これって妊娠!?思い当たる人必見!! 妊娠超初期の茶色いおりもの

妊娠1か月目の「妊娠超初期」で、妊娠の兆候に気づくきっかけが、茶色いおりもの。
それについて詳しく見ていきましょう。

  • mippi 更新日:2016/04/11

view136910

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠超初期の症状って?

     

    妊娠超初期の症状でどのようなものがあるのかご存知ですか?
    妊娠超初期は、まだ妊娠したかどうか分からない自覚の少ない時期。少しでも妊娠できたかどうか確認できると良いですよね。

    妊娠超初期には、このような様々な症状があります。

    ・着床出血
    着床出血は生理開始の予定日より、1週間くらい早い時期に起こります。出血は1~2日続くので、生理がきてしまったと落胆される方もいらっしゃいます。

    ・茶色いおりもの

    ・風邪のような症状
    微熱を感じたり、身体が重くなったり、股関節の痛みを感じたり、風邪のような症状は個人によって出方が違ってきます。

    ・つわりのように気分が悪くなる
    唾液を飲み込むときになんか変な感じがする。胃がムカムカして落ち着かないなどつわりの症状のように気持ちが悪くなります。

    ・生理前のような症状
    昼間に眠気を感じたり、頭が痛くなったりするなど生理前の症状が現れることがあります。

    ・市販の妊娠検査薬の結果が正しく出ない
    妊娠をしているかなと思っても、妊娠検査薬がマイナスと出るなど、結果が正しくない場合もあります。

  • 妊娠初期の症状は人によって様々なのですが、ここではその中の「茶色いおりもの」にクローズアップしてご紹介しましょう。

  • 量が増えたり茶色や白いおりものが出てきたりするのも超初期症状の一つです。またピンク色のおりものがでたときは血が混ざっていないか確認する必要があります
    出典 :妊娠超初期症状を見分けるポイント4つ
  • いつごろ症状が出るの?

  • 着床出血の時期は排卵日から約1週間後~生理予定日と言われています。実際に着床出血を経験した人の意見を探してみると、着床出血の時期は、生理予定日2、3日前から生理予定日ちょうどまでのことが多いようです。
    出典 :着床出血っていつ?
  • 高温期11日目~13日目まで茶色いおりものが出ていました。
    出典 :【至急】妊娠超初期の出血について!! - Yahoo!知恵袋
  • 着床出血とは?

  • 着床出血とは、そのとおり胎盤が子宮に根をおろす着床時に出血することです。
    出典 :着床出血 | 下腹部痛、時期、量、生理との違いなど
  • 着床出血の量についてですが、おりものに色がついているくらいのほんのわずかな量のケースが多いです。
    ただ、ごくまれなケースとして、生理と同じくらい大量の出血があることも。このようなケースでは、出血の量では判断しがたい場合もあります。

  • 数々の困難を乗り越えた卵子がめでたく着床した際に、出血が起こります。
    出典 :妊娠初期に起こる、着床出血とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 生理外の出血は、よく「着床出血」と呼ばれます。この呼び方は俗称で、医学用語では「月経様出血」といいます。

    【特徴】
    だいたい生理予定日前後に出血します。生理の時に比べて出血量は少なく、出血の期間も短いのが一般的です。
    おりものに混ざって出てくるため、血の色は薄めだったり、薄茶色をしていることが多いです。
    出典 :妊娠の初期症状8~おりものの変化や生理外の出血(着床出血)
  • 茶色いおりものが出ると、妊娠ができなかったのかもしれないと心配になるかもしれません。

    茶色いおりものは、通常のおりものに血が混じっているため茶色をしています。これは、卵子が着床することによって、子宮内膜がはがれておりものに混ざるからです。

    子宮内膜のはがれによっておりものが茶色くなる場合は、流産の原因となる可能性は低くなります。ただ、あとあと後悔することがないように、自己判断をするのはやめて、産婦人科医の判断を仰ぐようにしましょう。

  • 生理の出血とは見分けがつくの?

     

    もしかして生理かな?
    着床出血と生理の始まりは非常に似ています。
    次に、着床出血と生理の見分け方について
    みていきましょう。

  • 着床出血か生理なのかを見分ける一つの方法として、市販の妊娠検査薬があります。

    市販の妊娠検査薬が陰性だった場合は生理の可能性が高く、市販の妊娠検査薬で陽性だった場合は妊娠している可能性が高いです。ただ、妊娠超初期段階では、市販の妊娠検査薬が正しく表示されないこともあるので注意が必要です。

  • そもそも、生理と着床出血は原因が違う。

  • 生理は妊娠の準備のために子宮に準備された壁のようなものが、妊娠をしなかったことで不要になり、子宮から剥がれ落ちて膣から出て来る現象です。子宮から壁のようなものが剥がれる際に出血を伴うために、生理の血として出てきます。着床出血の場合は、無事精子と卵子が受精をし子宮に到達していて、着床している場所から出血が起きているものです。
    出典 :着床出血と生理の違い
  • 基礎体温を毎日つけている方は、着床出血か生理かの見分けがつく場合があります。着床出血が起こったときに、基礎体温が高温期となっており、その高温期が2週間程度続いているようであれば、妊娠の可能性が高いということになります。

  • 見た目の違いは?

  • 着床出血はごく少量ですし、色も生理が始まるころの褐色ではなく、どちらかというと鮮血であることが多いので子宮内膜に混ざるとピンク色に見えます
    あるいは、鮮血でなかったとしても子宮内膜に混ざることが多いので、薄い茶色に見えます
    また、着床出血は生理のような痛みが伴わないのが普通です
    出典 :着床出血と着床時の症状|子宝ひろば
  • 着床出血は2,3日続くことはまずありません。
    出典 :着床出血と不正出血はよく似ている? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • いかがでしたでしょうか?茶色いおりものの原因などについてお分かりいただけましたか?

    この妊娠初期症状である「茶色いおりもの」は、誰しもに起こるケースではありませんが、思い当たることがあるなら、まずは妊娠4週以降に検査薬を使って調べることから始めてみてくださいね。