20代女性に増えている!【立ちくらみ】中学生でも要注意!?

女性に多いと言う立ちくらみですが
しっかりと原因を知って対策をしましょう
まとめてみました

view609

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 立ちくらみとは?

  • ふとした時に立ちくらみを起こしてふらっとしたり、朝礼などで顔面蒼白になって倒れてしまったり…特に女性に多いこうした症状は"貧血気味"というようなあいまいな表現で軽く見られがちです。


    ところが、本来貧血というのは血液成分のうち赤血球数が減少した状態を指し、むしろこうしためまい感は"脳貧血"によることが多いものです。
    出典 :目まい、立ちくらみ、ふらつき
  • 「立ちくらみとは?」
    猛暑の今年、夏に多く見られる立ちくらみが20代女性に増えているのだそうで、最近では女子中高生でも急増しているそうです。はは~ん、ターゲットは20代か。これは偏った栄養バランスで貧血を起こしているのが大部分でしょう。そして耳の三半規管や心臓に異常があって長期化しやすい「めまい」は立ちくらみとは違うのだそうです。
    出典 :立ちくらみ
  • 原因はここにある

  • 立ちくらみを起こす原因は、脳を流れる血液量が少なくなることです。

    座った状態から急に立ち上がったり、寝ている体勢から急に起き上がったりする時に起きやすい症状です。

    これらは、脳に必要な血液量や酸素の量が不足していることが原因だと考えられます。
    出典 :立ちくらみの原因 | 立ちくらみ 原因と対策方法
     

    脳貧血が関係ありそう

  • 貧血、ストレスによる筋肉の緊張(筋肉の緊張が血液の流れを阻害するため)、自律神経の乱れなどがあります。
    自律神経は、体の状態によって血管を拡張(血圧を下げる)させたり、血管を収縮(血圧を上げる)させたりして、脳にちょうど良い血液を送る働きをしています。
    出典 :立ちくらみ
  • 見極めをすること

  • "めまい"というのは天井や床または自分自身がぐるぐる回るといった症状で、自分の立っている感覚が定まらず強い吐き気や恐怖感などを伴います。
    医学的には回転性めまいといいます。
    出典 :目まい、立ちくらみ、ふらつき
     

    医学的にも分かっているのですね

  • 一方"めまい感"は俗に言う"貧血気味""立ちくらみ"で、ただふらっとする、目の前が暗くなるといった感覚(眼前暗黒感として別に分類する場合も)が多く、周囲がぐるぐる回るといった動きはありません。
    こちらは浮動性めまいといいます。
    出典 :目まい、立ちくらみ、ふらつき
     

    これも医学用語があるのですね

  • 症状は多岐にわたる

  • 立ちくらみを起こした時の症状として、目の前が真っ暗になる、意識が遠くなるような感覚などが挙げられます。しかし、これらは一時的なものですので、脳内に血液や酸素が送られる状態になれば元に戻りますのでそれほど心配する必要はないでしょう。
    出典 :立ちくらみの原因 | 立ちくらみ 原因と対策方法
  • 立ちくらみと頭痛
    頭痛は血圧の変化によって発症しやすいので、元々立ちくらみの起こる状況と似た状況で起こりやすい。
    ただし、重篤な他の頭部の病気を併発している可能性は否定できないので、早めに専門医を一度受診しておくことをおすすめしたい。
    出典 :立ちくらみ
  • 立ちくらみとめまい

     

    立ちくらみは立ち上がった時などの何らかのアクションを起こした時に比較的短時間に起こる症状なのに対して、めまいは「周囲が回って見える」、「ふわふわした感じ」等が直前のアクションに関係なく発症する場合が多い。
    めまいは脳や耳などの病気が原因となっている場合が多いので、やはり早めに専門医を一度受診しておくことをおすすめしたい。
    http://giddy.oh-life.com/(一部引用)

  • 貧血と立ちくらみ
    低血圧と貧血を混同される場合があるが、低血圧は血液の流れる圧力が弱いのに対して、貧血は血液中のヘモグロビンという酸素を運ぶものの量が少ないもの。
    立ち上がった時に通常よりも更に脳に届く酸素量が少なくなり、立ちくらみをおこす場合がある。
    出典 :立ちくらみ
  • 立ちくらみと吐き気
    立ちくらみの不快感によって吐き気を催す場合もあるが、多くの場合めまい(立ちくらみとめまいの部分を参照)による吐き気である。

    立ちくらみと痙攣
    自律神経の不調による立ちくらみのに痙攣を伴う場合があるようです。 ただし、てんかんや心臓の病気、脳腫瘍などの重い病気の場合もあるので、出来るだけ早く医師に相談してください。
    出典 :立ちくらみ
  • 予防と対策

  • 立ちくらみの対策・予防

     

    熱いお湯の入浴を避ける(全般向け)
    急に立ち上がらないように(全般向け)
    トイレや風呂場を暖かく(全般向け)
    日中はなるべく完全に横にならない(低血圧向け)
    下半身にきつめのストッキングや腹巻(低血圧向け)
    早寝・早起き(自律神経向け)

  • 予防的に、
    消化のよい食べ物(全般向け)
    適度な運動、特に下半身(自律神経・低血圧向け)
    鉄分を多く含む食事、ほうれんそう、レバー、海藻、ビタミンCなど(貧血向け)
    出典 :立ちくらみ
  • 根本的に立ちくらみの原因を解消したいという人は、血液循環を活発にする必要があります。具体的には、適度な運動をして、筋力アップを図ることです。

    筋肉量が増えることによって、血液を循環させるポンプの機能が向上します。筋肉量が多いほど、代謝も上がりますので血流改善につながるでしょう。

    また、締め付け感のあるソックスなどを履き、血液量が下半身に溜まらないようにするというのも一つの方法です。
    出典 :立ちくらみの原因 | 立ちくらみ 原因と対策方法