寝ている間によだれ!?【命の危険のサイン】

口の乾燥を防ぐ為や、色々な効果がある
よだれが寝ている間にだらだら
危ないかもしれません

view6988

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時のよだれは

  • 睡眠時のよだれは、多くの場合、口呼吸を改善することによって解消することができます。

    なぜなら、口呼吸を続けていると、口の中が渇くため、その渇きをうるおそうとよだれが分泌されるからです。よだれが分泌された時も口が開いている状態になるため、外によだれが出てしまうということになります。

    そのため、睡眠している時のよだれを解消するためには、睡眠時に口呼吸となってしまう原因を学び、その原因を解消することが必要になります。
    出典 :睡眠している時によだれが出る理由と4つの防止方法 | iGotit
  •  

    このように口が開いていたら
    よだれが垂れます

  • よだれが出る理由

  • 睡眠時のよだれは、主に「口呼吸をすることで口の中が渇き、渇きをうるおそうとすることでよだれが多く分泌される」ことが原因です。

    睡眠時には、心臓や肺などの生命機能を維持するための筋肉以外は、弛緩したリラックスした状態になることがあります。そのため、あごの筋肉も弛みやすく、口が開いて口呼吸となってしまうことが多いのです。

    また、口呼吸になってしまうと、鼻呼吸の場合と異なり、空気中の細菌やウイルスが体内に侵入しやすくなり、風邪や病気などにかかりやすくなってしまいます。

    睡眠時のよだれは、あなたが口呼吸となっている証拠でもありますので、是非正しい対策を実施し、質の高い睡眠に変えることができるように工夫していきましょう。それでは、次の項で、睡眠時のよだれの対処方法について見ていきましょう。
    出典 :睡眠している時によだれが出る理由と4つの防止方法 | iGotit
  • よだれは口呼吸が原因

    よだれが出るのは、睡眠中に鼻で呼吸するべきなのに、口で呼吸している証拠。口を開けてここから呼吸していると、口の中が乾いてしまい、それを補うためによだれが分泌されているのです。

    「ちゃんと息してますか!? ある2つの違いで美容効果に影響が! 」でご紹介したように、口呼吸はよだれ以外にも、頬や口元のたるみを招く、細菌が繁殖しやすくなり口臭が強くなる、免疫力が低下して肌荒れを起こしやすくなるなど、さまざまなデメリットをもたらすのです。

    また、口呼吸の人にはいびきが激しい人が多かったり、ひどい場合は睡眠時無呼吸症候群になったりと、口呼吸には健康面でも美容面でも悪いことだらけなのです。
    出典 :「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 | 「マイナビウーマン」
  • 解決策は?

  • ではよだれがよく出てしまう人が、どうやったら口呼吸ではなく鼻呼吸に変えられるのでしょうか? まずおすすめしたいのがガムを噛んだり、食事のときによく噛むことを習慣づけること。口呼吸の人は口のまわりの筋肉が弱いので、この筋肉を鍛えてあげることが良いのです。

    また、枕の高さが高すぎると気道が狭くなり鼻呼吸がしづらいため、自然と口呼吸に頼ってしまうので、枕の高さもチェックしましょう。これはいびきで悩む人にもおすすめの対策です。あとは普段、起きているときから、鼻で呼吸することを自分で意識するように心がけるといいでしょう。

    よだれが二重あごや口臭、肌荒れの原因になっていたとは驚きかもしれません。無意識の間に出てしまうよだれ。目覚めたときに口元からよだれが出ていたことに気づいたら、口呼吸して寝ていたと自覚して、鼻呼吸に変えていけるように努力するようにしましょう。
    出典 :「睡眠中のよだれ」は危険!顔のたるみや口臭の原因になると判明 | 「マイナビウーマン」
  • •あごの筋肉を鍛える:よく噛んで食べるなどの習慣をつける。 特に幼少期に効果が高い。
    •鼻炎や鼻づまりを解消する:鼻がつまって呼吸ができなくなると口呼吸となる
    •枕の高さを適切なものにする:枕が高すぎると気道が狭くなり、狭い気道で多くの酸素を取り入れるために口呼吸をするようになる。いびきの原因の一つでもある
    •鼻呼吸を意識する:習慣として口呼吸となっている場合があるため
    出典 :睡眠している時によだれが出る理由と4つの防止方法 | iGotit
  • 口呼吸の危険性

  • 口呼吸の危険性

    ・風邪を引く
    ・肺炎になる
    ・歯周病・虫歯になって口臭がひどい
    ・口内炎ができる
    ・顎がたるみ、二重あごになる
    ・出っ歯になる
    ・クチャラーになる
    ・いびきがうるさい
    ・睡眠時無呼吸症候群になる
    出典 :睡眠中のよだれに二重あごの危険?!面長を小顔に変える鼻呼吸の秘密 - ガールズSlism
  • 百害あって一利もない口呼吸の真実

     

    睡眠中、彼氏がぽっかりと口を開けてよだれがツツーっと垂れている姿を見たら、100年の恋も冷めるというもの。もしも「子供だったらかわいいのに」とか思っているのなら、今すぐ考え直すことをおすすめします。

    寝ている間によだれが垂れるのは、鼻呼吸ができずに口呼吸になっている証拠。口で息をするから、口が開けっ放しになり、乾燥を防ぐため、どんどんよだれが流れる。これが睡眠中に、よだれで枕がべちゃべちゃになる仕組み

  • 鼻は天然のフィルター

  • 鼻には、吸い込んだ空気に混じるホコリやウィルスをカットする働きと、空気を暖めながら適度な湿り気を与え、体に負担を掛けずに酸素を取り込む機能があります。

    しかし口で呼吸すると、ほこりや雑菌まみれの空気が喉の粘膜や肺に直接送り込まれ、乾燥した空気は口腔と喉から水分を奪います。乾燥した場所の免疫力は落ちて細菌が繁殖、歯周病菌は歯根の奥まで進行。肺が細菌で炎症を起こすと肺炎になり入院は免れないでしょう。
    出典 :睡眠中のよだれに二重あごの危険?!面長を小顔に変える鼻呼吸の秘密 - ガールズSlism
  • 口呼吸で顔が変わる『アデノイド顔貌』

    口呼吸を続けていると表情筋や舌を喉の奥に引き込む筋力が鍛えられず、舌先で前歯を押すようになります。その結果、押された歯は前に飛び出し、顎の下の筋肉もたるんで二重あごに。顔全体も引き締まらずに面長になります。

    この顔の変化を『アデノイド顔貌(がんぼう)』といい、本来は喉の奥にあるアデノイドが肥大する病気によって起きる変化なのですが、口呼吸を続けていると全く同じ顔に変わってしまいます。

    しかし、逆に考えれば、『鼻呼吸に治せば面長の顔が引き締まり、小顔になる!』ということです。
    出典 :睡眠中のよだれに二重あごの危険?!面長を小顔に変える鼻呼吸の秘密 - ガールズSlism
     

    小顔になるチャンスです
    しっかりと鼻呼吸しましょう