綺麗好きな人程要注意!【掻痒症】乾燥には気をつけて

綺麗好きな人程危ない病気ももちろんあります
掻痒症とよばれるものはどのようなものなのか
まとめてみました

view313

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 掻痒症とは

  •  皮膚掻痒症とは、一見正常に見える皮膚にかゆみを感じる状態です。何も発疹のない皮膚にも強いかゆみがあるのが皮膚掻痒症の特徴ですが、実際には、かき壊しによる掻破痕(そうはこん)(線状の細かいかさぶたなど)を伴うことが多くあります。
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    かゆみを感じるだけで良いのですが
    あとになると困る人も多いそうです

  • かゆみは発疹があるものとないものにわけられます

     

    掻痒(そうよう)、つまりかゆみは高齢者にとって非常につらい訴えです。かゆみは皮膚の表面に分布している神経が脳に伝わっておこるとされていますが、まだよくわかってないことも多いのです。
     かゆみは発疹がある、つまり皮膚に変化があるものと、発疹がないのにかゆみがあるものに簡単にわけられます。

  • 綺麗好きだから危ない

  • きれい好きには「カンジダ菌」や「掻痒症」に注意
    症状は「かゆみ」で、見た目にはっきりと「皮膚炎」となってるものが多いのですが、診察ではかゆみの原因が見当たらない場合も稀にはあります。皮膚炎の原因としては汗やナプキンなどによる「蒸れ」が多いのではないかと考えられています。また、洗いすぎ・拭きすぎなどによる接触性の皮膚炎も多く、蒸れてかゆくなったので一生懸命きれいにしようと洗っていてこじらせた、というパターンも多いようです。
    出典 :きれい好きには「カンジダ菌」や「掻痒症」に注意|痔 肛門病 女性専門・女医 松島ランドマーククリニック
     

    何事もすぎちゃダメだってば

  • カンジダ性膣炎という病気がありますが。これが見られる場合の多くは、気管支炎などで抗生剤などを飲んでいるような場合に、常在菌がいなくなってしまうと、カンジダが喜んで増えて、膣炎をおこすくらいになるんですね。
    ですから、カンジダが増えるには、増えやすい環境がそろわないといけない。
    まずは湿度。カビですから高温多湿が好きですねですので夏の方が冬よりかなり多い。そして、他の菌がいないことも条件。
    出典 :きれい好きには「カンジダ菌」や「掻痒症」に注意|痔 肛門病 女性専門・女医 松島ランドマーククリニック
     

    こんな性病を引き起こしてしまうかもしれませんよ?

  •  

    時々、カンジダという真菌(カビの一種)性の皮膚炎のこともあり、この場合は抗真菌剤を使用することになります。カンジダ=カビと聞くと、キレイにしていなかったからじゃないかと思われるかもしれませんが、最近はむしろその逆の方に多い印象があります。
    カンジダ自体は実はどこにでもいる菌なんですが、とっても弱いので、他の菌がいるようなところだと負けちゃって増えることができないんですよ。

  • 種類がある

  •  皮膚掻痒症はかゆみの分布から、全身の皮膚の広い範囲にかゆみのある汎発性(はんぱつせい)皮膚掻痒症と、陰部などの特定の局所にかゆみを感じる限局性皮膚掻痒症の2種類に分けられます。いずれの場合も高齢者での発症が多くみられます。
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    限局性というのが危なそうですね

  • 高齢者の汎発性皮膚掻痒症は、高齢者特有の乾燥肌、いわゆる老人性乾皮症(かんぴしょう)に起因するものが最も多く、老人性皮膚掻痒症と呼びます。また、各種老年病や基礎疾患、あるいは薬剤などが関係した汎発性皮膚掻痒症もまれではありません。
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    いわゆる薬剤かぶれみたいなものですね

  • 限局性皮膚掻痒症は、多くは便や尿もれの刺激、神経過敏、陰部皮膚粘膜の加齢変化などが原因になります。
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    若くしてもなる人はいるので注意

  • きちんとケアする必要がある

  • 入浴は熱すぎるお湯をさけ、あまり長い風呂はさけるようにします。石鹸は通常使用できますが、あまり皮膚の脂を取り除いてしまうように過度に洗うことは避けるようにします。あとナイロンタオルなどの物理的な摩擦をさけるようにします。保湿剤は入浴後の皮膚が少し湿った時に外用すると効果的です。
    出典 :健康長寿ネット-掻痒症(そうようしょう) 【体がかゆい、体に虫がはう感じ】
     

    こちらは高齢者に向けたものですが参考になるかもしれません

  • かゆみを抑えるための対症療法では、抗ヒスタミン成分配合薬の外用、あるいは抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬(ヒスタミン以外のかゆみ誘導因子の遊離抑制効果もある)の内服治療を行います。かき壊しによる炎症や湿疹化を防ぐため、ステロイド外用薬を併用する場合もあります
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    対処療法も存在します

  •  日常生活では、入浴時にこすることの禁止(石鹸の使用は可)、入浴直後の保湿外用薬を用いたスキンケアの励行、ゆったりとした肌着の着用、冬期の過度の暖房と低湿度の回避、電気毛布の使用禁止、アルコールや香辛料など体が熱くなる食物をひかえるなどを心がけます。
    出典 :掻痒症 - goo ヘルスケア
     

    この辺は気をつけてくださいね