長引く咳にご注意!それって風邪じゃなくてもしかして…

季節の変わり目は風邪にご注意!でもあまりに咳が長すぎる…これって本当に風邪なの??

view718

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咳が長引くアナタへ

  •  

    風邪だと思っていたけど、かえこれ数週間咳が止まらない。そんな方はいらっしゃいませんか?それはもしかすると他の病気の症状…。こんな病気を疑ってみてください。そしてすぐに病院へ。

  • < 喘息(せきぜんそく)>

  •  

    咳喘息は慢性的に咳が続く気管支の病気。一般的な喘息と同様、気道が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になるため、炎症や咳の発作が起こります。

  • 室内外の温度差や、たばこの煙を吸う受動喫煙、運動、飲酒、ストレスなどのほか、ホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるといわれており、患者数は年々増加しています。この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2~3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • 咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳(からぜき)が続きます。ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • 夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • 咳喘息は、喘息の前段階ともいわれています。咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • < 気管支肺炎 >

  •  

    肺炎の一種。ウイルス感染や、細菌感染が原因になります。一般的には発熱を伴うようですが、まれに咳や痰のみの症状が現れるようです。

  • 気管支肺炎の初期の症状は、咳や痰、発熱、喘鳴(ぜいめい、呼吸の際ゼーゼーなどの雑音を発する)などです。一般的に、ウイルスによるものは症状が軽く、細菌によるものは程度が強くなる傾向があります。また痰の様子は、ウイルス性では透明に近く、さらっとしていますが、細菌のものでは黄色くて、ドロッとしてきます。症状は次第に重くなり、全身症状を示すようになります。
    出典 :気管支肺炎の症状
  • 軽症、中等症で脱水のない場合は外来治療となりますが、中等症で脱水を伴う場合や重症の場合は、入院治療を行うことになります。
    出典 :気管支肺炎の症状
  • < 結核 >

  •  

    結核菌という細長い棒状の菌が、肺に感染してひきおこす慢性の炎症です。こちらも多くは発熱を伴うようですが、時に発熱し合い場合もあります。

  • 症状は、病巣の部位、広がり、程度によってさまざまで、無症状のこともありますが、大きく、呼吸器症状と全身症状とに分かれます。
    (中略)
    せきは、症状のある人の半分以上におこり、もっとも多くみられるものです。ほかに、たん、胸痛、血(けっ)たん、呼吸困難などもみられます。2週間以上続くせきは、とくに注意しなければなりません。
    出典 :肺結核 とは - コトバンク
  • 全身の倦怠感(けんたいかん)(だるさ)、発熱、体重の減少、寝汗(ねあせ)、食欲不振などがあります。発熱の多くは、午後の微熱です。ときに高熱もみられますが、寒けや震えはほとんどありません。結核は、激しくエネルギーを消耗する病気で、食欲不振よりも体重減少のほうが目立ちます。寝汗も、結核を疑わせる症状の1つです。
    出典 :肺結核 とは - コトバンク
  •  

    ハリセンボンの箕輪はるかさんが結核にかかったニュースは今でも記憶に新しいですよね。

  • < 百日咳 >

  •  

    百日咳菌という菌による感染症で、気道上皮細胞に付着して百日咳毒素をつくりだし、その結果激しい咳がでてしまう感染力の強い病気です。

  • 年齢に関係なく発症します。母親からの免疫が期待できないために乳児がかかりやすく、重症化しやすい傾向にあります。また、死亡者の大半を乳児が占めています。成人でもかかることがありますが、これは小児期に受けた百日咳ワクチンの効果が歳とともに弱くなり感染すると考えられます。
    出典 :大人にも急増中! 咳が止まらなければ百日咳かも。 | Woman.excite ライフプランニング
  • 普通の風邪症状で始まります。次第に咳の回数が増えて程度も激しくなります。
    出典 :大人にも急増中! 咳が止まらなければ百日咳かも。 | Woman.excite ライフプランニング
  • 作時には顔面紅潮や青紫色になるチアノーゼになり、短く激しい咳がコンコンと連続的に起こり、その後に笛声(ヒュー)を伴う深い吸気となります。夜間に咳が多く、咳の発作と発作の間は異常がないこと、咳に嘔吐を伴うこと、熱がないことが特徴です。眼の充血、鼻血を伴うこともあります。
    出典 :大人にも急増中! 咳が止まらなければ百日咳かも。 | Woman.excite ライフプランニング
  • 成人ではせきが長期間続き、せきのし過ぎが原因で肋骨を骨折する人もいます。
    出典 :大人にも急増中! 咳が止まらなければ百日咳かも。 | Woman.excite ライフプランニング
  • < 肺がん >

  •  

    まさか…と思われますが、咳は肺がんの症状のひとつ。初期段階に見られる症状には「咳、痰、胸の痛み、発熱」といったものがありますが、早期の肺がんの場合はそれぞれの症状の程度が軽く、総合的にみると風邪の症状に似通ったものになります。

  • 早期の肺がんで出る症状として、最も多いのが「乾いた空咳」です。この咳は軽い風邪の時に出る咳と非常に似ており、区別がつきにくいという特徴を持っています。ただし、肺がんの症状としてでる咳は、風邪の咳と異なり継続して長期間で続けるという性質があります。
    出典 :肺がん特有の咳(せき)症状 | 肺がんのき・ほ・ん
  • 風邪の場合は安静にしていれば自然に治るため数日~数週間で咳が止まりますが、肺がんは適切な治療を受けない限り悪化していく一方です。そのため「放っておくとずっと咳が続く」ということになるのです。
    出典 :肺がん特有の咳(せき)症状 | 肺がんのき・ほ・ん
  • 風邪でもないのに一ヶ月以上咳が続くといった症状がみられた場合、すぐに「肺がんでは!?」と焦る方がいらっしゃいます。しかし、空咳が長く続く病気は肺がん以外にも存在しますので、まずは落ち着いて自分の身体の状態をチェックしましょう。
    出典 :肺がん特有の咳(せき)症状 | 肺がんのき・ほ・ん
  • 「すぐに治る!」と油断していると、大きな病気につながってしまうこともあります。「怪しいな」と思ったらすぐに病院へ。しっかり検査しましょう。