マタニティエアロビクスの注意点

軽快なリズムに合わせて、楽しく体を動かすマタニティビクス!マタニティパワーを身につけたいママへおすすめです!

view222

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 効果は凄い!マタニティビクス!!

  • 運動不足によって弊害が生じることも・・・ 妊婦さんには、適度な運動が必要なのです。

     

    マタニティの時期にする運動に気を付けるべき点としては、母体はもちろんのこと、お腹の赤ちゃんにも負担がかからないように気を付けることが大切です。

    無理な運動をするのではなく精神的にもリラックスできるような運動をする様にしましょう。

  • マタニティビクスによる効果としては、妊娠中の体重増加の軽減、腰痛、肩こり、足のむくみの解消、便秘、ストレス解消、妊娠中毒症の予防などがあります。
    出典 :マタニティビクスの効果
     

    特にストレス解消や体重増加に効き目があります。また、出産に向けて不安が募っていくこともありますが、ママ友ができたりするなどして不安な状態を解消してくれる効果も期待できます。また、産後に関しては、出産前と同じ元の体型に戻すために産後ヨガや産後ピラティスなどもあります。産後の体重は急激に落とすのではなくだんだんと落としていって、半年以内に元の体型に戻すのが理想的です。

  • 流産、早産には充分要注意!!

  • 妊娠経過によって、早産傾向などが現れて主治医の中止指示があれば、その時点で終了です。

     

    流産例の80%以上が妊娠10週までに起こると言われています。 妊娠11週末頃までは胎児の器官形成期です。

  • 妊娠期のデリケートな体調をきちんと把握している知識のある指導者のもとで行なうのがベストです。また、おなかの張りや貧血がつらいとき、体に不調を感じる時控えるようにしましょう。おなかが大きくなると、重心が変わり、転びやすくなったり、躓いたり、ふらつくことがあります。
    出典 :マタニティヨガの注意点 | @安産のためのマタニティガイド マタニティヨガや胎教のはじめ方
  • 本当にいいの?!マタニティビクス。

  • 酸素の取り込み方も上手になるのでお産時の呼吸にとても役立ちます。

     

    マタニティビクスは運動量の多いスポーツです。我流で行う事は避け、必ず専門のインストラクターにつきながら行いましょう~。

  • マタニティビクスは、妊婦さんの体力の基礎的研究から、効果的で安全な妊娠中の健康法として、また分娩および産褥期に良い影響をもたらす目的で完成された体操です。
    出典 :八王子の米山産婦人科病院 - マタニティビクス
     

    妊娠中は【栄養】【休養】【運動】のバランスのとれた生活が重要です。マタニティビクスはその【運動】の部分です。軽快な音楽に合わせて楽しく動いていきます。お産に必要な筋肉をエクササイズすることで安産にもつながり、胎児にもよい影響を与えます。

  • 妊婦さんの快適ライフのために!

  • 妊婦さんとスポーツは結びつきのイメージがわきにくいものですが、体力作りやリラックスしたお産を迎えるにあたって、役立つスポーツも意外とあるものです。妊娠中に行えるスポーツとして代表的なものに【マタニティビクス】があります。

  • 日本マタニティビクス協会が研究・普及している妊娠中のエアロビクスエクササイズです。

     

    運動中の子宮収縮、胎児心拍、母体心拍などをはじめ、運動による生体負担とその影響、長期継続による影響(効果)などの臨床データを基に、医師と運動指導者が作り上げたものです。

  • マタニティビクスは、妊娠16週から始めることができます。マタニティを考慮して組まれたプログラムであっても、こういった運動を妊婦が行うにあたってはある程度の条件があります。
    ●妊娠の経過が順調で正常な状態であること。
    出典 :マタニティスイミング・マタニティビクス・マタニティヨガについて
  • 妊娠いつごろからできるの?!

  • 妊娠13週からスタートできて、分娩直前までできます!

     

    リズミカルに体を動かして運動量を心地よい範囲まで上げ、楽しみながら体力アップ。上半身もダイナミックに動かして産後の乳汁分泌促進も目指します。

  • 「生活が便利になり、みんながどんどん体を動かさなくなって、現代ほどみんなが体を動かさないときはない。使わない機能はどんどん衰えていきますから、お産に必要な筋肉や柔軟性もなくなってきている。
    出典 :マタニティビクス|プレママタウン
     

    おなかが大きくなってくると、子宮に押されて肋骨の下が痛くなります。
    また、呼吸も浅くなりがちになっちゃいます。