若くても侮れない!隠れてますよ(汗)脳梗塞の脅威…

生活習慣病の乱れから、高齢者だけではなく若い人でも発症しますので知識だけは頭に入れておきましょう。

view863

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 隠れ脳梗塞を見つけろ!

  • あなたは大丈夫ですか?
    今や高齢者だけの問題じゃないみたいですよ!

  • 脳梗塞は高齢になるほど多い病気ですが、45歳以下で発症する「若年性脳梗塞」も一定数います(平成23年の患者数は推計8千人)。
    出典 :最新情報続々! 脳梗塞スペシャル|NHK あさイチ
  • 脳梗塞を発症する前触れが出ていることもあります。それが「TIA(一過性脳虚血発作)」です。TIAは脳の血管に血栓がつまり、脳梗塞と同じ症状がでます。しかし、血栓が自然と溶けてなくなってしまうため、数分ほどで症状が治ってしまうのが特徴です。すぐに治ってしまうため「疲れ」や「年齢」のせいと考え、見逃してしまう人が多いので要注意!
    TIAを発症した人の5%は48時間以内に脳梗塞を発症するといわれ、すぐに脳の専門医に受診することが大事です。
    出典 :最新情報続々! 脳梗塞スペシャル|NHK あさイチ
  • 脳梗塞、TIA代表的な症状

     

    ・片目が見えなくなる、ものが二重に見える。
    ・転倒しやすくなる。
    ・片側のまひ、しびれ(顔、手足)
    ・言葉、ろれつが回らない、言葉が出ない、言うことが理解できない。

    (出典:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/03/04/01.html)

  • TIAや脳梗塞かどうかを判断する「FAST」というテスト

     

    (1)F=Face(顔のまひ)
    「イー」と笑顔を作ることができるかチェック。片方の口角が上がらなければ注意。

    (2)A=Arm(腕のまひ)
    両腕を肩の高さまで前にあげてキープ。片腕が下がってきたら注意。

    (3)S=Speech(言語の障害)
    短い文章をふだん通りに話すことができるかチェック。例えば、「太郎が花子にりんごをあげた」などとしゃべってもらってください。

    (4)T=Time(すぐ受診)

    以上の3つのテストのいずれか一つでもできなければ、救急車を呼ぶなどしてすぐに医療機関を受診してください。


    (出典:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/03/04/01.html)

  • 隠れ脳梗塞チェックシート

    当てはまるものに丸をつけて下さい。

    ・最近、物忘れがひどくなった。
    ・よくめまいや、耳鳴りがする。
    ・歩くときに足がもつれたり、敷居など小さい段差でつまづくことがある。
    ・以前と比べて手先が不器用になった。または文字が上手く書けない。
    ・手先に力が入りにくい事がある。コップを落としそうになったり、ペンのキャップが外せない等。
    ・手足にしびれや、震えがある。
    ・突然ロレツが回らなくなる。
    ・早口で話をされると、理解しにくい。
    ・物を飲み込みにくく、むせやすい。
    ・視野の半分がかける。
    ・突然冷や汗が出たり、動悸することがある
    出典 :簡単なテストで、隠れ脳梗塞・脳卒中の発症リスクをセルフチェックしよう | 01.諸味(しょみ) | ダイエット個別指導・横浜漢方サント薬局のちょっと健康にイイ話
     

    当てはまるものが多いほど、要注意だそうです!

  • 脳梗塞のリスク

     

    若年性脳梗塞の場合、脳や首の血管の内側が裂ける「動脈乖離(どうみゃくかいり)」など、特殊な原因が発生している場合が多いのですが、一般的な脳梗塞のリスクとしては高血圧・喫煙・糖尿病・脂質異常症(血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が高くHDLコレステロールが低い)・加齢などが挙げられます。女性は加齢によって女性ホルモンが減り、閉経後は脳梗塞のリスクが急速に上昇するので注意が必要です。

    (出典:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/03/04/01.html)

  • 隠れ脳梗塞チェック。

  • 脳を研ぎすまし、やってみましょう!

