妊娠が原因!妊娠中の座骨神経痛

妊娠中の座骨神経痛…。                                       妊娠がきっかけってしっていましたか?                                                                           

view719

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 座骨神経痛とは?

  •  

    病名ではなく、その症状の名称です。坐骨神経の経路と分布領域に痛みのあるものが坐骨神経痛と呼ばれています

    坐骨神経痛は、神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症するものと言えます。

    腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下行、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢~足裏に走行する、人体の中で最も大きい神経

  • ・腰の痛み、臀部の痛み
    ・臀部、太もも裏、足の痛み・痺れ
    ・痛くて座っていられない
    ・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
    出典 :坐骨神経痛とは?原因・症状と治療
  • ・体を動かすと痛みやしびれが悪化していく
    ・痛みのため歩行が困難になる
    ・足に力が入らなくなる
    ・足を触ると感覚が鈍くなっている
    出典 :坐骨神経痛とは?原因・症状と治療
  • 妊娠中の座骨神経痛

  •  

    妊娠をしているときには、下肢に痛みを感じる場合があります。
    また、妊娠中に坐骨神経痛になることもあり、ただの下肢の痛みとはどのような違いがあるのでしょうか。

  • 臀部から太もも、下肢にかけて神経に沿って痛みを感じるというのが坐骨神経痛の症状ですから、そのような部分に痛みを感じた場合には安静にする必要があります。
    出典 :妊娠中の坐骨神経痛 | そこが知りたかった!「坐骨神経痛こむ」
  • 妊婦さんの座骨神経痛は多いの?

  •  

    大切な赤ちゃんをお腹の中ではぐくむ妊婦さん…本当に大変だと思います。
    しかし、産まれくる赤ちゃんの喜びがあるからこそ、いろいろな事に耐えることができるのだと思います。そういった中で、多くの妊婦さんが悩まされている症状があります。それが坐骨神経痛なのです。

  • 妊娠が原因?

  •  

    妊娠自体は正常な事ですが、妊娠中にお腹が大きくなると、腰椎(腰の背骨)の前湾が大きくなり、腰椎(腰の背骨)に、過剰なストレスを与えます。また、正常なホルモン分泌は、靭帯を緩め、出産に備えるために、関節は緩くなります。
    また、骨盤も前方に回転しますので、筋肉や関節にも、大きなストレスをかけます。これらの力学的な理由から、妊娠中に坐骨神経痛が出ることが多くあります。

  • つわりによる栄養不足、そして妊娠前のダイエットや運動不足による筋肉量の低下が、その要因だと考えられています。
    そういったことがなくても、妊娠中は赤ちゃんの重みによって筋肉量が低下したり腰椎に負担がかかるとともに、妊娠後期には強い圧迫を受けることから坐骨神経痛を生じやすいと言われています
    出典 :妊娠が原因で起こる坐骨神経痛
  • 骨盤に歪みが身体のバランスを崩し、坐骨神経痛を引き起こしてしまうのです。また妊婦さんの大きなお腹も、坐骨神経痛の原因の1つとして挙げられます。重心が下がることで、坐骨が圧迫されます。
    それが引き金となり、坐骨神経痛を発症する。
    出典 :妊婦さんの坐骨神経痛-コレで坐骨神経痛の全てがわかる!坐骨神経痛の治療ナビ
  • ○妊娠以前から腰痛を抱えていた、
    ○坐骨神経痛の病歴がある、
    ○腰痛を起こしがちだ、
    ○骨盤内に病気がある(腫瘍など)


    出典 :妊娠と坐骨神経痛の関係 (坐骨神経痛 症状、原因、治療のguide)
  • 対処法は?

  • 妊婦さんが自宅でできる坐骨神経痛への対処法は、ビタミンB12、カルシウムといった坐骨神経に良いとされる栄養素を積極的に摂取することです。医師によって処方される場合もあります。
    お尻や腰の血行を促進する為に、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かることも効果的です。また、寝る時にはなるべく楽な姿勢で寝るようにして下さい。
    出典 :妊娠中の坐骨神経痛 | そこが知りたかった!「坐骨神経痛こむ」