統合失調症という症状についてまとめ

なんか聞いた事はあるけど、よくわからないという方も多い統合失調症。正しい知識をまとめました。

view322

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    統合失調症の原因は解明されていませんが、体質、環境、心理的な要因が互いに組み合わさって、発症につながると考えられています。

  • 幻覚の見られる病気には以下のようなものがあります。
    統合失調症(幻聴が特徴的)
    てんかん(特に、脳の側頭葉に原因がある場合)
    薬物中毒(覚醒剤中毒の場合、虫が体を這っているといった体感幻覚がしばしば見られます)
    薬物からの離脱症状(急に薬物の使用を中止した際に起きる心身の症状)
    脳腫瘍
    脳炎
    出典 :統合失調症の症状……錯覚とは異なる病的な「幻覚」 [統合失調症] All About
     

    様々な病気で幻覚を引き起こします。

  • 眠る前の朦朧とした時間に何かが見えた気がしたり、身近な人が亡くなられてショックを受けているときに、死んだはずの人の声が聞こえるといった、一時的な幻覚は病的意義のない場合もありますが、継続的に症状が続くのは、軽く見ては危険な病的な「幻覚」です。

    幻覚は視覚だけでなく、人間の五感である視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のすべてに起こり得ます。多くは脳に問題があり、幻覚の生じる原因には脳内の神経伝達物質の一つであるドーパミンの異常が関与していると言われています。
    出典 :統合失調症の症状……錯覚とは異なる病的な「幻覚」 [統合失調症] All About
     

    幻覚と錯覚は違います。

  • 「盗聴器が仕掛けられている」と信じるのみならず、もし実際に、それが声として聞こえてくるなら、幻聴といって、重要な精神症状です。

    10~20の若い年齢で、急に気分が落ち込み、家に引きこもりがちになったら、統合失調症が疑われます。

    もし、疑念が度を越すような症状を見たら精神科に相談してみましょう。
    出典 :統合失調症の症状…被害妄想 [統合失調症] All About
     

    妄想だけではなく、幻聴が聞こえるようでしたら、精神科へ。

  • 現実に反した事を思い込んでしまうことは、妄想(もうそう)と呼ばれます。妄想の内容には、「悪い病気にかかっている」、「みんなが悪口をいっている」、「夫が浮気をしている」 等、いろいろな種類がありますが、今回のケースは、盗聴器によって自分が狙われているといった妄想なので、心の病気的には被害妄想に分類されます。
    出典 :統合失調症の症状…被害妄想 [統合失調症] All About
     

    あなたの周りには、いませんか。

  •  

    家の目につかない場所に盗聴器が置かれていないか? 疑念に正当な根拠がある場合もありますが、非合理的思い込みで妄想に近い場合は心の病気の可能性も出てきます

  • 統合失調症の症状

     

    統合失調症の症状には幻覚、妄想などの目立つ陽性症状と、感情の起伏の平坦化、意欲低下などの目立たない陰性症状の2つのタイプがあります

  • 現実と非現実の境界がぼやけてしまう急性期の症状が落ち着いた後は、再発防止のための維持的治療と共に、現実の環境へ適応していくためのリハビリテーションが重要です。

    デイケアなどでの訓練や活動は、社会的機能を向上するために有用な手段ですが、家族など周囲の人の理解やサポートは不可欠な要素です。孤独な環境に陥りやすい患者さん本人の回復を良好にし、再発の防止を大いに助けることになります。統合失調症のみならず、心の病気に対する周囲の人の理解やサポートの有無は、病気の予後を大きく左右する重要な要素です。
    出典 :統合失調症の治療法 [統合失調症] All About
     

    周囲のサポートが良好な予後を左右するそうです。

  • 急性期の症状が消退し、退院後は外来通院になりますが、陽性症状の再発防止の為、長期間に渡り、治療薬の服用を継続する必要があります。急性期の症状が消失した後も問題となりやすい症状として、個人差がありますが、感情の浮き沈みの平坦化、意欲低下、興味減退などの陰性症状があり、近年、陽性症状のみならず、陰性症状の改善を図るために、非定型抗精神病薬と呼ばれる、治療薬が開発されています。
    出典 :統合失調症の治療法 [統合失調症] All About
     

