軽いけが等の処置には知っておこう【RICE処置】役立つ応急処置

応急処置方法に知っておきたいRICE処置
どのようなものなのかをまとめてみました

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • RICEとは

  • RICE処置とは、下にあげるケガの応急手当ての4つの原則の頭文字をとった言葉です。

    1、Rest(安静)
    2、Ice(冷却)
    3、Compression(圧迫)
    4、Elevation(高挙)
    出典 :応急処置(RICE処置)
     

    原則なのですね~

  • このRICEは、打った(打撲)、ひねった(ネンザ)など、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる方法です。RICEをすると、痛みや腫れがひどくなるのを防ぎ、治りも早くなります。
    気をつけなければならないのは、冷やしすぎ、圧迫しすぎですが、これについては、次の項で詳しく述べます。
    また、これはあくまで「応急処置」であり、「治療」でありません。RICEのあとは必ず整形外科かスポーツ医を受診してください。
    出典 :応急処置とは何か?
     

    あくまで応急処置という事ですね

  • 内容は

  • Rest(安静)-スポーツ活動の停止
    受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静させずに運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいます。その遅れが結果的に完治を遅らせリハビリテーションに費やす時間を長引かせてしまいますので、受傷後は安静にすることが大切です。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  •  

    ケガをしているときに無理に動かしたり、足首や膝だと体重をかけるようなことをすると、痛みが増したり、ケガが悪化することがあります。ケガをした人をすわらせるなどして、患部を動かさないように、体重がかからないようにしましょう。ここで無理をさせると、「ケガが長引く」ことになります。

  • Ice(アイシング)-患部の冷却
    冷やすことで痛みを減少させることができ、また血管を収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  •  

    氷をあてていると、ピリピリとした痛みがでてきて、やがて無感覚になります(約15~20分)。そうなったらいったん患部から氷をはずし、再び痛みがでてきたらあてます。 これを24~48時間は続けます。

  • Compression(圧迫)-患部の圧迫
    適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  •  

    注意!
    圧迫が強すぎると、血流を悪くしたり神経を圧迫することがあるので、巻く強さを加減しましょう。患部の先が青くなったりシビレがでたら、いったんゆるめて青みやシビレがとれてから再び圧迫します。RICEをしている間は常に、圧迫している部位から先の手、足の指の色や感覚をチェックします。

  • Elevation(挙上)-患部の挙上
    心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  •  

    患部を持ち上げる
    ケガをしたところを、できるだけ自分の心臓よりも高い所に持ち上げます。こうすることで内出血を防ぎ、痛みも軽くなります。いすや台、クッション、まくらなど、手頃な高さのものをさがして、患部をのせておくとよいでしょう。

  • http://kt.sakura.ne.jp/~mama/RICE.html(一部引用)

     

    これが一番大切なんですが、いざ「やっちゃったー!!」という時、体育館のちょーど隣にお医者さんがあって、他の患者を後回しにして手当てしてくれる♪ とかいう都合のいい状況でない限り、その場での応急処置が必要。基本的な手当てだけは、是非覚えておいた方が良いでしょう。
    素早く適切な応急処置ができるか否か、それが、その後のケガの回復具合をかなり左右するようです。

  • 知っておきたいこと

  • いつRICE処置を行いますか?
    受傷後痛み、腫れ、炎症があるとき。あるいは、慢性の症状があるとき。
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  • なぜRICE処置が必要ですか?
    受傷後の回復を早めるのに腫れや炎症を抑えることが重要になります。腫れは治癒の初期の過程で必要なものですが、それが大きくなりすぎると逆に治癒を遅らすことになるので、必要最低限にコントロールすることが重要になります
    出典 :RICE処置:CramerJapan
  • どれくらいの間?
    部位により異なりますが、15分~20分(RICE処置)が目安になります。そして、40分~60分(RICE処置)の間隔を開けた後にRICE処置を再び行います。症状によりますが受傷後24~72時間はこのサイクルを繰り返します。
    出典 :RICE処置:CramerJapan