【あれ…虫がいる?】あなたは大丈夫?!飛蚊症のあれこれ

『あれ、虫が飛んでる』思わず手で払ってみても、虫は消えない。

そんな経験はありませんか?
虫のように見える『それ』は、自分自身の目の中に起きている病気によるものなので、手で払いのけることはできないのです。今回は飛蚊症のあれこれをわかりやすくまとめてみました。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飛蚊症ってどんな病気?

  • 文字通りに捉えれば『蚊が飛んでいるように見える病気』ですよね。では実際にはどのように視界に映るのでしょうか。イメージ図を交えながらご説明します。

  • 飛蚊症になると、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また、半透明の場合もあります。
    「邪魔だな」と思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきます。目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。
    出典 :飛蚊症(ひぶんしょう)の原因と対策/目の病気 生理的飛蚊症の改善|飛蚊症.com
  •  

    左図のような光景に身に覚えのある方は要注意です!はっきり『蚊』の姿が見えるわけではないのですね。あくまで『虫のようなもの』『糸くず・ゴミのようなもの』が見えるのです。

  • 飛蚊症の原因は?

  • 一口に『飛蚊症』といっても、その原因は様々です。下記では、大きく3つに分けて説明をしていきます。

  • 1.生理的な原因

  • 目の中は空洞ではなく、透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)という物質で満たされています。硝子体の成分は時とともに変化し、一部にしわのようなものができます。すると、この部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えるのです。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • また、加齢とともに硝子体が萎縮してしまうと、硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい、この部分が黒い点のように見えることもあります。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 2.病気が原因

  • 飛蚊症を引き起こす代表的な病気には、網膜剥離があります。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 3.生まれつきの飛蚊症

  • 母体内で胎児の眼球がつくられる途中では、硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成するとこの血管は無くなっていくのがふつうです。しかし、生まれた後も血管の名残りが硝子体に残存すると、これが"濁り"となって飛蚊症の症状を感じることがあります。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 病気が原因のこともあれば、生まれつきのものもあるのですね。私達に自己判断はできませんので気になる症状があれば、一度病院で診察を受けてみましょう。

  • 【治療方法が確立されていない?!】飛蚊症は老化現象

  • 飛蚊症の原因は様々ですが、眼病が原因で起こる飛蚊症(後部硝子体剥離、または網膜裂孔など)でない限り、飛蚊症の治療法はありません。
    出典 :飛蚊症の治療について
     

    『眼病』が原因の飛蚊症以外は、手術で治療可能です。
    ただし、眼病以外が原因の飛蚊症はいわゆる『老化』現象のひとつであり、現時点でも治療法が確立されていないのだそうです。

  • 【症状の改善は可能!!】飛蚊症とうまくつきあっていくには

  • 飛蚊症の改善に必要な事は、眼の機能を高める為に必要な栄養素を意識して摂取する事です。特に、加齢とともに、体内にはフリーラジカル(悪玉)が増えるのに対して、抗酸化物質は少なくなってしまいます。そうすると、眼のように機能をたもたないといけない場所に影響が出やすくなり、飛蚊症を引き起こすのです。
    出典 :栄養補給 | 飛蚊症治療と栄養補給
  • 飛蚊症の治療方法は、食生活の改善およびサプリメントによる対応が必要とされています。
    出典 :飛蚊症の治療について
  • <食事・サプリから摂取すべき抗酸化物質>
    ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、αカロテン、βカロテン(プロビタミンA)、リポ酸、セレン、亜鉛
    出典 :栄養補給 | 飛蚊症治療と栄養補給
  •  

    必要な栄養素を食事やサプリメント等でバランスよく摂取することで、硝子体の老化を防ぐ方法もあるのですね。地道な努力が症状改善につながります。あせらずじっくり取り組みましょう。

  • いかがでしたか?
    『視る』という行為は毎日の生活のなかで大きな役割を果たしています。しっかりと知識を身につけ、大切な眼を守っていきましょう!