子宮内胎児発育遅延の予防はできるのでしょうか?

みなさんは子宮内胎児発育遅延というものを知っているでしょうか?
ここでは、少しそれに関する知識をまとめてみたいと思います。

view549

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな病気なの?

  • 在胎週数に応じた胎児の発育が見られない為に
    発育が遅延していると考えられる状態の事です・・・
    体重が10パーセンタイル以下の場合の事を言います。

  •  

    10パーセンタイルとは集団全体の中でも小さい方から
    10%の集団が含まれる為の境界の値の事です。

  • 原因は一体なんなの?

  • 原因は大きく分けて二種類に分別されます。
    「低栄養」と「胎児側要因」
    と言われています。

  •  

    低栄養は母体からを介して供給される酸素や栄養素が不足するのが原因です。
    胎児側要因は染色体の異常や奇形の存在、風疹などの子宮内感染症が
    あげられています。

  • 診断する方法は?検診とかってある?

  • 診断は超音波断層法が用いられます。
    胎児の各部分を計測し、それから胎児の体重を推定する方法が一般的ですね!

  •  

    この診断と同時に胎児や胎盤等に異常がないかの検査も一緒に
    受けられるところが増えてきているのですよ!

  • 管理の方法はあるの?

  • 診断がついた後の管理方法としては、胎児の発育度や健康状態を
    定期的にモニターするのが一般的に行われているようです。

  •  

    発育停止や子宮内環境の悪化がみられる場合は成熟度を評価したうえで
    胎児の娩出を考慮される事があります・・・

  • 予防方法を教えて!!!

  • 実は予防する方法はこれ!!っといったものがないのが今の現状です・・・
    日常生活での注意をすると言ったら過度な運動などを控える事くらいだそうです。

  •  

    この病気は胎児が小さいだけという認識が一般的で
    問題が理解されにくいという傾向があるのです。
    少しずつ検査を受けて医師との相談の基、治療するように心がけましょう!