皆さんは「火傷」に効果ある薬を使うことで綺麗に治るってご存じでしたか?

コーヒーを飲むためにお湯をわかしたのに、途中でうっかり鍋を落として足に熱湯がかかって火傷した。こういった経験は誰にでもありますよね。こういう軽い火傷はすぐに治りますが、重度の火傷だとすぐには治りません。そんなときは薬を使うと治りが早くなります。

view88009

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 火傷に効く薬

  • フルコートF

     

    火傷良く効く薬です。軽い火傷ならこれを塗っておくことで治ります。ただ、先に塗るのではなくまずは冷やすことです。

  • 【特長】

    優れた抗炎症作用のある「フルオシノロンアセトニド」と、抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合した軟膏剤です。「フルオシノロンアセトニド」がつらい湿疹・皮膚炎の炎症を抑え、「フラジオマイシン硫酸塩」が細菌感染(化膿)を防ぎます。
    【効能】

    ◎化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
    ◎化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
    【用法・用量】

    1日1~数回、適量を患部に塗布してください。
    出典 :フルコートf|田辺三菱製薬ヘルスケア
     

    火傷に効く薬は市販でも売られています。

  • 熱傷の程度

  • 火傷は熱傷の程度によってそれぞれ3段階に分類されています。

  • Ⅰ度熱傷

  • Ⅰ度熱傷(1度熱傷)

    1.表皮のみの損傷です。(日焼けは1度熱傷です。)
    2.ヒリヒリして赤くなります。
    3.一時的に色素沈着がありますが、数日で自然に治り、やけど跡は残りません。
    出典 :やけどの深さ|1度・浅達性2度・深達性2度・3度|Ⅰ度・浅達性Ⅱ度・深達性Ⅱ度・Ⅲ度|火傷|熱傷
     

    Ⅰ度熱傷というのは日焼けレベルです。

  • 浅達性Ⅱ度熱傷[SDB](浅達性2度熱傷)

  • 1.表皮基底層(真皮上層)までの損傷です。
    2.痛みが強く、赤くなり、水ぶくれができます。
    3.上皮化後に、色素沈着などが起きますが、やけど跡はあまり残りません。
     ただし、やけど後のケアによっては、やけど跡が残ることがあります。

    深達性Ⅱ度熱傷[DDB](深達性2度熱傷)

    1.真皮深層までの損傷です。
    2.赤く腫れ、水ぶくれなどが起きますが、痛みは軽度で、水ぶくれの下の皮膚が白くなっています。
    3.上皮後に瘢痕が残りやすいです。
    出典 :やけどの深さ|1度・浅達性2度・深達性2度・3度|Ⅰ度・浅達性Ⅱ度・深達性Ⅱ度・Ⅲ度|火傷|熱傷
     

    浅達性Ⅱ度熱傷[SDB](浅達性2度熱傷)は水ぶくれができます。これは熱湯をうっかりかけてしまった場合ですね。もう一つはさらに酷い場合です。

  • Ⅲ度熱傷(3度熱傷)

  • 1.皮膚全層の損傷です。
    2.痛覚が失われて痛みはなく、肌の表面は壊死していることもあります。
     創面は白く乾燥し、水ぶくれはできません。
    3.やけど跡ははっきりと残り、盛り上がったり、ケロイド状に残ることもあります。
     皮膚が引っ張られる感覚や、機能障害が起こる場合もあります。
    出典 :やけどの深さ|1度・浅達性2度・深達性2度・3度|Ⅰ度・浅達性Ⅱ度・深達性Ⅱ度・Ⅲ度|火傷|熱傷
     

    これが1番酷い火傷です。

  • 火傷の重症度

  • 熱傷の範囲が狭く、軽度のものであれば皮膚症状(赤くなったり・はれたり・痛み)のみで数日で治るが、範囲が広く深いものでは皮膚症状のほかに、血圧の低下やショック状態などのさまざまな全身症状が現れる。熱傷の程度は熱の温度と皮膚に作用する時間によって決まる。(ex.熱いアイロンに一瞬触れた場合ではⅠ度。それほど熱くない湯たんぽに長時間触れていた場合、Ⅱ度といったように温度と時間が作用する。)

    重症

    Ⅱ度の熱傷が30%以上
    Ⅲ度の熱傷が10%以上
    熱傷の程度は軽症でも、高温蒸気やガスを吸い込んで気道にまで熱傷が及んでいるもの

    中等症

    15~30%のⅡ度の熱傷
    10%以下のⅢ度の熱傷

    軽症

    15%以下のⅡ度の熱傷
    2%以下のⅢ度の熱傷
    出典 :やけど(熱傷・火傷)
     

    火傷の重症度の目安です。

  • 火傷をしたときの応急処置

  • 予防救急と応急手当「やけど」 - YouTube

     

    この動画もわかりやすいです。まずは冷やすことが大事です。

  • 火傷を予防する

  • 火傷を予防するのは火に近づかないことですが、それよりも低温火傷のほうがいがいと怖いです。