育児ノイローゼにならない!楽しい子育てのヒント

はじめての育児や、孤独な育児でノイローゼにならないために。楽しく過ごせる育児のヒントをまとめました。

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「可愛い」と思うだけで大丈夫

     

    「徹底的に赤ちゃんと付き合おう」とママが覚悟すれば、敏感な赤ちゃんはそれをかぎとり、安心して落ち着くように。正面からお互い向き合うことで、育児も軌道にのるのです。

  • イライラ解決策としては、“イライラした自分=ダメママ”というように“善悪の判断をしない”ことが大切。

    出典 :ママになる女性必見!産後うつと育児ノイローゼの予防法まとめ
     

    しっかりと自分と向き合いましょう。みんなイライラするもんですよ。

  • 産後は骨などがもろくなっている人も多いという噂も耳にします。
    育児ノイローゼ予防にカルシウムの多く含まれるサプリメントを活用するのも良いかもしれませんね。

    出典 :育児ノイローゼ:健康に大事なもの!
     

    効果的なサプリメントも出ているみたいです。

  • 子どもと離れる時間をもつ

     

    「育児に休日はない」というのは本当ですが、
    一日のうち30分でも子どもと離れる時間を作ってみましょう。
    夫や両親に預けられなくとも子どもが寝ている間など、
    子どもの声が聞こえない、姿が一切見えない環境を
    ほんの少し作ってみることです。

  • 新しく家族が増えて、全てを完璧に頑張りたい!という気持ちも分かりますが、無理です。
    手抜きできるところは手抜きしてしまいましょう。
    助けてもらえる人がいるときは、助けてもらいましょう。

    出典 :育児ノイローゼのカバーは家族でしよう
     

    出産直後だからこそ、手抜きを覚えましょう。

  • 体調の変化が起こる時期には、気持ちに余裕が持てなくなるため、子どもの些細な行動にも苛立ってしまうことがあるのです。体調の変化が起こりやすい時期には無理をしないこと、なるべく体を休ませることを心がければ、子どもへのイライラも軽減できます。

    出典 :3/3 育児ノイローゼを防ぐための5つのチェックポイント [ストレス] All About
     

    特に出産直後はホルモンの変化しやすい時期だと覚えておきましょう。

  • 理想的な「完ぺきな育児」にこだわっていませんか?

    育児は「完ぺき」にやろうと気負えば気負うほど、うまくいかなくなります。むしろ「今の自分の力でやれることだけやろう」というように、少しハードルを下げた方がうまくいきます。

    出典 :2/3 育児ノイローゼを防ぐための5つのチェックポイント [ストレス] All About
     

    人間に完璧はないと思ってください。

  • 他人と自分の状況を比べていませんか?

     

    他人と比べ、「持っていないもの、できていないこと」に目を向けるのではなく、今自分が「持っているもの、できていること」に目を向けてみましょう。「夫は育児に協力的じゃないけど、うちにはロボット掃除機がある」「デキが悪い子だけど、素直で明るいいい子」というように、それぞれに「持っているもの、できていること」は必ずあるはずです。

  • 「目の前の行動」にイライラしたら、怒る前に一歩止まり、それをやっている子どもの心情を考えてみましょう。なお、年齢ごとの子どもの気持ちを理解するためには、ベーシックな育児事典、育児書を1冊手元に置いておくといいと思います。

    出典 :2/3 育児ノイローゼを防ぐための5つのチェックポイント [ストレス] All About
     

    原因がわかれば、安心できますよ。

  • 育児ノイローゼを予防するためには、周囲からのサポートが不可欠です。
    場合によっては、父親にも子育てを手伝ってもらう必要性もあるでしょう。

    また、「一時保育」などを利用するのもオススメです。そのほか、ショッピングや娯楽施設でリフレッシュするなど、こまめに気分転換をすることも忘れてはいけません。
    こうした対策をこまめに取れる人は、重症な症状に至ることはほとんどありません。

    出典 :育児ノイローゼ|育児とストレス|ママに読んでほしい27章
     

    どんどん周りを頼って、自分も楽しめる余裕をもつことが大事です。

  • 育児日記をつける

    イライラや不安は、子育ての中で多くの母親が体験するものですが、

    その原因の一つに、変化の無い単調な日々の繰り返しがあります。

    しつけを繰り返すことの中に変化はないと思われますが、

    小さな変化の積み重ねが、子どもの成長に繋がります。


    育児記録は簡単なもので結構ですので、

    メモ程度でも残しておくと、変化の過程がわかり、安心することができます。

    出典 :育児ノイローゼの予防法 | 育児ノイローゼ
     

    ココロの内を吐き出す効果もあります。

  • わからないことは人に聞く

    子育ての知識の豊富な助産婦さんなどに、わからないことを教えてもらう機会を持ちます。

    今は核家族の時代ですから、実家の母親がつきっきりで面倒をみたり、

    アドバイスすることができにくくなりました。

    日頃から何でも相談できるママ友をつくっておくことも大切です。

    出典 :育児ノイローゼの予防法 | 育児ノイローゼ
     

    自分だけで解決できることは、ありません。どんどん聞けるようにしましょう。

  • まずは、休養を

     

    産後の母親は心身ともに消耗している時期ですので、

    産後の1ヶ月、もし可能なら3ヶ月ぐらいは、休養の期間をとるようにしましょう。

    リラックスするために、産婦の里帰りもオススメです。

  • 女性は、愚痴を聞いてもらえるだけで、ストレスがかなり軽減されますので、かなり育児ノイローゼの予防になります。

    出典 :育児ノイローゼの予防:育児ノイローゼを200%解決する秘訣
     

    どんどん愚痴を言える環境を作りましょう。

  • 男性も、仕事から帰ったら、ゆっくりしたいと思う気持ちもわかりますが、「ひとつの命」を1日中守ってきた奥さんに、「今日は、どうだった?ご苦労さんだったね」というほんのひと言の労わりの言葉が、育児ノイローゼの予防に大変役立ちます。

    出典 :育児ノイローゼの予防:育児ノイローゼを200%解決する秘訣
     

    夫も育児に巻き込みましょう。