生理中の“プチ”マクロビオティックがキレイの秘訣なのです♪

生理中の“プチ”マクロビオティック

マクロビオティックとは、
“陰陽”のバランスを考えた玄米菜食を基本とする食事法。
でも・・・ちょっととっつきにくい?
なんて思ってる女性も多いはず。

でも、生理中の食事についてちょっと意識するだけで、
意外と手軽に「キレイ」をゲットできるそうなんです!

view453

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「マクロビオティック」ってなに?

  • 初めてこの言葉を聞いた人は、なんだか難しそう…と思うかもしれません。でもマクロビオティックは、本当はとてもシンプルなものです。この言葉は、三つの部分からできています。「マクロ」は、ご存じのように、大きい・長いという意味です。「ビオ」は、生命のこと。生物学=バイオロジーのバイオと同じ語源です。「ティック」は、術・学を表わします。この三つをつなげると、もう意味はおわかりですね。「長く思いっきり生きるための理論と方法」というわけです!そして、そのためには「大きな視野で生命を見ること」が必要となります。もしあなたやあなたの愛する人が今、肉体的または精神的に問題を抱えているとしたら、まずできるだけ広い視野に立って、それを引き起こしている要因をとらえてみましょう。それがマクロビオティックの出発点です。
    出典 :マクロビオティックとは? | マクロビオティックWeb
     

    何だか壮大!な感じですが、肉体だけじゃなく、精神的なものも含まれるんですね。

  • マクロビオティックのはじまり

     

    マクロビオティックは、桜沢如一氏(1893~1966)が、石塚左玄の「食物養生法」の考え方と、東洋思想のベースとなる中国の「易」の陰陽を組み合わせた、「玄米菜食」という自然に則した食事法を提唱したことからはじまりました。
    その後1950年以降、久司道夫氏によってマクロビオティックが体系化され、欧米を中心に広まりました。

    引用)http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/

  • 生理期間にオススメしたい“プチ”マクロビオティック

  • 生理中は食生活を軽く変えてみるタイミングにバッチリ

  • PMS(月経前症候群)から月経中にかけては、胃腸が弱ってしまったり、体が冷えたりと、決して体は万全の状態であるとは言えない時期。だからこそ、無理をしてでもいつも通りの食生活を送ろうとするよりもライトにシフトしてみても良いのかも。月経前後に不足しがちなビタミンやミネラル類を補ってくれる玄米を中心として、植物性のたんぱく質や、新鮮な野菜を意識的に摂取すれば、胃腸にも優しく、血液の巡りもアップしますよね! 月経中や月経の後も肌や胃腸のコンディションも上々なはず。
    出典 :いつもキレイな人は生理中に●●を食べている!| Life & Beauty Report(LBR)
     

    なるほど・・・生理をキッカケにっていうのは、良いかも♪

  • 食材の陰陽

     

    陰性の食材とは上に向かってのび、からだを冷やす作用があり、陽性の食材とは地中に向かってのび、からだを温める作用があると考えられています。旬の食材を例にすると、夏のキュウリ(陰性)は、ほてったからだから熱をとり、冬のゴボウ(陽性)は、冷えたからだを温め、わたしたちのからだのバランスをとる手助けをしてくれます。マクロビオティックでは陰陽どちらにも極端に傾きすぎないほうが良いとされているので、穀物や根菜、豆類などを食材の中心とします。

    引用)http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/

  • どんな「食材」が良いの?

  • れんこん

     

    野菜に含まれることが少ないビタミンB12を含んでいます。これは鉄分の吸収を助ける働きをします。このほかにも造血ビタミンと呼ばれているビタミンB6も含まれているので貧血の予防が期待できます。また、肝臓の働きを助けます。

    引用)http://www.enosei.co.jp/eiyou.html

  • 納豆

     

    生理中は納豆を食べると良いと言われています。納豆が生理痛に効く食べ物である、というのがその理由です。納豆が生理痛に効くというの考えは、納豆にイソフラボンが含まれていることによります。納豆をはじめ、大豆製品にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンンは女性ホルモン「エストロゲン」と分子構造が似ています。イソフラボンを摂取すると、エストロゲンと似た働きをします。生理痛は女性ホルモンンのバランスが崩れることにより引き起こされると言われています。そのため、納豆が生理痛に効く、というのはうなずける話です。

    引用)http://www.club-fn.com/43/

  • アボカド

     

    アボカドも月経中におすすめの食材のひとつ。100g中3.3mgとビタミンEが豊富に含まれているアボカドですが、ビタミンEには女性ホルモンのバランスを整える効果があるのです。ホルモンが乱れがちな月経中、アボカドを使ったレシピをプラスワンしてみても良いですね。

    引用)http://lbr-japan.com/2014/01/22/34481/

  •  

    生理をきっかけに、
    「食」を見直し血行、腸の調子を整えることで、
    生理痛などの辛さ軽減と、
    美肌をゲットしちゃいましょう♪

    レッツ!“プチ”マクロビオティック♪