健康の大敵!?”コレステロール”まとめ

人々に健康に悪いということで何かと嫌われてしまいがちなコレステロールについてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/25

view428

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロールとは?

  • コレステロールとは?

     

    基本的な情報について。

  • コレステロールは、たんぱく質や炭水化物と共に三大栄養素と言われる脂質の一種です。すべての動物が保有し、後述するように生体内で重要な働きをしています。
     コレステロールは、今から約200年前に当たる1785年に人の胆石の中から初めて見いだされました。1814年に、シュヴルールによって胆汁(ギリシャ語でコレ)の固形化したもの(ステリン)、すなわちコレステリンと名付けられました。英語ではコレステロールと言います。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • 名称は1784年に研究者が胆石からコレステロールの固体を初めて同定した際、ギリシア語の chole-(胆汁)と stereos(固体)から名付けられた。加えて化学構造がアルコール体であるため、化学命名接尾辞 "-ol" が付けられる。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。善玉と悪玉の違いは複合体を作るリポタンパク質の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。
    また、液晶の原材料など工業原料としても利用される。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • コレステロールの役割

  • コレステロールが体内で果たす役割について

  • 発見のいきさつから良いイメージは持たれていなかったのです。その後、ウサギにコレステロールを多く含む餌を与え続けると動脈硬化を起こしたという実験結果が発表されるに及び、コレステロール悪玉説はいっそう広まっていきました。
     しかし、コレステロールは生体に不可欠な物質であり、生体内で重要な働きをしていることが明らかにされ、人々のコレステロールに対する認識は近年ずいぶん変わってきました。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • ヒトのあらゆる組織の細胞膜に見出される脂質である。ヒトを始めとした哺乳類においては、コレステロールの大部分は食事に由来するのではなく、体内で合成され、血漿に含まれるリポタンパク質と呼ばれる粒子を媒体として輸送される。コレステロールはそれを生産する臓器や細胞膜や小胞体のような膜組織が密集している細胞で構成される臓器、たとえば肝臓、脊髄、脳に高濃度に分布している。成人の体内コレステロール量である100-150gのうち約1/4が脳に集中し[3]、約1/3が脳を含めた神経系に集中している[4]。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • 動脈硬化叢に形成されるアテローム(血管の内側に詰まるカスのようなもの)にも高濃度で存在する。また、コレステロールが胆汁中で結晶化すると胆石の原因となる。植物の細胞膜においてはわずかな量のコレステロールが認められるに過ぎず、他の種類のステロイド(フィトステロールもしくは植物ステロールと呼ばれる)が同様の役目を担う。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • 人間の体の細胞の数は、60兆個にものぼると言われます。細胞膜は、細胞内部を外部から保護し、独立した領域を作り上げているのです。とは言っても、壁のように細胞の外部と内部を完全に隔ててしまっているのではなく、細胞膜を通して物質やエネルギーを出入りさせています。このような機能を持つ細胞膜は、リン脂質とたんぱく質、そしてコレステロールから出来ているのです。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • 体内にあるコレステロールの4分の1は脳に存在します。そしてその大部分は、神経細胞の軸索を包み、保護している鞘、ミエリン鞘にあります。ミエリン鞘は、脳から体の各部分に神経情報が伝達されるとき、情報がほかの回路に迷い込むことなく正しく伝えられるように、神経線維(軸策)を保護しているいわば絶縁体なのです。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • コレステロールのさらなる役割として、ホルモンの原料になることが挙げられます。ステロイドホルモンと呼ばれるホルモンは、副腎皮質、精巣、卵巣、胎盤でコレステロールから作られます。人間の副腎は重量がおよそ12gの小さな臓器ですが、体内で最もコレステロールの含有率の高い臓器です。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • また、コレステロールは胆汁酸の原料にもなっています。胆汁酸は肝臓で作られる胆汁の成分で、脂肪の消化にかかわっています。脂肪は十二指腸で膵臓から分泌される消化酵素の「リパーゼ」によって消化されますが、胆汁酸は脂肪を水に溶けやすくしたり、リパーゼを活性化したりして、脂肪の消化吸収を促進しています。
    出典 :コレステロールとは? ─体内における役割─
  • コレステロールと健康

  • コレステロールと健康との関係について

     

    どのような影響を与えるものなのでしょうか?

