出産時の保険について。知らないと損しちゃうかも・・・

妊娠・出産時の保険。困らないようにちゃんと知っておきましょう。

view937

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ドキドキしながらの

     

    出産準備

  • 妊娠・出産時、健康保険はつかえるの?

  • 病気ではないけれど・・・全部自費?

  • 出産に至るまでの妊娠期間中に欠かせないのが、「妊婦健診」。病院や体調、妊娠週数などによっても異なるものの、月1回から臨月になると週1回のペースで通うため、妊婦健診は合計8~20回、平均10数回程度に。この健診も基本的には健康保険がきかないため1回数1,000円かかり、合計すると10万円くらいになることが多いよう。もし妊娠期間中に何か体のトラブルがあった場合は検査項目などが増え、その分費用もかかることに。
    自治体によっては、健診の費用を一部補助する制度もあるため、一度確認を。また、1年間の医療費(健診費・出産費のほかにもかかった医療費など)が10万円を超えた場合、確定申告の医療費控除で税金が戻ってきます。レシートはまとめて保存し、妊婦健診のための電車・バス代などもメモをしておきましょう。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • やはり、基本的には健康保険は使えないようです。
    検診時の交通費などはつい忘れてしまいそうですね。

  • 交通費

     

    しっかり記録しなくては~

  • 健診費用の補助金は自治体によってかなり違うので、必ず確認して申告もれがないようにしたいですね。

  • 産前産後休暇を取り、仕事を続ける母親は、「出産手当金」や「育児休業給付金」がもらえます。 「出産手当金」とは、健康保険から産前産後のお休み中に、給料がわりにもらえるお金のこと。健康保険に1年以上加入している人が対象で、もらえる金額は、お給料の3分の2、出産の日以前42日と出産日後56日の98日間分。
    「育児休業給付金」は、雇用保険に加入していて、育児休業開始前の2年間のうち、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある人が対象で、パートやアルバイトも含みます。育児休業中にもらえる「育児休業給付金」は給料の30%で、通常は子供が1歳未満の間に受け取れますが、保育園に空きがないなど所定の理由がある場合には、最長で子供が1歳6カ月になる前日まで延長して受け取れます。ほかにも、仕事に復帰して6カ月勤め続けた時に受け取ることができる「育児休業者職場復帰給付金」もあり、こちらは給料の20%が育児休暇の日数分、一時金でもらえます。「育児休業給付金」と合わせると、給料の約50%がもらえる計算に。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • 働くお母さんがどんどん子育てしやすいようになればいいですね。

  • 出産時の費用はどうなっているのでしょうか。

  • やっと

     

    会えた~

  • 早産や子宮外妊娠、出産時の帝王切開の手術をした場合は、「医療保険」からお金が出る場合もあります。

    例えば、帝王切開で10日間入院した場合、保険の契約内容に該当すれば、帝王切開の手術費用と入院の給付金が10日分出ることになります。手術の給付金は保険によって異なりますがおおよそ5~10万円くらい。入院給付日額5,000円のものに入っている場合は、5,000円×10日=50,000円という計算に。「女性疾病特約」をつけている場合、入院・手術給付金がさらに加算されます。医療保険からの給付金は、自分で申請する必要があるため、医療保険の重要事項説明書や約款などの確認を忘れずに。
    ここで気をつけておきたいのが、妊娠後に新規で医療保険に加入する場合。妊娠がわかると入れなくなるか、加入できても子宮部位は保障しない部位不担保になるなど、制限があることが多いのです。
    "妊娠・出産後"は、女性の体がハイリスクだとみなされるため、新しい医療保険に加入しようとすると制限されることがあります。妊娠中は、加入できない場合や、妊娠・出産による合併症は保障しないという条件つきの契約になる場合が多いようです。また、出産後に入ろうと思っても、帝王切開による出産になった場合は、数年間は保険に入れないこともあるので注意が必要。
    結婚後、子どもがほしいと思っている場合は、妊娠前に医療保険をじっくり検討した上で、加入しておけば安心のはず。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
  • 帝王切開の場合は

     

    保険診療が可能です。

  • 子どもが生まれたときは出産育児一時金が受けられます。
    出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に協会けんぽヘ申請されると1児につき42万円が支給されます。(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は39万円となります。)

    ※多胎児を出産したときは、胎児数分だけ支給されます。
    出典 :子どもが生まれたとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会
  • 出産一時金について詳しくは下のサイトを参考にして下さい。

  • 自分の自治体の補助制度がどうなっているのか、しっかり調べておく必要がありそうですね。

  • 無事に赤ちゃんをだっこする前に

     

    いろいろ準備をしておけたらいいですね。

  • あなたの子育ての

     

    参考になりますように・・・