ブライダルチェック費用あなたはどれくらいかかりましたか?相場は?

ブライダルチェックとは、「結婚の前後に受ける健康診断」のこと。それはどのくらいの費用になるのでしょうか。普通の健康診断との比較、一般的なブライダルチェック費用についてまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/01/25

view618

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ブライダルチェックとは?

     

    そもそも、普通の健康診断と何がちがうのだろうか?
    女性の場合は、妊娠、出産を考えた婦人科系項目が多い検査です。

    病院により細かい診察項目は異なるようです。
    異なる・・・ということは費用もことなるのでしょうか。

  • ブライダルチェック費用の相場

  • 結婚後、妊娠など産婦人科のお世話になることが増える女性ですから、しっかりとブライダルチェックを受けるのは大切なことと言えるでしょう。

    そのブライダルチェックの気になる費用ですが、大体3万~5万円が相場のようです。

    そもそも病気になって行くわけではないので、ブライダルチェックにかかる費用は保険が適用されません。

    検査項目の数や内容によっても、ブライダルチェックの費用は変わってきますので、ブライダルチェックを受ける産婦人科において確認をしておくとよいでしょう。

    出典 :ブライダルチェック 費用 - 性病検査は、急増している性病を防ぐ!
  • 保険が適用されることも?

  • 保険が適用になる場合もあり、事前にブライダルチェックにかかる費用について担当の医師と相談する必要があります。

    例えば、生理不順など月経に関わる異常に関しては、保険が適用になる場合が多いようです。

    生理不順を抱える人がブライダルチェックを受けたときに、費用が1万円もかからなかったトイパターンもあるようです。

    ブライダルチェックを受ける前に、担当の医師と項目をチェックし、どれを受けるのかどれは受けなくてもいいのかということを確認しておくと、費用も算出しやすくなるでしょう。
    出典 :ブライダルチェック 費用 - 性病検査は、急増している性病を防ぐ!
  • 自宅でもできる?

  • どうしても産婦人科や泌尿器科へ行ってブライダルチェックを受けるのがいやだという人もいるかもしれません。

    また、仕事の都合でなかなかブライダルチェックを受けに行く時間が取れないという人もいるでしょう。

    最近では、自宅で性病や感染症のチェックを行うことが出来るキットが販売されています。

    おりものや細胞を取って、専門機関に送り検査してもらうという方法です。

    自宅で行えるキットの費用は、検査する内容で異なってきますが、5000円前後が相場というところでしょうか。

    男性のブライダルチェックキットは、15000円ほど費用がかかるようです。

    しかし、やはり専門医に診てもらった方が、自分で検査をするよりも当然確実で安全といえるでしょう。
    出典 :ブライダルチェック 費用 - 性病検査は、急増している性病を防ぐ!
  • ブライダルチェック セルフキット

     

    STDチェッカー

  • 自分で自分の体液や唾液、血液を採取し、それらを郵送で送ってブライダルチェックを受けることになるようです。

    ブライダルチェックの費用は、検査内容によって異なります。

    セルシーフィットという検査キットを活用すると、12種類程度のブライダルチェックを受けることができて、費用は21000円になります。
    出典 :ブライダルチェックの費用相場:うっちーの健康や病気について書いていくブログ:So-netブログ
  • 受けたい項目で費用も変わる

  • Aコース 貧血や肝機能などを調べる血液検査+感染症検査
    (B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV、クラミジア) 15,000円
    Bコース Aコース+子宮頸癌検査+超音波検査
    (子宮と卵巣を詳しく調べます) 30,000円
    検査は痛みを伴わず、10~20分程度で終わります。  
    この他にも血液型、風疹検査などオプションで調べる事が出来ます。
    問診の際にご相談ください。
    約1週間後に来院していただき、検査結果を確認します。
    出典 :ブライダルチェック - 女性のための産婦人科|婦人科ガン検診・妊婦検診・不妊相談・更年期相談・人工妊娠中絶・性感染症 | 調布レディースクリニック
  • 費用:15,000円~(初診料込み)
    これにオプションを追加していく形となります。追加の検査を加えれば、もちろんその分高くなりますが通常2〜3万円程度です。保険は適応されないためすべて自費となります。