  • コレステロールというと、コレステロール値が高いので食事を控えなければと考えている方も多いと思います。


    確かに、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。


    しかし、コレステロールそのものが悪いわけではありません。コレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスを保つことこそが、身体にとって大切なことなのです。
    出典 :コレステロール|コレステロールを下げる食事・食品
  • コレステロールは動物の生理過程において不可欠の物質であるが、血液中をリポタンパク質によって循環する量が過剰となることで高脂血症を引き起こし、血管障害を中心とする生活習慣病の因子となることが知られてきた。
    よく血液検査でコレステロールが調べられるが、TC または T-CHO の略号で血液中の総コレステロール、LDLC または LDL-C での略号でいわゆる「悪玉コレステロール」、HDLC または HDL-C の略号でいわゆる「善玉コレステロール」を表すことが多い。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • コレステロールが生命維持に必須な役割を果たす物質であるという事実は、科学者以外にはあまり知られていない。むしろ、一般社会には健康を蝕む物質として認知されていることが多い。すなわち、様々なリポタンパク質コレステロール複合体の血液中でのあり方が、高コレステロール血症など循環器疾患の一因になるとの認識が強い。たとえば、医者が患者に対してコレステロールの健康上の懸念がある場合には、悪玉コレステロール(LDLコレステロール:low density lipoprotein cholesterol、いわゆるbad cholesterol)の危険性を訴える。一方、悪玉コレステロールの対極には善玉コレステロール (HDLコレステロール:high density lipoprotein cholesterol、いわゆるgood cholesterol)が存在する。この両者の違いはコレステロールを体内輸送する際における、コレステロールと複合体を作るリポタンパク質の種類によるものであり、コレステロール分子自体の違いではない。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
  • 善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールについて

  • 善玉コレステロール(HDLコレステロール)

    善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、体内に蓄積されたコレステロールを排出し、動脈硬化を予防します。
    出典 :コレステロール|コレステロールを下げる食事・食品
  • 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)

    悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、コレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロール (LDLコレステロール) が増える原因になります。
    出典 :コレステロール|コレステロールを下げる食事・食品
  • 本当の悪玉コレステロールとは?

  • 悪玉コレステロールは、そのネーミングからか、全く必要がないものと思われがちです。


    しかし、悪玉コレステロールには、体内でつくられたコレステロールを組織に運ぶ重要なはたらきがあります。


    本当に人間の健康にとって問題なのは、酸化LDLコレステロールなのです。


    酸化LDLコレステロールは血管壁に付着し、動脈硬化を引き起こすことがわかってきています。
    出典 :悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす食事・食品
  • コレステロール値について

  • よくコレステロール値を下げることを気にされている方の中で数値の見方を間違えている方がいます。それは、基準値(正常値)内であるにもかかわらず、コレステロールを下げる必要があると気にしすぎている方です。


    その時々によってコレステロール値は増減します。基準値内である場合には、全くコレステロール値を気にする必要はありません。


    気にしなければならない方は、基準値に入っていない方だけなのです。過度に気にしすぎることでストレスがたまらないようにしてください。
    出典 :コレステロール|コレステロールを下げる食事・食品
  • 総コレステロール値 240mg/dl以上が治療域
    LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上が治療域
    HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満が治療域


    ※動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されているそうです。LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1.5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。
    出典 :コレステロール|コレステロールを下げる食事・食品
  • コレステロールを減らすには

  • 悪玉コレステロールを減らす食事・食品について

  • 肝臓機能が強くなければ、悪玉コレステロールを処理することはできません。肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。
    出典 :悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす食事・食品
  • 肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

    タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

    魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。
    出典 :悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす食事・食品
  • 【その他の悪玉コレステロールを減らす食事・食品】

    ●食物繊維には、コレステロールの低減に役立つ効果があるので、食物繊維が豊富な食品を摂取しましょう。

    ●植物油には、コレステロールを抑える働きがあります。

    ●HDLコレステロールが低く、中性脂肪が高いと真の悪玉である酸化LDLコレステロールが増えてくるといわれています。マーガリンやショートニング、ファストフードや総菜などの揚げ油もできるだけ控えるようにして、中性脂肪に気を付けたいですね。

    ●悪玉コレステロールを減らす食事として、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の多い食事にしましょう。
    出典 :悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす食事・食品
  • 関連リンク

  • より詳しく知りたい方はこちら