食べる美容!美容効果の高い食事って?

美しさは身体の中から作りましょう。高価な化粧品も良いけど、食生活を見直して本当の美を追求してみませんか。

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 7色のバランス食事法

     

    "めぐり"を改善して美肌になるためには、バランスのよい食事を心がけることが大切。特に、和食がオススメです。 野菜や海藻類、果物を中心に、タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルなどの栄養素をバランスよく同時に摂取すること、さらに活性酸素から体を守る食材を摂ることが大切です。目安になるのは食材の色。赤・橙・緑・黄・黒(または茶)・白・紫の7色を積極的に摂るようにします。特に、玉ねぎ、キャベツ、ニンニクは血液がサラサラになると言われているので毎日食べると効果的。意識して1週間続けると、体が軽くなってきますよ。

  • 青魚で血液をサラサラにしたら、次は血液の最終的な通り道、毛細血管を強化。アーモンド、生たらこ、うなぎなどは含まれるビタミンEが血行をよくするので、細胞の隅々まで酸素や栄養成分を行き渡らせ、新しい細胞を作り出したり、修復にも働きます。乾燥肌は化粧水やクリームなどで水分を補うよりも、内面からケアしてみてください。

    出典 :eSampo | 美容・ダイエット お肌と髪のお手入れ 美肌食事典 肌質をよくする食べ物
     

    保湿を意識した食べ方ですね。

  • 肌は内臓の鏡。カサついたあなたの肌は恐らく栄養不足です。ダイエットを意識して脂肪やたんぱく質を含む動物性の食べ物を敬遠したりしてませんか? たんぱく質はプリッと弾力ある肌には不可欠。なぜなら皮膚組織の水分以外の70%はたんぱく質が作るコラーゲンで構成されているからです。というわけでたんぱく質を摂るならなら赤身肉や、鶏のムネ肉やモモ肉、白身の魚、ヨーグルトなどの低脂肪乳製品がが低カロリーでおすすめです。
    出典 :eSampo | 美容・ダイエット 肌のカサつき、即ち肌の栄養不足
     

    冬場の乾燥時期にはぜひ良質なたんぱく質を摂り入れましょうね。

  • 参鶏湯(サムゲタン)
    韓国料理の定番メニューかつ、家庭でも簡単に調理することができる参鶏湯(サムゲタン)は、実は身近な薬膳料理でもあるんです。鶏から肌をぷるぷるに保つコラーゲンがたっぷり摂れて、ナツメや松の実、ニンニクといった漢方は疲労回復を助けてくれます。栄養価の高いスープまで飲み干します。


    出典 :韓国料理が美容に効く数々の理由!? | 女子力アップCafe Googirl
     

    参鶏湯は女性の味方!

  • キムチ
    どの韓国料理店でも必ず出される代表的な韓国料理であるキムチ。いくら韓国女性たちが食べ過ぎてもこれを間に挟むことでどうにかなっていると言っても過言ではありません。
    唐辛子の効果だけでなく、乳酸菌やビタミンを豊富に含む発酵食品であることが美容効果が高いと言われる理由です。平均より3倍ほどキムチを食べる女性は肥満になりにくいとまで言われるほど。
    ただし塩分も多く含むため食べ過ぎは禁物ですが、焼肉や石焼ビビンバなど重たい食事の合間に挟むことで、絶大な効果を発揮します。常備菜として大活躍するキムチを食卓にもぜひご用意ください。


    出典 :韓国料理が美容に効く数々の理由!? | 女子力アップCafe Googirl
     

    キムチはお鍋や炒めものでも活用できますよ。

  • 韓国料理が美容に効く理由

     

    韓国料理には辛味が多いので、唐辛子が体を温め新陳代謝を促進する働きがあるのです。料理によってはそれだけでなく、肌の美容に必要なビタミンやコラーゲン、タンパク質が豊富に摂取できるものや、滋養強壮に効くと言われる薬膳系のもの、胃を休める働きのあるものもあります。特にこの時期は疲れた体を癒す意味も込めて、おすすめしたい韓国料理なのです。

  • 最近話題のコラーゲン。たんぱく質の一種で、肌の水分保持、弾力、ハリをもたらす重要な成分です。このコラーゲンをもっとも豊富に含んでいるのが肉類。とくに鶏の肉に多く、コラーゲンをもっとも効率よく摂取できる食事として手羽先が話題になったこともありました。ほかにも豚肉、牛スジなどにも豊富です。豚肉は鶏肉同様、骨がついているスペアリブにより豊富に含まれています。もちろん、これらの食材ばかりを摂取するわけにもいきませんから、一般的な料理のレシピでバランスのいいメニューをチェックし、その中に随時加えていく、という形がもっとも理想的な食事となるでしょう。

