理解して使おう!カラコンの危険性

今やおしゃれの必須アイテムとされているカラコン。しかし危険も伴うことを理解しておこう。

view852

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カラコン?
     

    知らない人のためにちょこっと紹介!

  • 「カラコン」は、「カラーコンタクトレンズ」の略称で、一般的な「透明」のレンズではなく、レンズに着色が施されているコンタクトのことです。これを装着することで、眼球に「ブラウン」や「ブルー」などの色彩を持たせたり、あるいは黒目を大きく見せるなどが可能になるんですね。
    出典 :「カラコン」とは?|カラコンの基礎知識 -危険はあるの?-
     

    白目を大きくするものも登場していますよね。

  •  

    瞳の色でイメージはガラリと変わる!

  • カラコンの危険

  • カラコンとか怖くてできない
     

    やはりみなさんカラコンに対して恐怖感を抱いているよう…。

  • カラコンいれたーいけどこわーいからしなーい
    青と赤、片方ずついれたいね
     

    青と赤、片方ずつは奇抜ですね。

  • カラコンの多くは韓国製、台湾製、シンガポール製で、それらの国は進化したコンタクトレンズを作る技術も特許もないため、カラコンで使われている素材は日本の透明なレンズでは今や使われていない古い素材で作られているのです。
    その認識と実態のギャップが多くのカラコン被害者を生んでいる原因となっているようです。
    出典 :ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : カラーコンタクトレンズ(カラコン)はこれだけ危険。その理由と、トラブルを起こされた方の写真です。
     

    日本製ではないのだ!

  • 韓国製カラコンが危険 - YouTube

     

    これは恐ろしい。

  • カラコンはコンタクトレンズと比べて目が酸欠状態になりやすい。
    カラコンは、コンタクトレンズと違い、レンズの間に色素がはさんであるため、普通のコンタクトレンズより
    目に酸素が眼にいきにくくなっています。ですから、普通のコンタクトレンズより眼が酸欠状態になりやすいのです。
    その為、長時間のつけっぱなしや手入れを怠ると眼への負担がコンタクトレンズよりでてきます。
    出典 :カラコンの危険と安全に利用するためには
     

    目にも酸素が必要!酸欠は非常に目に悪い!

  • カラコンはコンタクトレンズと比べて眼に傷を残しやすい。
    レンズの内側(眼に接する側)にプリントされているものもあり、それにより眼を傷つけてしまうこともあります。
    さらに、カラコンは、汚れやすいうえに、色があるこにより汚れにもきずきにくい為、眼に傷を残してしまいます。
    出典 :カラコンの危険と安全に利用するためには
     

    目に傷がつくのは怖いですね。

  • 安全なカラコン

  • カラコンは「度なし」でも「度あり」でも、視力補正用の普通のコンタクトレンズと同じように、医療機器として扱われることになりました。

    医療機器としての安全基準をクリアしているものなのかどうかをチェックするには、高度管理医療機器の承認番号の記載があるかどうかを確認してみて下さい。

    法律による安全基準をクリアしたカラコンであれば、この承認番号の記載があります。
    出典 :カラコンて危険なの?安全なカラコンを買うには?
     

    承認番号を見ればいいのですね。

  • カラコンには色々な製法があるって本当?

  • 実はカラコンの製法には様々なものがあり、主なものは以下の4つです。

    ■キャストモールド製法
     カラコンの素材と着色料を機器に入れ圧力をかけ形作る製法。
    ■サンドイッチ製法
     目の虹彩にあたる部分に着色し
     その部分にまたレンズを被せて、着色部分を閉じ込めることにより安全性を確立。
    ■セミキャストモールド製法
     レンズの外側を染料で着色しそれを特殊ポリマーにて覆う製法。
    ■スピンキャスト製法
     回転する皿状の窪みに液体のソフト素材を流して遠心力で成形する方法。
    出典 :カラコン 危険≪韓国カラコンは危険!≫
     

    こうやって見るとちょっと怖いかも…!

  • 製法の違いによるメリット、デメリット

  • キャストモールド製法とは?

    この製法はは、カラコンのレンズをどうにか薄くできないかと考え、作り出された新しい製法です。サンドイッチ製法のように2枚のレンズを合わせるのではなく、レンズの原料と色素を混合して“型”に入れてレンズを鋳造するというものです。

    この製法では、レンズの原料に色素を混ぜ込むので、薄くて柔らかいレンズを作ることができます。ただし、レンズが薄い分、傷がつくと色素が直接瞳に触れる危険があるため、「安全」という点ではサンドイッチ製法のほうが優れているとされています。

    とはいえ、レンズの洗浄をきちんとしたうえで丁寧に扱い、正しい装着方法を守って使用すれば、こうしたトラブルが発生する確率は極めて低いので、どちらの製造方法でも問題が生じることはなく、安全性の高い製法だと言えます。
    出典 :レンズの製造方法と安全度|カラコンワンデーランキング.jp
     

    色素が直接瞳に触れるのは危険すぎますね。

  • サンドイッチ製法とは?

    レンズとレンズの間に色素(着色料)を挟み込む製法のことで、色素が瞳に直接触れることがないので、もっとも安全性の高い製法です。

    ただ、この製法では2枚のレンズを合わせて1枚のカラコンを作っているので、やや厚くなってしまう為に、人によっては違和感が出たり、目が乾燥したり、あるいはレンズが目に張り付いてしまうといったトラブルの原因になります。

    ただ、最近では製造技術が向上したことで、サンドイッチ製法のレンズでもかなり薄くて柔らかいものが多くなってきたので、目のトラブルが起きることはほとんどなくなりました。
    出典 :レンズの製造方法と安全度|カラコンワンデーランキング.jp
  • セミキャストモールド製法とは

    「セミキャストモールド製法」は、レンズの外側を着色料で染めて、その上から特殊なポリマー素材で覆う製法です。この製法では、着色料が直接目に触れる危険もなく、薄いレンズを作ることができます。
    出典 :レンズの製造方法と安全度|カラコンワンデーランキング.jp
  • スピンキャスト製法とは

    「スピンキャスト製法」は、レンズを回転する機器の上で作る製法で、遠心力を使ってレンズを円形に仕上げます。回転中にレンズ素材に色素を流し込むので、出来上がったレンズの中に色素が入り、目に直接触れることはありません。

    「セミキャストモールド製法」と「スピンキャスト製法」は、どちらも安全な製法なので、基本的には問題ありませんが、ごく稀に不良品が混入していることがあるので注意が必要です。
    出典 :レンズの製造方法と安全度|カラコンワンデーランキング.jp
     

    コンタクトレンズを作るのに、遠心力を使っていたのですね!

  • あまり言葉で記載をしても、製法のイメージがしにくい部分もあろうかと思いますが
    結局一番安全なのはサンドイッチ製法で、次にセミキャストモールド製法。
    キャストモールド製法やスピンキャスト製法も基本的には全く問題ないのですが
    ごくごく稀にある不良品によって着色料が溶け出し
    それが目に直接触れてしまうことによって炎症の元となる場合があります。
    出典 :カラコン 危険≪韓国カラコンは危険!≫
     

    サンドイッチ製法が最も安全なのですね~。