脳疾患の【気分障害・不安障害】

しばしば重大な問題は障害をよぶこの
この病気はどのような物なのか?
ストレス社会と関係ありそうです

view361

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな障害?

  • 不安は、ストレス、心配、恐れに対する正常な反応ですが、その程度が非常に強い場合や、長引く、あるいは状況にそぐわない極端な不安は不安障害と呼ばれます。

    不安障害にはいくつか種類があります(例、全般性不安障害、社会不安障害、パニック障害、強迫性障害等)。不安障害は、気分、考え、行動に影響を及ぼし、自宅、職場、学校、社会活動において日常生活を送ることが困難となる場合があります。
    出典 :気分障害・不安障害
  • 社会不安障害結婚式でスピーチを頼まれた場合、誰でも恥ずかしいと思うことはあるかもしれません。しかし、この病気の場合、スピーチを頼まれた時から失敗して他人から馬鹿にされるのではないかと、プレッシャーや不安を感じてしまいます。このように、他人から評価を受けることや、人目を浴びる行動に対する不安のため、その状況に対し強い苦痛を感じて動悸や息苦しさ等の身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたす病気をいいます。
    思春期前から成人早期にかけて発症することが多いこの病気は、慢性的になり、人前に出ることを恐れるようになると、「うつ病」等のさらなる精神疾患の引き金となることもあります。単なる性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病です。
    出典 :おもな病気と症状は、うつ病、適応障害、社会不安障害、パニック障害、睡眠障害など/メディカルケア虎ノ門
  •  

    パニック障害になると
    錯乱状態の
    パニック発作が結構生活に支障が出るのです

  • パニック障害突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、息苦しさ、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。このパニック発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強く、自分ではコントロールできないと感じます。そのため、また発作が起きたらどうしようかと不安になり、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。その人なりに危ない場面があり、例えば電車やエレベーターの中など閉じられた空間では「逃げられない」と感じて、外出ができなくなってしまうことがあります。
    パニック障害では薬による治療とあわせて、苦手なことに少しずつ慣れていく心理療法が行われます。無理をせず、自分のペースで取り組むことが大切です。周囲もゆっくりと見守りましょう。
    出典 :おもな病気と症状は、うつ病、適応障害、社会不安障害、パニック障害、睡眠障害など/メディカルケア虎ノ門
  • 原因

  • 不安障害の原因は不明ですが、さまざまな不安障害において脳機能変化が関与することが示されています。また、社会的状況やストレスは不安障害の発症リスクの一因であると考えられています。
    出典 :気分障害・不安障害
  •  

    現在の日本における
    ストレス社会に
    大いに関係していそうな気がしますね

    心の病気は大変です

  • 症状は?

  • 個人差はあるものの、不安障害の典型的な症状は、恐れ、内面の緊張、易刺激性、集中力低下、ならびに身体的兆候(口内乾燥、めまい、筋緊張、発汗、動悸等)であり、いずれも日常生活の支障となります。複数の不安障害を併発する場合や、うつ病等の他の気分障害(いわゆる合併症)を伴う場合もあります。不安障害とうつ病の併発は非常に多く見られます。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    併発にはご注意を
    たいていの人が併発をしています

  • 全般性不安障害(GAD) は、好ましくないことが生じるのではないかという非特異的な不安です。典型的な症状は、過剰で制御不能な心配、不安、緊張であり、口内乾燥、手の汗ばみ、発汗、めまい等の身体症状を伴います。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    これは気づかないうちになっている事もあります

  • 社会不安障害(SAD) の患者さんは、社会的状況を恐れたり、避けたりします。患者さんは、屈辱を受けることや、恥をかく行為を恐れます。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    最近問題になっているSADです

  • パニック障害は、著しい恐怖や緊張に伴う突然のパニック発作を特徴とします。パニック障害は、発汗、疼痛、頭痛、悪心、動悸、口内乾燥等の身体的症状を生じる場合もあります。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    突然パニック発作を引き起こす場合があります

  • 強迫性障害(OCD) は、好ましくない強迫的思考が繰り返し現れ、例えば、清潔さ、体の分泌物、健康等に関連した過剰な恐れ(強迫観念)を抱きます。これらの恐れに反応して、患者さんは、繰り返し洗う、常にチェックを繰り返す、厳格な食事を維持する等の特別な儀式(衝動)を行う場合もあります。
    出典 :気分障害・不安障害
     

    潔癖症もこれにちかいものがありますね

  • 診断及び治療

  • 多くの治療法によって不安障害を効果的に管理することができます。疾患のどのような段階においても、家族や友達の個人的なサポートは大切です。

    診察の際には、医師が症状、日常生活、家族暦についての質問を行い、不安症状を診断します。他の病態を除外するために身体的検査を実施する場合もあります。不安障害と確定した場合、薬物治療、カウンセリング、社会サポート、運動、リラクゼーション、自助技術等の治療選択肢が検討されます。

    いずれの場合も、専門家のアドバイスを受けることが重要です。
    出典 :気分障害・不安障害
  • 一人で抱え込まないで
    相談をしてしっかりと向き合っていきましょうね