妊娠線はどうしてできるの? 妊娠線の原因と予防法まとめ

妊婦さんならみんな気になってしまう妊娠線。
どうしてできるのでしょう?
予防法は?
そんな疑問についてまとめました。

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    妊娠と同時に気になってくるのが妊娠線についてではないでしょうか。妊娠線は妊婦さんのうち、およそ半数程度に現われてくるという報告もあります。個人差はありますが、お腹が大きくなりはじめる妊娠5ヶ月頃からできることが多いようです。しかし最近はスキンケアによる予防や対策がとれるので、焦ることはありません。まずはメカニズムから見てみましょう。

    http://www.skincare-univ.com/article/000019/

  • 妊娠線の原因は2つあります

  • 妊娠線のできる原因は大きく分けると2つあります。まずは皮膚の急激な伸び。妊娠中は体重も増加し、ヒップやバスト、そしてお腹も大きくなります。皮膚の表面は一緒に伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけません。そのためコラーゲンや弾性線維に断裂が起こり、赤紫色の線状斑が現われるのです。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
  •  

    急激に皮膚がのびて真皮内のコラーゲンが切れてしまいます

    引用)
    http://www.skincare-univ.com/article/000019/

  • もうひとつの原因はステロイドホルモンの影響です。妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増加しますが、このホルモンには肌の弾力を失わせる働きがあります。皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっています。しかしこのホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。

    ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが弱くなってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
  • 場所としては、下腹部や乳房、太ももの付け根、おしりなどが多いようです。原因は、妊娠中の体形変化や体重増加ですから、妊娠中に起こる自然現象として、ある程度は受け入れるしかありません。避けてしまった箇所の細胞は死んで線維化します。初めはピンクや紫色をしていますが、茶色っぽい色に変わり、やがては白っぽくなります。
    出典 :妊娠線を残さないための予防とケア方法 | スキンケア大学
  • お手入れ方法と気をつけるポイント

  • 近年は妊娠線についての情報も多くなり、多くの妊婦さんが積極的にお手入れをするようになったため、妊娠線が現われなかったという妊婦さんも少なくありません。

    効果的な予防方法としては、まずは体重のコントロールがあげられます。あまり急激に体重を増やしてしまうと、真皮の伸びは追いつきにくくなるので、お医者様からの体重指導に従うことが妊娠線の予防につながります。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
  • 妊娠線のケアはお腹が大きくなり始めるころからスタートさせたほうがいいのですが、臨月に入っても忘れずにケアを続けましょう。出産前の一週間は妊娠線が最もできやすく、特に自分では見えないお腹の下側にできてしまう人が多いようです。しっかりケアしていたはずの妊娠線が、出産後に現われた!ということがないように、最後までケアをおこたらず、下側などの見えにくいところのお手入れもしっかり行ないましょう。
    出典 :妊娠線ができるメカニズム | スキンケア大学
  • 妊娠線の予防・ケア

  • 一度できてしまうと厄介な妊娠線ですが、予防策があります。時期としては、つわりが終わり、食欲が湧いてきて急激に体重が増加し始める前です。直接的な予防策としては、妊娠線専用クリームで保湿ケアをすることです。保湿が目的ですから、必ずしも妊娠線専用のものにこだわる必要はなく、ボディークリームや顔用のクリームでもいいでしょう。そして、食事の栄養バランスや食べ過ぎに注意し体重をコントロールしていくのも有効果的です。妊娠中の体重増加は+8~+10kgが目安と言われています。
    出典 :妊娠線を残さないための予防とケア方法 | スキンケア大学
  • 妊娠線ができてしまったら?

  • 一方で、妊娠線ができてしまった場合は、妊娠線専用クリームを使ったケアがよいでしょう。保湿に加えて真皮のコラーゲン生成を促進するなどの効果が期待できるものもあります。根気よくケアを続けていけば、薄く目立たなくできるかもしれません。
    出典 :妊娠線を残さないための予防とケア方法 | スキンケア大学
  • キャリネス ボディクリーム

     

    2児のママである美容皮膚科医が開発した妊娠線ケアクリーム。マッサージ不要で、妊娠線ができる真皮にまで届くシラノール誘導体、保湿力の高いスクワラン、ヒアルロン酸Na、ホホバ油などを配合。のびが良く保湿力が持続すると評判です。

    引用)
    http://www.stretchmark-crm.net/

  • スキンクリームマドンナ

     

    18年のロングセラーを誇る妊娠線予防クリーム。マッサージ不要で全身に使え、産後のスキンケアや赤ちゃんの保湿にも使用できます。

    引用)
    http://www.stretchmark-crm.net/