    日々、薬も進化しているようです。

  • 統合失調症の発症メカニズムは完全に解明されていないため、その治療は外科手術のように根本的病因を取り除くというより、症状をコントロールする事に重点が置かれます。

    統合失調症の急性期では、現実と非現実の境界がぼやけて、幻覚、妄想などの陽性症状が顕著に出現し、入院治療が望ましくなります。陽性症状は脳内神経伝達物質の一つであるドーパミンの機能異常と深く関連していて、ドーパミンの機能を正常化させる薬理作用を持つ、抗精神病薬によって比較的容易にコントロールする事ができます。
    出典 :統合失調症の治療法 [統合失調症] All About
     

    薬による治療が中心となるみたいです。

  • 統合失調症は幻覚、妄想など、現実と非現実の境がぼやけてしまう事が特徴的な心の病気です。現実と非現実の境がぼやけてしまった状態から、現実を取り戻していく為には、治療が不可欠です。
    出典 :統合失調症の治療法 [統合失調症] All About
     

    必ず治療が必要な病です。

  • 統合失調症は急性期の症状が消失した後も、現実の環境へ適応していくためのリハビリテーションが治療の重要な要素であり、良好な予後には周囲の理解、サポートは大変、重要です
    出典 :統合失調症の治療法 [統合失調症] All About
     

    家族の理解と支援が大切です。

  • 統合失調症のもう一つのタイプの症状として、個人差がありますが、感情の起伏に乏しい、意欲低下、興味減退などがあります。こうした症状は、私たちが活動する際に不可欠な、自発性、感情、意欲、興味などの機能低下の症状であり、陰性症状と呼ばれています。

    陰性症状は陽性症状と比較すると、目立ちにくいですが、急性期を過ぎ、社会的機能を回復していく上で、問題になりやすい症状です。孤独な環境に陥りやすいなどの環境的要因も陰性症状の悪化に関与しているので、周囲からの理解、サポートは回復への過程で大変、重要な要素です。
    出典 :統合失調症の症状 [統合失調症] All About
     

    周囲のサポートが大切になってきますね。

  • 統合失調症発症後の急性期には、現実と非現実の境は顕著にぼやけ、幻覚、妄想が出現し、思考の一貫性は低下し、話の内容にまとまりが欠けてくるなど、多彩な症状が出現し、現実への適応能力は低下してしまいます。

    例えば、耳元で誰かが絶えず自分の悪口を大声で言っている幻聴があったら、物事に集中できなくなるのはもちろん、眠ることさえ困難になるでしょう。こうした症状は陽性症状と呼ばれ、統合失調症を特徴付ける症状であり、脳内神経伝達物質の一つであるドーパミンの機能異常と深く関連していますが、治療によって、比較的容易にコントロールする事ができます。
    出典 :統合失調症の症状 [統合失調症] All About
     

    陽性症状というそうです。

  • 統合失調症が発症するメカニズムは厳密には解明されていませんが、統合失調症になりやすい性質を持った人が、何らかのストレスをきっかけに発症に至ると考えられています。

    統合失調症の前駆症状として、成績の急低下、部屋に閉じこもるようになる、夜眠れない、口数が少なくなる、身なりに構わなくなるなど、何らかの異変が見られる事は少なくありません。

    出典 :統合失調症の症状 [統合失調症] All About
     

    気になる症状がある場合はお医者さんへ行きましょう。

  • 統合失調症
    統合失調症は現実と非現実の境界がぼやけてしまう妄想や幻覚が特徴的な症状の心の病気です。統合失調症の発症は10代後半~30代前半までの若い年齢が多く、男女比は約1:1で、統合失調症を生涯で発症する確率は人口の約1%弱です。

    出典 :精神病性障害(統合失調症・妄想性障害) [統合失調症] All About
     

    比較的若い人に発症しやすいんですね。