疲労が全然抜けないのは「ビタミンB1」不足かも?ビタミン欠乏症に要注意!

なんだかここのところ疲れがすっきり抜けないと感じているあなた!それって実は、「ビタミン欠乏症」かもしれません。特に、「ビタミンB1」の不足が原因かも?

view380

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミン欠乏症とはどんな病気なのでしょう?

  •  

    疲れやすいはビタミン欠乏症のサイン

  • ビタミン欠乏症とは、その名の通り、ビタミンが不足することによって起こる症状の総称のこと。

    発展途上国においては大きな問題となっているが、日本ではあまり大きな問題とはなっていないながらも、潜在性ビタミン欠乏症というビタミン欠乏症に近い症状も先進国の間では出始めている。

  • ビタミンB1が欠乏するとどんなことになるの?

  •  

    お父さんに、こんな症状ありませんか?

  • ビタミンB1欠乏症とはどんな病気か

    水溶性ビタミンであるビタミンB1の欠乏症には、大きく分けて脚気(かっけ)とウェルニッケ・コルサコフ症候群との2種類があります。前者では末梢神経が、後者では中枢神経が侵されるために起こります。

    出典 :ビタミンB1欠乏症 - goo ヘルスケア
     

    中高年の男性などにも多い。

  • ビタミンB1が不足すると起こる症状って?

  •  

    エネルギーが作れなくなるので疲れるのですね。

  • ・疲労が回復しにくい

    ・イライラしたり、落ち込んだりしやすい

    ・肩こりや腰痛

    ・糖尿病になりやすい

    ・風邪をひきやすい

    ・胃炎になりやすい

    ・鬱になりやすい
    出典 :疲労が全然抜けない原因はビタミンB1不足? – 連載.jp(Aニュース)
     

    単に疲れているだけ・・・ではないかも?

  • ビタミンB1の重要な働きって?

  • ビタミンB1には炭水化物の代謝を助けたり神経の働きを調節する作用があります。

  • ビタミンB1不足で起こる、脚気って?

  • 脚気の症状は、ビタミンB1の摂取不足が3~4か月続いた後に生じます。
    初期には全身倦怠感が現れ、進行すると食欲不振になったり、手指や足先がしびれたり、足が重く感じられたりします。
    出典 :ビタミン欠乏症の原因と症状
     

    脚気は現代では少なくなってはいますが・・・

  •  

    ハンマーで足をたたいて反応を見て脚気を診断。

  • 椅子に腰かけて膝から下の力を抜いた状態で、膝の骨の下のくぼみをハンマーなどでたたくと、足がひとりでに跳ね上がる膝蓋腱(しつがいけん)反射では、足が上がらなくなります。
    手首から先や、足先に力が人らなくなることもあります。
    また、動悸や息切れ、足や顔にむくみが現れ、まれに突然嘔吐してショック状態に陥るケースもみられます。
    出典 :ビタミン欠乏症の原因と症状
     

    足が自然に反応しなくなったら・・・