「子宮の老化」「卵子の老化」の本当はどうなの!?

子宮の老化、卵子の老化とは一体どういう事なのでしょうか?
医学的にいろいろと報じられているようです。
今回は子宮の老化と卵子の老化について
ご紹介したいと思います。

view685

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮は老化するの?????

  • 更年期の子宮は、卵巣からのホルモンがなくなって、
    みずみずしい感じがなくなります。
    女性ホルモンは水分の保持と関係があります。
    大きさも変わり、それまで7cmくらいあった子宮が
    2~3割小さくなって、5cmくらいになります。
    出典 :「子宮の老化」「卵子の老化」の本当のところ|All About(オールアバウト)
     

    子宮の大きさに変化が出てくるのですね・・・

  • 卵子は老化するの????

  • 卵子の老化が始まっても、そこで産めなくなるわけ
    ではありません。「34歳はセーフ、35歳はアウト」も
    ウソです。今、女性たちの間で卵子老化の不安が
    高まっていますが、誤解もたくさんあります。
    出典 :「子宮の老化」「卵子の老化」の本当のところ|All About(オールアバウト)
  • 一番知りたいのは「何歳まで産めるのか」

  • 卵子の力が下がり始めるのは33歳から

    「何歳まで産める?」ということを女性が
    今くらい気にしている時代は初めてでしょう。
    子供を持つかどうかの決心を先延ばしにしている人は、
    たいてい「35歳までには、産もう」と思っています。
    でも、その35という数字に何の根拠があるかと言えば、
    それは「35歳から高齢初産と呼ばれる」というだけの理由です。

    体外受精は卵子の力がストレートに反映されますが、
    これにより妊娠する能力は33歳くらいから下がり始めると
    言われています。体外受精の成功率は、33歳なら20代と
    同じで1回につき3割くらい妊娠しますが、40歳では
    1割ほどに下がります。
    出典 :本当のところ何歳まで産めるの? [妊娠の基礎知識] All About
     

    40歳を超えると割合が低く

    なってしまうのですね・・・

  •  

    37歳~38歳頃からさらに妊娠

    しづらくなるようです・・・

  • 卵巣そのものが老化を招く・・・

  • 子宮は女性の生殖器で膣の奥に子宮内膜で
    覆われた子宮腔と卵子が通る卵管、そして卵巣があります。

    子宮と卵巣は同じ器官内に存在しますが、
    その老化の過程は異なります。

    卵巣内の卵子は卵子自身が老化をしますが、卵巣の
    老化は人体内にある器官の中ではやや早期に
    老化現象が始まるという特徴を持っております。

     卵巣は人体のホルモン因子などの老化の影響を
    受けるわけではなく卵巣そのものが老化を招くことも
    最近の研究でわかってきた事実です。
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】
  • ニューロン数の減少・性感染症による炎症の影響

  • 子宮は、他の器官同様、ニューロン数の減少の他、
    性感染症などによる炎症によっても老化が
    進行すると言われております。

     もし性感染症の疑いや可能性が検討される場合は、
    まず検査キッドによる簡易検査でも良いので一度
    状態を確認することが大切です。

     子宮は赤ちゃんを育む重要な器官です。
    子宮の老化もまた妊娠に影響をおよぼすため
    早期治療が何よりも重要となります。
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】
     

    性感染症も子宮の老化に関係して

    くるのですね・・・

  • 卵巣機能の停止から始まる更年期の変化

  • 更年期の女性は外見上の見た目以上に
    体内で大きな変化が起きております。

    体調を崩しやすくなったり、時には怒りっぽく
    なったりする変化はある意味自然の流れであることを
    家族は理解してあげることも重要です。

    女性の更年期障害に大きく関与しているとされる
    閉経は卵巣機能の老化及び機能停止によって起こります。

    この閉経を迎えると子供を産むことはできなくなりますが、
    閉経時には卵巣機能の老化にともない性ホルモンの
    分泌が極端に低下するようになります。

    この時、女性の体に影響を及ぼす性ホルモンである
    エストロゲンの分泌も低下し更年期特有の症状を
    及ぼすようになるのです
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】
  • 女性ホルモンエストロゲンの分泌量の低下が大きな引き金となる

  • 子宮や卵巣の老化から女性ホルモンの分泌量低下に
    よるホルモンバランスの乱れ。

    そして女性ホルモンエストロゲンの分泌量の低下に
    よって体調不良や更年期障害へ進展していくのが
    更年期の女性の特徴です。

    赤ちゃんを産むための準備を長い期間をかけて
    続けてきた体が大きく変化する時期ですから
    肉体面・精神面ともに安静を保つよう心がけることが大切です。
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】
  •  

    エストロゲンの分泌量の低下も

    関係してくるようです。

  • 卵巣の老化予防対策の基本!!

  • 卵巣の老化現象は、他の器官などと異なり卵巣単体で
    老化現象が進行している可能性が検討されていること
    は前項で解説したとおりです。

    卵巣機能の低下は良質の卵子の形成や卵子の成熟にも
    影響をあたえるため、卵巣機能が妊娠にも大きく
    影響を与える可能性があることがわかります。

    しかし、卵巣の老化を防止する明確な対策法は
    確立されておりません。

    不妊治療では食生活の改善や冷え性などの対策を
    実践しながら妊娠しやすい体調づくりを行うことの
    重要性が度々問われております。

    例えば女性ホルモンの構造に近い大豆食品の積極的な摂取や、
    体を内部から温める効果をもつ生姜湯などを定期的に飲むなどです
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】
  • 卵巣の老化予防対策の第一歩!

  • 卵巣は卵子を排出するだけでなく女性にとって
    非常に重要な働きを持つエストロゲンの分泌や
    プロゲステロンの分泌を行う大切な器官です。

    卵巣は老化する器官であることを認識し過度の負担を
    かけない、卵巣機能が正常に働くことができる
    環境づくりを念頭におくことが卵巣の
    老化予防対策の第一歩と言えるかもしれません。
    出典 :卵巣・子宮・卵子の老化の原因【老化予防対策ガイド】