ぬくぬくぽかぽか・・・痒い痒い・・・温熱アレルギー

冬になると温かいところが心地よくなりますが、そんなときに出てくるのが温熱アレルギーです。

温度差アレルギーの一種で、暖房器具やお風呂で身体が温まると出てくるアレルギーで蕁麻疹が主症状です。

view5248

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  •  

    温熱アレルギーは温度差で発生する蕁麻疹を主症状とします。

    どうして起きるのでしょうか?

  • 温熱じんましんとは温かい刺激を受けることで発症するじんましんのことで、そのとき皮膚の温度は40度~50度まで上昇すると言われています。
    出典 :温熱じんましんについて
     

       ※皮膚表面が40~50℃・・・皮膚に強い熱感を帯びるという事であります。

  • コリン性じんましんと間違う人もいるようですが、コリン性は体温上昇ではなく汗に反応したじんましんで、温熱は体温の上昇に反応したじんましんです。
    出典 :温熱じんましんについて
     

       ※コリン性蕁麻疹・・・汗が出てそれに含まれる物質がアレルゲンとなる。

  •  

    温かい所に寒いところから入ってストーブに当たったり、お風呂に入ったりするのは気持ちの良いものですが、それで身体が痒くなるのでは・・・困りますね。

  • 温熱じんましんは皮膚表面の温度があがることが発症原因と言われています。そのため、お風呂で体があったまったときやヒーターの前であったまっているとき、電気毛布やこたつ、ホッカイロという温熱刺激によって表面が赤く膨れ、かゆみや痛みを発するじんましんがでてきます。
    出典 :温熱じんましんについて
     

        ※冬の必需品と言って良いホッカイロがアレルギーの元になるとは・・・思い当たる方も多いのでは?

  • 温度変化を感じ取りやすく、血管が集まっている腿や乾燥しやすいひじやひざ周辺に、ヒスタミンという物質が集中して、その結果、皮膚には赤みを帯びた膨らみができます。
    出典 :温熱じんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
  •  

    アレルギーは一度発現すると中々治まらないやっかいな症状を伴い、場合によってはちょっとの温度差や刺激で症状が出たり、過反応が起きるというやっかいなものです。

  • 気温が低いところから高いところに移動して、体が温まるたびに皮膚に発疹が出現します。
    出典 :温熱じんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
     

        ※厚着もいけませんし、暖房の温度設定も外気温と差が大きくないように・・・寒くなってきました。

  • 蚊が刺したときのような皮膚の赤味とわずかな腫れ、温熱じんましんの特徴である強いかゆみを伴います。
    出典 :温熱じんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
  • 始めは肌がピリピリする程度ですが、症状はすぐに悪化し、かゆみが取れなくなることもあります。
    出典 :温熱じんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
  •  

    ストーブで暖まるな、お風呂に入るなというのは、冬になったら無理な話だと思いますが、痒みよりはそちらのほうが我慢できるかもしれませんね。

  • 体が温まると「手、足、太もも、背中、腹部」などにかゆみを伴う発疹が出ます。以下の症状が診られたら、温熱じんましんの可能性が高いため、温熱が発生しにくい環境を作りましょう。

    ・風呂に入ると、次第に太ももや腕がかゆくなっていきます。
    ・入浴後に手でかくだけで真っ赤になり、かゆみが増します。
    ・暖房器具の近くにいると、暖かさのせいでかゆくなります。
    ・冬場に服を厚着すると、ピリピリとしたかゆみを感じます。
    出典 :温熱じんましん | じんましん(蕁麻疹)事典
  • 温熱じんましんの対策としては、原因が体温の上昇なので、温熱を避けることが一番の対策になります。具体的には、入浴の際はぬるま湯し、入浴剤はかぶれる可能性があるので、医師に相談してから使用するようにします。コタツやストーブ等も避けるようにします。
    出典 :温熱じんましんを治療するには?
  • 全てのじんましんの共通の対策になりますが、生活リズムを整える。体調が悪いとじんましんが起こりやすくなるので、疲労、睡眠不足は避けます。暴飲暴食を避け、便通を整えます。そして、食物アレルギーと特定された食事を避け、さらにアレルギー性の食べ物、ヒスタミンを多く含んだ食物を摂らないようにします。と言った基本的な健康対策が必要です。
    出典 :温熱じんましんを治療するには?
  •  

    ヒスタミンが集まってくるのが痒みの原因ですから、抗ヒスタミン剤を塗るというのが治療の方法ですが、痒くなる前に塗らないといけません。

    自然治癒というか耐性がつくというのか、いつの間にか出なくなると言っても、アレルギー体質は無くなりませんので、出なくなったと言って気を許してはいけません。

  • 温熱じんましんの治療には抗ヒスタミン剤の投与や、かゆみ止めの軟膏が使用されます。
    出典 :温熱じんましんについて
  • 殆どの人が加齢とともに症状が和らいで、知らないうちに治っている場合が多いようでうす。
    出典 :温熱じんましんについて