これって病気!?気になる爪のデコボコ 原因と予防法まとめ

爪のデコボコは見た目もあまり美しくはありません。
女性ならば、爪の先まで美しさを追求したいものです。
「でこぼこしているだけで痛くないから」と放置されがちな爪のデコボコ。
原因や予防方法をまとめてみました。

view17833

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    女性のみだしなみとして、やはり爪は美しくなければなりません。

    日常生活では、人と物を受け渡したりする場面も多いので、爪は人から注目されやすい場所でもあります。

    また爪は身体の健康状態を表していると昔から言われています。

    爪に関するトラブルは皮膚科で相談するのが一番です。

  • 爪のデコボコはある日突然、気になるもの。
    今までは爪のデコボコはなかったのに、最近目立つようになってきたと感じることはありませんか。

    ところで爪のデコボコって、どうしてなってしまうのでしょう?

  • なぜこんなに
    爪がデコボコなのだ?(謎)
     

    爪のデコボコに悩んでいる人も多いみたい。

  • なぜ爪がデコボコするのか?

  • 爪がでこぼこしていたりすると、水虫かもしれません。

    また、鉄欠乏性貧血などでも爪がでこぼこになったりします。
    爪がでこぼこになったら、一度病院(皮膚科など)に行って検査してもらうと安心ですね。
    出典 :爪がでこぼこになったら?
     

    爪は昔から健康のバロメーターと言われているんだって!

  • 爪水虫の可能性も・・・

  • 爪水虫は、白癬菌が爪内に感染したもので、白癬菌の感染で爪の状態は白っぽくなり、でこぼこした感じになります。

    白癬菌は、爪の先端部分から侵入することから、先端に症状がでやすくなります。
    出典 :爪水虫:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    爪白癬(つめはくせん)は、身近な人にうつしやすい感染症なので要注意!

  • 爪水虫を治すには

     

    爪水虫を治すには、やはり皮膚科にかかることが一番の近道です。
    病院では、内服薬と外用薬が処方されます。

    完全に治すためには、半年以上の期間が必要だと言われています。

  • アレルギーや乾燥が原因の場合も・・・

  • 予防方法は?

  • たんぱく質を摂取する

  • 爪は皮膚や髪の毛と同じくタンパク質のケラチンという成分で出来ています。
    タンパク質をきちんと摂る事が爪にとっても大切です。
    出典 :爪でこぼこになる原因って?美しい爪を目指すために
     

    栄養素不足も原因のひとつなんだね・・・。

  •  

    たんぱく質は、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に多く含まれている。

    まぐろ、いくら、牛肉、するめなどがおすすめ。

  • 乾燥を防ぐ

  • 乾燥を防ぐことで爪がきれいになったという方はたくさんいます。

    除光液は爪が乾燥しますのでなるべく避けて、クリームなどで保湿しましょう。
    出典 :爪でこぼこになる原因って?美しい爪を目指すために
     

    除光液でも爪は、乾燥するんだね。

  •  

    寝る前に足や手の爪をしっかりケアしてっみてはいかがでしょうか。
    ハンドクリームを爪までしっかりと塗り込みましょう。
    これから生えてくる爪が保湿されるので、きれいな爪が生えてきます。
    爪の保湿剤クリームというものもあります。

  • 清潔に保つ

  •  

    指先、手先をいつも清潔に保ちましょう。

    実は爪のでこぼこの多くの原因は、雑菌による感染なのです。
    爪に雑菌が入ると、炎症が起きます。
    爪の根元の甘皮部分から雑菌が入り込むと、根元の皮膚が赤く炎症することがあります。
    根元の皮膚が炎症により盛り上がることによって、爪の甘皮部分と爪とが剥がれてしまうこともあります。

  • バイ菌が入り込みグリーンネイルになってしまうこともあります。

     

    手を清潔に保たなければ、爪のでこぼこだけではなく、グリーンネイルになってしまうこともあります。

    グリーンネイルの大半が爪が割れたり、炎症を起こして甘皮部分と爪とが剥がれてしまったものです。
    爪に傷があると、爪がでこぼこするだけではなく緑膿菌に感染してしまうことがあります。

    ネイルアートやネイルチップなどをされている方は、爪の表面が傷つきやすく、傷ついた部分から菌に感染してしまうこともあるので、常に爪は清潔に保つように心がけなければなりません。

  • 爪もみをする

  •  

    爪もみによる刺激によって副交感神経が活発になり、顆粒球を減らして、さまざまな体調不良の改善が可能になるといわれています。

    赤い点印の部分を反対側の手の親指と人差し指で両側からつまんで揉む。

    1日に2・3回を目安に行う。

  • 【おまけ】爪の縦しまは病気ではない

  • 縦しまの場合は「爪甲縦溝」(そうこうたてみぞ)という名称なのですが病気ではなく老化の一種、体のシワのようなものだと言います。目立つのは40代頃からです。なので40代頃から目立った場合はそれは病気ではありません。安心して下さい。
    出典 :爪でこぼこ縦-なにこれ!爪が縦にデコボコになってる!!
     

    しまが縦に入っているか横に入っているかチェック!

  • 爪のデコボコを防ぐには

     

    爪のデコボコを防ぐには、やはり身体の健康と爪のお手入れが基本です。

    栄養バランスのよい食事を取ることはもちろん、保湿をするお手入れ方法や、爪を噛む癖や爪の先を指先で押す癖がある方は、癖を治しましょう。

    爪が生えかわるのは、だいたい半年ぐらいからですので、爪のデコボコを治す期間は少なくとも半年以上は必要です。

    半年後の美しい爪を手に入れるためにも、これらのことを注意してしっかりとお手入れを続けていくとよいでしょう。