”恐怖”生活習慣病の≪糖尿病≫

糖尿病はよく聞く生活習慣病です!
この病気
結構大変なんですよ?
知っておきたい情報をまとめてご紹介!

view264

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • まず、糖尿病とはなによ?

  • 糖尿病は簡単にいうと血糖値が高くなる病気です

    エネルギー源となるはずの
    ブドウ糖
    が血液の中にあふれてしまうので
    インスリンが足りなくなったり
    細胞に作用しなくなってしまうびょーき

  •  

    食べ物や飲み物を消化すると
    出来るものが

    ブドウ糖です

  • インスリンの作用は?

  • インスリンは、からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節するはたらきがあるんだ。それに、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとしてたくわえておくようにするはたらきもあるよ。
    インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなって、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまうんだ。
    筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないから、全身のエネルギーが足りなくなってしまうんだよ。
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  •  

    インスリン注射という言葉を聞いたことありませんか?

    それはインスリンを補給する物なのです!

  • 糖尿病の種類

  • 1型糖尿病
    膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  • 2型糖尿病
    インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  • 遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
    遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  • 妊娠糖尿病
    妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある
    出典 :糖尿病ってどんな病気?|厚生労働省
  • 糖尿病をほったらかしにすると


  • 糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を3大合併症と呼ぶんだ。糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てくるんだ。


    出典 :糖尿病を放っておくとどうなるんだ?|厚生労働省
     

    このような合併症を引き起こす場合があるのです
    糖尿病だけでは済まないのです



  • 糖尿病神経障害
    合併症の中で最も早く出てくるのがこれです。中心となる足や手の末梢神経障害の症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

    糖尿病網膜症
    目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

    糖尿病腎症
    おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんにおしっこが作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければなりません。週に2~3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。
    出典 :糖尿病を放っておくとどうなるんだ?|厚生労働省
  • 治療法は?

  • 食事療法がまず最初にしなくてはならない事でしょう
    糖尿病の人は一日に食べる量を医師が指示します
    程度に応じた量しか食べる事が出きなくなってしまうのです。

  • ●ひとりでできる運動を選び、毎日同じだけ行う
    毎日のことなので、場所を選ばず、いつでもどこでもできる運動を選びましょう。もし毎日が無理でも、2日に1日は行います。

    ●ウォームアップとクールダウンを
    運動は1日30分が目安で、朝晩2回に分けてもかまいません。運動を行うときは、ゆっくりスピードを上げて(ウォームアップ)、終了時はゆっくりスピードを下げていきます(クールダウン)。ウォーキングにする場合、1回15分~20分を目安にして、1日1万歩を目安にしてもいいでしょう。

    ●運動の強さは、きつすぎず、楽すぎず
    「少し汗ばみ、隣の人とラクに会話ができる程度」が運動の強さの目安です。運動の後、とても疲れてしまうようなら、セーブしましょう。

    ●食後1~2時間後に行う
    こうすると、食後の血糖上昇が抑えられます。

    ●運動日誌をつける
    運動習慣を身につけるためと、運動によって体調が悪くなることを防ぐために、最初は日誌をつけましょう。
    出典 :糖尿病の治療法は?|厚生労働省
     

    運動療法も効果的だといえます

  • 主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射だね。薬物療法が必要になるのは、まず、1型糖尿病の人。1型だと、体内でインスリンを作れないから、必ずインスリン注射が必要になる。でも、怖がらなくても大丈夫。小学生くらいから、自分でできるからね。それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合薬物療法を行うんだ。どちらもお医者さんに相談せず、勝手にやめたり、多く使ってはいけないよ。お薬を飲み始めて調子が悪くなったら、必ずお医者さんに相談するようにね。
    出典 :糖尿病の治療法は?|厚生労働省
     

    自己管理をしっかりして糖尿病にならないようにするのが
    一番良いのです。

    生活習慣をみなおして
    糖尿病予防に努めましょう