    基本 費用:15,000円
    (子宮癌検診)・内診・超音波検査(卵巣・子宮のチェック)・各種感染症の検査・一般検尿・血圧チェック
    感染症の検査には母子感染が問題となる風疹(抗体がなければ妊娠前に風疹のワクチンをうつことをおすすめします)、B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒、現在20〜30代で急増中の子宮頸がんの原因ウイルスであるハイリスクHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染の有無をチェックします。
    オプション1 費用:3,000円
    血液検査で貧血、肝機能、腎機能、電解質、血糖(糖尿病がみつかることがあります)、高脂血症(コレステロール、中性脂肪)などを調べます。1年以内に健康診断を受けておられない方におすすめです。
    オプション2 費用:8,000円
    主に月経/妊娠にかかわるホルモン検査と子宮内膜症の検査をします。
    生理痛のひどい方、生理の量が多くなってきたと感じる方、生理不順がある方などには是非受けて頂きたい検査です。
    オプション3 費用:5,000円
    性感染症およびおりものの検査です。性感染症で最も多く不妊症の原因にもなるクラミジアや淋菌、トリコモナス、カンジダなどを調べます。
    オプション4 費用:8,000円
    卵巣年齢(AMH)の検査です。AMHとは抗ミュラー管ホルモンの略でこれから育っていく卵胞がどのくらいあるかを調べる、つまり卵巣機能の予備能を判断する目安になります。
    出典 :京都 産婦人科|ブライダルチェック | 京都で出産 身原 産婦人科
  • 基本コース( 費用:20,000円 )
    (1)血液検査末梢血液検査
    赤血球や白血球、血小板など血液の状態を測定し、貧血や血液疾患の有無を確認します。

    血液型
    血液型をRh型も含めて測定します。

    感染症検査
    B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVウィルス・クラミジアによる感染の有無を確認します。
    特に、クラミジアは不妊症の原因となる可能性があり、重要な検査です。

    風疹抗体価
    風疹に対する抗体を持つているかどうかの確認をします。抗体がついていない場合には、今後風疹に感染する可能性があり、妊娠中の風疹感染は胎児に重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、ワクチシ接種をお勧めします。

    (2)超音波検査子宮・卵巣の状態を経膣超音波検査で確認します。子宮筋腫の有無、卵巣のう腫や子宮内膜症の有無を確認します。
    (3)子宮癌検診若年層でも頻度が非常に高くなっている子宮癌の検診です。
    子宮の出口から細胞を擦り取る検査ですが、それほど痛みが伴わない場合が多いです。

    基本コース+オプション( 費用:40,000円 )(1)血液検査生化学検査
    内蔵機能の検査です。肝臓、腎臓などの機能、電解質のバランスなどを把握し、病気の有無を把握します。

    内分泌ホルモン検査
    生殖機能に不可欠な女性ホルモンのバランスを確認します。

    腫瘍マーカー
    CA125という腹瘍マーカーを測定します。卵巣癌などの悪性腫瘍の可能性、また子宮内膜症の可能性もチェックできます。
    (2)尿検査腎臓・膀胱の機能を簡易的に確認します。
    (3)骨密度測定踵骨(足のかかと)を測定し、将来の骨粗鬆症のリスクを診断します。
    (4)細菌培養同定検査膣トリコモナス、細菌性膣炎などの細菌感染の有無を確認します。
    出典 :ブライダルチェック | 神奈川県藤沢市の不妊治療・産婦人科・乳腺外来 【 メディカルパーク湘南 】
  • 保健所で受けれる項目もある?

  • ブライダルチェックの項目の中には、保健所において無料で受けることが出来る検査もあります。

    例えば、HIVや梅毒、C型肝炎など採決で検査をすることが出来るものは、保健所で受けることが出来ます。

    また、プライバシーに関しても万全ですので、安心して受けることが出来ます。

    保健所において費用をかけずにできるチェックをした後、病院でしか受けることが出来ない
    ブライダルチェックを受けると、ブライダルチェックの費用を減らすことができるのです。
    出典 :ブライダルチェック 費用 - 性病検査は、急増している性病を防ぐ!
  • 信頼のおける病院で受けるのが一番の安心かと思いますが、何かと費用もかかる・・・とのことでしたら、セルフチェックや保健所などを利用するのもいいかもしれませんね。