発症の原因が不明とされている【多発性筋炎】の【治療】はどのようにして行われているのでしょうか・・

【多発性筋炎】には色々な症例があり【治療】はその症例に応じて行われます。
筋肉に障害がある場合には安静にし、薬物【治療】が行われます。
食事の面でも、高タンパク、高カロリーな食事をするように指導します。

view495

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも【多発性筋炎】とはどんな病気なの?

  • 筋肉に起こる炎症などで、力が入らなくなる。

  • 主に頸部、肩、上腕、腹部、臀部、太腿の筋肉など、 身体の中心に近い骨格筋に炎症が起こる病気です。
    のどの周りの筋肉に炎症が及ぶと、 鼻声になったり食べ物が飲み込みにくくなります。
    筋炎以外の症状として、皮膚に紅斑が現れることがあります。その場合、皮膚筋炎と呼ばれるようです。
    10万人に一人の割合で発病すると言われ、男女比は1:2~3と女性有利(有利?!)
    原因はまだ不明で、未知のウィルス感染説や、体質遺伝説など様々な説が考えられています。
    発病はゆるやかで、初期症状は筋力低下、脱力感。
    上肢は挙上困難、下肢は歩行困難。
    発熱、筋肉痛、紅斑がでる、などが先行する場合もあります。

    出典 :膠原病・多発性筋炎とは
     

    男女比は1:2~3と女性有利(有利?!)・・・多分女性が有利ではなく、女性の方に多く発症するという事になります。

  • 【多発性筋炎】は膠原病の一つ

  • 膠原病の本当の原因 - YouTube

     

    色々な説がありますが、はっきりとした原因を早く知りたいですね。

  • 【多発性筋炎】の原因究明は?

  • 原因が判らないと治療薬の開発も難しい?

  • 一日も早い原因究明を大いに期待します!!

  • 【多発性筋炎】の【治療】はどのようにして行われているのか・

  • 【多発性筋炎】日常での注意点

  • この病気は、長期間、大量のステロイド薬を服用しなければなりません。
    ステロイドの副作用としては、感染症がおこりやすい、精神的に不安定になる、糖尿病・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・高脂血症(こうしけっしょう)・緑内障(りょくないしょう)・白内障(はくないしょう)を合併する、などがあります。
    その対策としては、発熱など、調子が変だと感じたら、ただちに主治医に相談して検査をしてもらうことです。
    食事療法としては、高たんぱく質でカルシウムが豊富な食事にし、脂肪分、糖分は、運動量に合わせてひかえめに(体重増加は禁物です)、が原則です。
    筋炎の回復期に、弱っている筋肉を過度に動かすことは禁物です。運動療法は、筋肉酵素の値をみながら、少しずつ行ないます。
    出典 :多発性筋炎/皮膚筋炎 とは - コトバンク