【妊婦さんの悩み!】妊娠35週の腹痛が気になるんです

正産期がいよいよ近づいてくる妊娠35週の腹痛・・・「もしかして陣痛なの!?」など妊娠後期なので気になりますよね。
出産への不安や恐怖が一番強くなってくるこの時期、いざという時に慌てないためにも事前にその頃の腹痛について知っておいた方が良いでしょう。
もうすぐママになるみなさん…頑張って下さい!

view20166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • もうすぐ出産!妊娠後期の過ごし方

  • 長かった妊娠生活も間もなく終わりを迎えます。
    正産期と呼ばれる赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない状態が妊娠36~40週ですので、本当にあともう少しの辛抱です。

    しかし、正産期まであと一歩の妊娠35週あたりに腹痛や体調が急変してしまう妊婦さんも少なくありません。
    無事に正産期を迎えるためにも、妊娠後期の過ごし方に注意しましょう。

  • ★胎児に過ごしたい妊娠35週★

     

    《赤ちゃんの状態》
    この頃の赤ちゃんは、身長約45㎝・体重2000gです。
    皮下脂肪もついてお顔がふっくらしてきたり、内臓の機能も生後間もない赤ちゃんと同じくらいにまで成長しています。

    今までグルグルと動き回っていた赤ちゃんも、大きくなってきて動きづらくなり頭を下にした体勢に落ち着いてくるため胎動も少なくなってきます。

    35週あたりで逆子になっていると、帝王切開による出産も検討しなくてはなりません。
    また万が一この時期に生まれて来ても、育つ力は十分に備わっているので安心して下さい。


    《ママの状態》
    お腹が大きくなって、色々な部分を圧迫し始めます。
    肺・心臓・胃・膀胱などに圧迫感を感じる妊婦さんが多く、息苦しくなったり・動悸・息切れ・膨満感・頻尿・残尿感などの不快な症状が起きやすくなります。

    また動きにくくなるので運動をしないと、むくみやこむら返りなどを起こす原因にもなりますので無理しない程度に運動を行いましょう。

  • 妊娠後期になると産婦人科でも出産に向けての検査項目が増えてきます。

    分娩監視装置によって
    ・子宮の収縮の有無
    ・赤ちゃんの心音のチェック
    ・胎動の様子をチェック
    を行います。

    出来る限り出産までお腹の中で育てることが一番良いのですが、もし赤ちゃんに何かあれば、すぐに分娩に移行できるように最終的な確認をしていくのです。

  • 妊娠35週以降の腹痛について

  • お腹の中で大切には育んできた大切な赤ちゃん。
    間もなく会うことが出来ますね。

    妊娠35週あたりからは頻繁にお腹が張ったり・痛みがあったりする人も多いようです。
    その痛み…心配ですよね。

  • ★そのお腹の痛み、こんな可能性もあります★

     

    妊娠後期のお腹の痛み…とても心配ですよね。
    しばらく様子を見て出血などがなく痛みも収まるようであれば次の日の受診でも大丈夫ですが、痛みと共にお腹の張りや出血がある場合はすぐに産婦人科に連絡して下さい。

    《こんな可能性もあります》
    ①前駆陣痛…前駆陣痛とは、赤ちゃんが生まれるための準備運動の様なものです。
    本当の陣痛とは違います。
    間隔や時間や強さが不規則で安定していません。
    体勢を変えると収まることが多いです。

    ②急性妊娠脂肪肝…急激に肝臓に脂肪が蓄積されることによって起こる病気です。
    嘔吐・吐血・腹痛・黄疸などの症状や腎不全を引き起こし意識障害に陥ることもあります。
    また、妊娠を終結させないと肝不全になってしまうので、即入院・出産になります。

  •  

    まもなく出産を迎える妊婦さんの体は、赤ちゃんの成長と共に限界ギリギリのところまで来ています。
    特に臨月間近は空気を吸っても太る…と言われるくらい、注意をしないと急激に体重が増加する時期でもあります。

    急激な体重変化は、妊娠中毒症や妊娠糖尿病を起こす可能性がありますので赤ちゃんにとってもママにとっても良くありません。
    あと少し最後まで気を抜かずに頑張りましょう。