黄砂による健康被害!?危ない【黄砂】についてのまとめ

黄砂は健康にも影響があるのです
そんな黄砂についてまとめてみました

view380

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 黄砂は一体どこから

  • 「黄砂」とは、ご存知の通り「中国から飛んでくる砂やホコリ」が舞い降りる現象のこと。その発生源は、日本から遙か数千キロも離れた、中国西部のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠といった砂漠地帯。それらの砂漠地帯で発生する猛烈な砂嵐や上昇気流によって、空高く巻き上げられた砂やホコリが、偏西風と呼ばれるジェット気流に乗って日本に飛来します。
    出典 :黄砂と大気汚染|特集|eo健康
  • 大きな問題を引き起こす小さな粒子

  •  

    黄砂の存在を意識する方も増えていますが、日本に飛来する黄砂は、肉眼では確認できないほどの、非常に小さな粒子ということをご存知でしょうか。大きな砂粒のほうがよほど困りそうなものですが、実は、細かいからこそ深刻な問題を引き起こす原因となっているのです。

  • 実際には花粉症ではなく、黄砂の細かい粒子によって、身体への影響が出る「黄砂アレルギー」の可能性も少なくありません。花粉症と思われる症状が治まったにも関わらず、「涙や鼻水、咳が止まらない」「皮膚が痒い」といった状態が続くようなら、黄砂による影響を疑ってみましょう
    出典 :黄砂と大気汚染|特集|eo健康
  • 黄砂の健康被害は、咳、頭痛、鼻水、微熱、痰

  • 黄砂の飛散量は、中国に比べて非常に少ない日本ですが、日本に飛散してくる黄砂の粒子は非常に細かいので、健康被害は深刻です。
     その影響は、花粉症が少し悪化したり、鼻やノドがかゆくなる程度では収まりません。PM2.5の粒子は、肺の奥にまで到達し、傷つけられた肺組織から血液の中に流入して全身を巡り、重要な臓器も少しづつ傷めていきます。黄砂は、アルカリ性なので体内に吸着・蓄積されやすく、粘膜を傷つけやすい形状なので、年月がたてばたつほど、中国のように、人体に大きな影響が出ます。
     中国では、黄砂の影響で、病気になる人もいるほど。
     黄砂の中に、細菌や中国の大気汚染PM2.5も含んでいるため、肺部感染・心血管疾患・心筋梗塞・高血圧・脳卒中なども増えます。
     花粉症を悪化させる大きな原因は、花粉よりも、黄砂スモッグです。
    出典 :黄砂の健康被害
  • 黄砂の人体への影響
    咳・鼻水・くしゃみ
    気管支喘息の悪化、発作誘発
    花粉症の悪化
    発熱
    肺炎、気管支炎の発症および増悪の可能性
    目のかゆみ・充血
    アレルギー性結膜炎の悪化
    皮膚のかゆみ、湿疹
    接触性皮膚炎の発症、アトピーの悪化
    心臓疾患への影響
    出典 :2/2 アレルギーの悪化因子「黄砂」の対策法 [アレルギー] All About
     

    黄砂一つでここまで健康被害が出るのです
    マスクが売られている理由がしっかりとわかりますね

  • 黄砂に含まれる成分

  • 漠の砂ですが、化学組成的には アルカリ性を示す炭酸カルシウム(CaCO3)が10%以上です。また、鉱石として、石英、長石、雲母、カオリナイト、緑泥石などの粘土鉱物を含まれています。

    黄砂粒子を分析したデータによると、アンモニウムイオン、硫酸イオン、硝酸イオンなどが含まれています。これらの物質は、大気汚染の原因になっていると言われています。カビも含まれています。
    出典 :アレルギーの悪化因子「黄砂」の対策法 [アレルギー] All About
  • 黄砂対策

  •  

    実際に、非常に細かい黄砂の粒子が気道に入り、気道を刺激することで、喘息や気管支炎といった呼吸器系の病気を悪化させることもありますし、皮膚や衣類に付着した黄砂の粒子が皮膚を刺激することで、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を悪化させることもあります。喘息やアトピー性皮膚炎などの持病がなくても、アレルギー性鼻炎や結膜炎を発症する方も増えていることから、黄砂アレルギーへの十分な注意と対策は必要です。

  • 黄砂の飛散情報をチェックしましょう。
    花粉症のマスクではなく風邪のウイルスを通さないマスクを使う
    眼鏡、できればゴーグルタイプを使う
    黄砂の多い日には外出を控える。
    黄砂の多い日には洗濯物を外に干さず、部屋干しも1つの方法です
    黄砂の多い日には窓を開けずに掃除しましょう
    出典 :2/2 アレルギーの悪化因子「黄砂」の対策法 [アレルギー] All About
     

    ダニやカビアレルギーも気をつけておきましょうね

  • 飛散状況

  • 黄砂の健康被害は、東日本にも広がっています
     東海道線上では、浜名湖より東の地域は、日本アルプスが壁になるため、大量に黄砂が飛散する頻度が少なかったのです。そのため、東京・神奈川などが中心のメディアは、たまに東京に届いた時だけ、テレビで大騒ぎする程度でした。東京での被害が少ないことが、メディアで黄砂の問題を掘り下げていなかった理由の一つです。しかし、関東でも、地形の影響か、千葉県は黄砂の飛散が多く、最近は、関東地方にも飛散するようになってきました。
    出典 :黄砂の健康被害
  • PM2.5も話題になりました
    黄砂に交じっているので気をつけてくださいね!