  • 人差し指を使ったチェック

     

    1.両手を広げ、人さし指を出し、目を閉じる。

    2.両手の人さし指をゆっくり近づけ、触れないぎりぎりの所で止め、目を開ける。
      

    指先が5cm以上ずれたら黄色信号。


    (出典:http://topicsnow.blog72.fc2.com/blog-entry-2740.html)

  • 両手突き出しテスト

     

    大脳の前頭葉や錐体路の「隠れ脳梗塞」の有無が発見できます。
    前頭葉には考え・話し・行動するための中枢が存在し、錐体路は脳から身体各所の筋肉に指令を伝える伝達路です。


    1.背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、眼を閉じます。

    2.両腕を肩の高さまで持ちあげ、左右平行になるようにまっすぐ前方に突き出します。このとき手のひらを上に向け、親指が外側、小指が内側になるようにしながら、指をできるだけまっすぐ伸ばします。

    3.その状態のまま、ゆっくりと10秒間静止します。

    (出典:http://www.no-kosoku.net/column/03.html)

  • 渦巻きなぞり

     

    ①紙を用意し、5ミリ間隔の渦巻きを5周ほど書きます。
    ②色違いのペンで①で書いた渦巻きの間を、両側の線にふれないようになぞり、新しい渦巻きを10秒以内で書きます。

    このテストでは、集中力と、一定程度の手の運動神経や視神経が要求されます。2か所以上重なったりはみ出したりすると要注意。大脳基底核や小脳に隠れ脳梗塞が発生していると考えられます。

    (出典:http://www.not55.com/jouhou/kakurechecktest.html)

  • 目隠し足踏み

     

    1.床にまっすぐ立ち、ビニールテープなどで自分の居る位置を確認しておきます。

    2.目をつむり、その場で足踏みを50回行って下さい。この時出来るだけももを上げて、腕をしっかり振って足踏みをします。


    判定:自分が最初に居た位置よりも向きが45度以上、距離が75センチ以上動いていたら要注意です。小脳と頸髄に隠れ脳梗塞が疑われます。


    (出典:http://045310.com/blog/hidden_stroke_test/)

  • でも、もし脳梗塞の発作が起こったら…

  • 発症から3時間以内に救急車を呼べるかどうかがカギ
    出典 :ストップ!脳梗塞! 見逃しやすい脳梗塞の前触れ | TREND STYLE
  • 脳梗塞の発作が起きたときに、目をつぶり、両手を前に突き出し、「今日はイイー天気!、ココロも晴れ晴れ!」と言ってみて、口元がゆがむ、片手がだらりと下がる、ろれつが回らない時は救急車を呼んで貰うのが良いとためしてガッテンで。
    出典 :Twitter / ocky2010: 脳梗塞の発作が起きたときに、目をつぶり、両手を前に突き出し、 ...
  • 画期的治療方法 「tPA」と「血管内治療」

     

    「tPA(ティーピーエー)」発症から4.5時間以内がポイント
    血栓を溶かす薬剤で、4.5時間以内という時間内で使用できれば後遺症もなく血栓を溶かすことが出来る点滴治療薬

    「血管内治療」発症してから8時間以内がポイント
    足の動脈から脳の閉塞部分までカテーテルを挿入し、血の塊を細かくしてカテーテルで吸引して取り除く治療法
    切らずにできる手術なので患者への負担が少なくて済む


    (出典:http://trendstyle96.net/archives/480)

  • 第2の心臓をもみほぐし、血液の流れをよくする。

  • 脳梗塞とは、脳の血管が血栓などで詰まる病気。
    出典 :脳梗塞│ 脳梗塞とは、脳梗塞の症状、脳梗塞の治療・予防・治し方、脳梗塞の改善・解消、脳梗塞の原因【健康辞典】
  •  

    人体の血液は、70%が下半身に集まっています。ふくらはぎは、下半身の血液を心臓に押し戻すポンプ作用があることから、「第2の心臓」と言われています。

    ふくらはぎは直立歩行をする人間に与えられた重要な器官なのです。


    (出典:http://fukurahagi-tao.com/about/fukurahagi.html)

  • ふくらはぎは、全身の血液循環を促進するだけでなく、「血管の老化」を防ぐとも言われています。
    出典 :ふくらはぎ健康法|大阪市東淀川区の介護予防リハビリデイサービスならふくらはぎ健康法タオ