若返る!?【チベット体操】心も体も美しさを取り戻せ!

方法や効果をまとめてみました!
動画もあるのでチャレンジしてみてくださいね!!!

view745

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気持ちが良い!!

  • 簡単で気持ちいいから、毎日続けたくなるチベット体操

    「怠け者で運動嫌いの私は40代になって中年太りをしてしまい、“何か運動しなければ……”、と思っていろいろなことに挑戦してみるものの3日坊主の繰り返し。スポーツクラブに入会しても、お風呂しか入らないで帰ってしまったり……。そんな私が10年間、毎日欠かさず続けているのがチベット体操! 始めて3日で自分を鏡で見て“前よりも私、かわいい! 若返っている”と思ってしまったんです(笑)。
    出典 :チベット体操を知っていますか? - BODY CARE - X BRAND
  •  


    チベット体操は5つの簡単なポーズで構成されていますが、ルーツはインドの古代ヨガ。それがチベットのラマ僧に伝わり、数千年もの間、瞑想(めいそう)の前に心身を浄化し、エネルギーを高める儀式として行われてきたもの。チベット体操の5つのポーズには、精神面だけでなく臓器の働きにもかかわり、健康的な若さをつかさどる“チャクラ”を整え、インナーマッスルを鍛える効果が。.

  • 方法はこちら!

  • 《体操その1》


    ① まっすぐに立ち、両腕を床と平行になるまで上げる

    ② そのままの姿勢で、時計回りにぐるぐる回る

    ③ 目が回る直前でやめる(無理をしないこと)

    出典 :チベット体操
  • 《体操その2》

    ① 仰向けにまっすぐ横たわる

    ② 鼻から息を吸いながら首と足をゆっくりと上げていく。ひざを曲げないこと

    ③ 足が床と垂直になる位置まで上がったら、口から息を吐きながら頭と足をゆ
     っくりと下ろす
    出典 :チベット体操
  • 《体操その3》

    ① 上体をまっすぐにして床にひざまずく。手はお尻の少し下にあてがう

    ② 息を吐きながら出来る限り頭を前に曲げる

    ③ 息を吸いながら、上体を後ろに反らす。そらしきったら、息を吐きながら元の
     姿勢に戻る

    出典 :チベット体操
  • 《体操その4》

    ① 足を前に投げ出し、足先は30cm程開けて坐る。上半身は直立させ、手の 
     ひらは床につける

    ② 息を吐きながら、顎を胸につける感じで頭を前に倒す

    ③ 息を吸いながら頭を後ろに反らしながら、腰を持ち上げる

    ④ 胴体が床と水平になったところで息を止める。息を吐きながら元の姿勢に戻
     る。
    出典 :チベット体操
  • 《体操その5》

    ① うつ伏せに寝て、手のひらと足指先を支点にし、身体を床から浮かす(手と 
     手、足と足の間隔は60cm程)

    ② 息を吐きながら、背骨を反らして上半身を起こす

    ③ 息を吸いながら、腰を中心に身体を持ち上げる

    ④ 身体が腰を真ん中にした逆V字型になったら、息を吐きながら元の姿勢に戻
     る。
    出典 :チベット体操
  • ◇ 最初の1週間は、1日にそれぞれの体操を3回行い、次の週からは回数を2
     回ずつ増やしていき、10週目には1日21回行います(目安です)
    出典 :チベット体操
  • チベット体操インストラクター模範演技 チベット体操 Tibetan Exercise

     

    動画で解説!!

  • 効果はしっかりある!

  • エネルギーセンターは、チャクラと呼ばれ、「回転する輪」を表します
    チベット体操ではその生命エネルギーは、チャクラを通って動き、内分泌系を通じて体に分配されていると考えられています。
    内分泌系から分泌されるホルモンの不均衡や不足は、チャクラに問題のある結果です。
    健康な人は、7つのチャクラすべての回転速度が同じで、すべてが調和して働いています。

    出典 :チベット体操で心も体も美しく|チベット体操協会
     

    チャクラ・・・!

  • ひとつ、もしくは、複数のチャクラが遮られて、その自然な回転速度が落ちたり、ひどい時には、止まってしまったりすると、生命エネルギーは、循環できなくなり、その結果、病気や 老化が起こります。
    つまり、チャクラの回転速度を上げれば老化の進行も遅れるということになるのです。
    出典 :チベット体操で心も体も美しく|チベット体操協会
  • 呼吸と体操で、ツボ(チャクラ)を刺激して心身を活性させますので、体を鍛えるようなトレーニングではありません。また、この体操は1ヶ月2ヶ月先の自分の体重を減らすことを目的とした体操でもなく、1年先、3年先の自分の体を創っていく体操です。

     そう、「若返り」の体操なのです。
    出典 :チベット体操 今から始まる若返り 「チベット体操とは」
     

    アンチエイジング・・・

  • 思考の現象化

      チベット体操を始めると、どんどん思考の現象化が増えます。楽しいことや幸せなことを考えましょう。
      もし、マイナスのことを考えてしまったら、すぐに打ち消して、プラスな言葉を使いましょう!
    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 環境も大切!

  • 【チベット体操を行なうのに良い環境】
     ○窓を開けて、新鮮な空気を部屋中に入れましょう。
     ○テレビや携帯電話は消して、出来るだけ呼吸に集中出来る環境を作りましょう。
     ※春から秋にかけては、外で行う(=外チベ)も最高に気持ちがいいですよ。

    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 【時間帯】
    ○朝がオススメです。(6時~10時ごろ)
    ○食後、最低2時間は空けてから行いましょう。
    ※ご自分の生活リズムや体と相談して決めましょう。
    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 【服装】
     ○動きやすい格好
     ○貴金属やメガネなどは、必ずはずしましょう。
    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 【その他】
     ○体操の前後は、リラックスをしましょう。
     ○毒素を出やすくするために、水分は小まめに摂りましょう。
     ○体操後は、体を冷やさないようにしましょう。
     ○絶対に無理をしないこと。
     ○自分の体と相談をしながら楽しく対象をしましょう。
    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 好転反応 ※重要です!

                     ≪ 好転反応の種類 ≫
         ①弛緩反応・・・怠い、眠いなどの倦怠感として感じられます。
         ②過敏反応・・・便秘、下痢、発汗、腫れ、痛みなどとなって現れます。
         ③排泄反応・・・湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、大量の便などで
                  体内の老廃物・有害物質が排泄される症状です。
         ④回復反応・・・胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などとなって現れます。
    出典 :基礎知識 (チベット体操を始める前に…) - チベット体操教室
  • 健康管理に

  • ☆日常生活をもっと健康に過ごすために


    年齢が重なるにつれて大きな病気に目がいきがちですが、実は普段の何げない日常生活で支障をきたしている方は、たくさんおられます。たとえば、肩凝りや膝が曲がらないとか腰が痛いとか・・・。

    それを1日5分~10分チベット体操をすることで、こういった日常のちょっとした不便を感じることを予防出来るのです。
    出典 :チベット体操で心も体も美しく|チベット体操協会