美容にいい豆乳にも正しい飲み方があった!

豆乳を飲めば美肌になると思っていませんか!?
美容と豆乳の微妙な関係を調べてみた☆

view4381

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 豆乳は美肌に必要である!?

  • 豆乳=身体に良いと言うのは、実は早合点かも知れないということをご存知ですか?イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに構造が似ているので、美肌の為には必要と言われています。

    ただ、摂取することは非常に大切なことなのですが、果たして豆乳を飲み続けて良いのでしょうか?体内で本当にホルモンとして機能してしまったら、女性の生理周期に影響を及ぼすのではないでしょうか?そのような点から、大豆イソフラボンを摂取する時に注意するべき点をご紹介します。
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • 女性ホルモンと美肌の関係

  • 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つの種類があります。美肌や健康のためには、この2つがちょうど良くバランスが取られていることが大切です。ということで、エストロゲンとプロゲステロンについて詳しく見て行きたいと思います。
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • 1.エストロゲン(卵胞ホルモン)

  • まず、エストロゲン・卵胞ホルモンは排卵に関わるホルモンです。卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい体つきを作り出します。更年期になると排卵がなくなるので、分泌されなくなります。分泌が減少して不足すると身体のバランスが崩れて、肌にハリが無いとか胸にも自信がなくなり重力に耐えられなくなるのです。

    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • エストロゲンが多く分泌されている時期には、心身共に体調が良くなったり、集中力もupすると言うワシントン大学の研究結果もあります。また、エストロゲンが多く分泌される時期は、やる気が出やすい時期と言われていて、ダイエットや運動の効果も出やすくなります。このようにお肌のハリつやにも、そしてダイエットにも重要なホルモンなのです!
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • 2.プロゲステロン(黄体ホルモン)

  • 次にプロゲステロン・黄体ホルモンは、女性の生理に関わるホルモンです。子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達などを促します。妊娠すると常に分泌されるようになります。また、血糖値を正常にして体脂肪を減らすなどの働きもあります。
    出典 :彼氏にも読ませて!美肌づくりにはスキンシップが必要(Life & Beauty Report) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - livedoor ニュース
  • プロゲステロンが分泌されている時期は、体が疲れやすくなり、精神的に不安定イライラしがち。水分を溜め込みやすくなるのでむくみが出て、大腸の蠕動(せんどう)運動が低下しするので、便秘になりがちです。便秘も影響し、お肌の調子も乱れます。
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • 大豆イソフラボンが重要な理由

  • 生理中は、エストロゲンもプロゲステロンも同じようなバランスで分泌されますが、生理が終わるとエストロゲンが優位になります。そして、次の生理の前になるとプロゲステロンが優位になりるのです。生理前にイライラするのは、このプロゲステロンというホルモンが要因となり、PMS(月経前症候群)を迎えるのです。
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • PMS(月経前症候群)は、症状は人により千差万別で、イライラしたり腹痛がしたり、疲れやすかったり、便秘がちになったりなどの症状が出ます。この悩ましいPMSに対しては、エストロゲンに似た大豆イソフラボンを積極的に摂取するということが効果的と言われています。
    出典 :その飲み方合っている?美容と豆乳の微妙な関係【前編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • 思わぬ落とし穴とは

  • 三宅婦人内科医院の「ちょっと専門的ですが」によると、

     

    ダイエットには、エストロゲン優位な時期が良い事はお分かり頂けましたね?しかし、月経がある女性とすでに閉経している女性ではイソフラボンの作用は異なるのです!閉経している女性では、当然女性ホルモンであるエストロゲンがないので、食べ物に含まれている植物性ホルモンであるイソフラボンは女性ホルモンとして作用します。

    しかし、月経がある女性では、卵巣から女性ホルモンが分泌していますので、女性ホルモンより作用の弱いイソフラボンは女性ホルモンと競争する形になり、むしろ女性ホルモンとは逆に作用してしまい月経がある女性のイソフラボンの摂りすぎは、月経不順などを引き起こします。つまり、過剰に大豆イソフラボンを摂取すると血中ホルモン値が変動したり、月経周期が延長するのです。

    http://www.miyake-clinic.gr.jp/senmon/menu.htm

  • 大豆イソフラボンの摂取量の目安とは?

     

    1丁の豆腐(300g)を食べると約60~70mgのイソフラボンを摂ることになるのです。アメリカのFDA(食品衛生局)では1日約40mg(豆腐半丁)の摂取が望ましいとしています。
    また、日本の内閣府の食品安全委員会が2006年12月にまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70〜75mgとし、そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいとしています。


    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/

  • 私たちが摂るべき量は?

     

    豆乳100gに含まれるイソフラボンは 24.8mgです。コップ一杯の豆乳を飲む場合200mlですから49.6mgとなります。つまり一杯の豆乳だけで摂取量の半分以上を摂ることができます。
    豆乳だけでは飲みにくい場合、きなこやはちみつを加えて飲まれる事が多く,きなこ大さじ1杯が7gなので、18.6mgのイソフラボンが摂取できます。つまりきなこ豆乳ドリンクの場合であれば、一杯で68.2mgとなり、ほぼ1日分の量を摂取する事になります。

    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/

  • そもそも日本では、豆腐や納豆をはじめ、みそ・しょうゆといった調味料に至るまで伝統的な食事で大豆を使ってきましたが、下記に代表的な食材とイソフラボンの量を記載してみました。
    つまり、和食中心の生活をしてさえいれば、通常の食事で大豆イソフラボンを十分に摂取できるのです。
    出典 :その飲み方合っている? 美容と豆乳の微妙な関係【後編】 | Life & Beauty Report(LBR)
  • <イソフラボンが含まれる代表的な食品100g中に含まれる量>

  • 家庭にある食べ物で気軽に摂取できます☆

  • みそ  49.7g

     

    通常は一杯18gなので、8.95mg






    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/

  • 豆腐  20.3g

     

    一丁は300gなので、60.9mg






    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/

  • きなこ  266.2g

     

    大さじ1杯が7gなので、18.6mg






    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/

  • 納豆  73.5g

     

    一パック約50gなので、36.75mg







    http://lbr-japan.com/2013/02/18/5179/