  • 美容成分といえばなんといってもまずビタミンC。肌の老化を防ぐ抗酸化作用があったり、コラーゲンの生成を促進するといった役割があるこの成分、レモンやグレープフルーツ、みかんといった果物に大きく含まれているほか、だいこん、じゃがいも、さつまいも、カブ、ピーマンといった食材にも含まれています。それから鉄分。鉄分はビタミンCと同時に摂取するとコラーゲンの生成効果がさらにアップします。レバーやひじき、ほうれん草などに含まれていることはよく知られています。ほかにもピーマン、しじみなどにも含まれています。

  • ■ビタミンCたっぷりの自家製野菜ジュース

    1. パセリを入れる

    パセリはビタミンCが驚くほど含まれています。詳しくは『影が薄いのに、キレイになれる野菜とは!?』をご覧くださいね!

    2. 豆乳とグリンピースを入れる

    グリーンピースは肌荒れ改善の他、ダイエット効果もあります。
    出典 :この食材があなたを救う!「肌荒れ解消」のレシピまとめ【美容食特集】
     

    ビタミンCは意識して摂り入れて。

  • ●美容を促進する基本的な食べ物
      
      私たちが生命活動を維持していく上で、なくてはならないものは?
      炭水化物と脂質、タンパク質です。
         
         ・炭水化物は、脳や筋肉を動かすエネルギー、
         ・脂質は、いざという時に、体が活動できるように
          蓄えられているエネルギー
         ・タンパク質は、体の組織を修復するものと思って頂いたら良いでしょう。

         炭水化物:たんぱく質:脂質=4:3:3が理想です。

         この3大栄養の他に、
         ビタミン、ミネラル、食物繊維等の微量栄養というものがあります。

         この栄養素が不足していると、代謝が下がります。
    出典 :美容と食事
     

    炭水化物は摂り過ぎに要注意!

  • ●美容を阻害する食べ物

     1)食品添加物
       コンビニ、ファミレス、ファーストフード・・・
       これらの食べ物には、食品添加物が含まれています。   
     
     2)人工甘味料や保存料等は、人工的に作られた化学物質で、
       健康上の問題に影響を与えます。
      
       これらの食べ物は、肝臓の解毒作用の機能を低下させてしまいます。

     3)電子レンジでチンしたもの
    出典 :美容と食事
     

    コンビニやファーストフードは極力避けましょう。



  • 酸味成分、クエン酸が体内で糖分を代謝し、エネルギーにかえる。疲労物質を分解し、体内に蓄積されるのを防ぐので、老廃物が減り血行もアップ。血液中の栄養が、肌の細胞にしっかり届くようになり、毎日とることで、気になるカサつきも改善されていくように。ビタミンCも豊富なので、メラニン色素の沈着を抑え、美白に一役!
    出典 :パパッと作れる、おいしい美容食レシピ。 - GOURMET - X BRAND
     

    お酢はアンチエイジングにも良いですね。

  • 鶏の手羽中にはコラーゲンがたっぷり。かつお節のイノシン酸には細胞を活性化させる働きがある。煮出すことでこれらの成分が溶け出し、旨みのあるスープに。さらに具としてそのまま食べれば、おいしいうえに美肌成分を無駄なく摂取できて一石二鳥! 食材からしっかりだしをとり、濃厚な旨みを出すことで、塩分も控えられる。


    出典 :パパッと作れる、おいしい美容食レシピ。 - GOURMET - X BRAND
     

    鶏はたんぱく質も取れますので、積極的に摂りいれて!

  • 発酵食
    目に見えない微生物が、食材に含まれる糖やタンパク質などを分解、合成する「発酵」の過程で新しい風味が生まれ、新たな栄養成分が作られる。そこにさまざまな健康効果があることが、最近の研究で解明されはじめている。コレステロールの抑制や、整腸作用、アンチエイジング作用など、やっぱり肌の基礎作りには見逃せない!
    出典 :パパッと作れる、おいしい美容食レシピ。 - GOURMET - X BRAND
     

    味噌や納豆なども発酵食品で女性にはオススメ。

  • 栄養バランスのとれた食生活は、肌にとっても好ましい食事です。まずは必要なエネルギーを十分に
    摂取することです。ですから、無理なダイエットはお肌の大敵です。

    肉や魚などの動物性蛋白質や野菜・果物などからしっかり、ビタミン・ミネラルを摂り、細胞膜の原料である
    脂質も大切です。
    特に、ビタミンA・βカロチン・ビタミンB群(B2・B6・ナイアシン)ビタミンC・Eは不足しない食事を
    心がけましょう。
    出典 :美容と食事
     

    炭水化物や糖質を摂り過ぎずにバランスを考えましょう。