに行え、ほとんど痛みのない治療である
    3. 身体への負担が少ない
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  • 人工授精のデメリットとは???

  • 1. 自由診療なので保険は使えない
    2. 排卵誘発剤を使う場合、多胎やOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすい
    出典 :人工授精の方法・確率・費用 [不妊症] All About
  • 夫婦で話し合って治療を受けるのか検討してみましょう!!