知覚過敏の予防対策法・治療法

冷たいものを飲食したり風があたったりするだけで「歯がしみる」と感じる症状がみられる知覚過敏。
そのまま放置しておくと歯の神経を取らなければならなくなるその病気の治療法とは?

view463

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯と歯茎の間を強く磨きすぎると歯が削れやすいです。

  • タイミングに気をつけて毎日歯磨きをしましょう。

  • 中高年だけでなく若者でも知覚過敏になりやすい人はなりやすいから気をつけましょう。

  • 歯ぎしりをしてしまう人は多いけれどカバーなど治療法はあります。

  • 入れ歯の人は長年その入れ歯を使っているとすり減って階合わせが悪くなろ知覚過敏になりやすいです。

  • 部分入れ歯の人は知覚過敏になりやすいから気をつけて!

  • 歯の神経がなくなるとか考えられない!

  • ガムはキシリトールがおすすめ!

  • きれいな歯を目指そう。

  • しみるのは痛いですね。

  • ガムを噛めば脳の活性化にもなるしいいね!

  • 歯磨きのタイミングが重要なんて知らなかった。

  • 知覚過敏にならないように頑張りましょう。

  • 歯は普通熱さと冷たさに耐えられるものなので、それが耐えられずにしみてしまうというのは異常なことなのですぐに歯医者さんに行きましょう。

  • 歯磨きの仕方、タイミングが大事で歯医者さんに行ってきちんと診断し、正しい歯磨きの仕方を学ぶべきです。

  • 知覚過敏の方の歯磨きの注意として、すぐに磨かない方がよい。むしばのリスクが高い方は早く磨いた方がよいが、30分ぐらいで磨く方が無難。時間がない方はガムをかんだり水で口をすすぐのでも大丈夫だがなるべく磨いたほうがよい。

  • 知覚過敏にならないための歯磨きのタイミングとして特に中高年はすぐに磨くのは要注意。それは口の中の参加が進み、中和されるまで歯は参加され、やわらかい状態のためすぐ磨いてしまうと歯を傷つけてしまう。そのため食後30分ほどで歯をみがいたほうがよい。

  • 知覚過敏の予防として、歯磨きのタイミングが大事です。食後何分以内に磨くのかという男女の調査をしたところ、5分以内に磨く人がほとんどです。

  • 知覚過敏の原因は、象牙がむき出しになってそこにカスや歯磨きによって削られた歯の粉が入ると
    しみてしまうことです。そのため、その部分を埋めてしまえば痛くなくなります。原因を突き止める
    ためにすぐに歯医者さんにいくことをおすすめします。

  • シュミテクトハミガキは、知覚過敏で歯がシミるのを防ぎます。ハミガキはもちろん、ハブラシ、デンタルリンス、フロスと幅広い製品をご用意しています。シュミテクトは、知覚過敏によるシミる痛みなどの不快感におすすめです。

    出典 :知覚過敏?ひょっとすると酸蝕歯かお。歯がシミるのを防ぐシュミテクト
  • 知覚過敏の治療法

  • 知覚過敏がどれほどで治るのか?は、知覚過敏の原因、症状の程度、個人差などがありますので一概には分かりませんし、治療方法も歯科医によって異なる場合がありますのでどのような治療が行われるかも分かりませんが、基本的には知覚過敏となっている原因を取り除く治療、具体的には知覚過敏と診断された場合、以下のような治療法が行われます。

    知覚過敏かな?と思ったら、1日も早く歯科医に行って診察を受ける事が大切ですが、忙しい人にとってはなかなか歯医者さんに行く事もできないかもしれません。そんなときに自宅で試したいのが『知覚過敏用歯磨き粉』です。

    歯科医で知覚過敏と診断された場合、まず選択されることが多い治療法が『薬の塗布』です。


    知覚過敏はエナメル質が傷つき削れ、象牙質が露出し、象牙質に刺激が加わる事で「歯がしみる」症状へ繋がるため、露出した象牙質を薬で覆う事によって外部からの刺激を遮断し、「歯がしみる」症状を抑える効果が期待できるのです。

    知覚過敏の最も大きな原因の1つが「歯ぎしり」ですので、歯ぎしりが原因で知覚過敏になっていると思われる場合は当然、歯ぎしりを治さない限り知覚過敏も治りません。


    しかし歯ぎしりの原因は「不安・疲れ・ストレス」などさまざまなことが考えられ、それらを解消すること自体、現代社会で生きる人たちにとっては容易ではありません。


    そこで歯ぎしりを直接、治す事はできなくても、『ナイトガード(マウスピース)』という歯をカバーする器具を使用し、歯ぎしりによるエナメル質、歯周組織の破壊を防ぐ治療が行われます(長期間ナイトガード(マウスピース)をすることによって、歯ぎしり自体を治す効果も期待できるとされています)。


    歯周病などの歯周疾患が原因で知覚過敏が起こっている場合は当然、その歯周疾患を治さなければ知覚過敏も治りませんので、知覚過敏の治療と併せて歯周疾患の治療が行われます。


    知覚過敏などの痛みがひどい場合など、「消炎鎮痛剤」を内服する事によって歯のしみ、痛みを抑える治療が行われます。ただ消炎鎮痛剤を内服するのは一時的に痛みを抑えるだけですので根本的な解決にはならないため、当然、他の治療法と併せて行う事が普通です。


    昨今、さまざまな医療にレーザー治療が用いられており、虫歯、歯周病などの歯周疾患も同様にレーザー照射による治療が行われています。


    知覚過敏の場合、露出した象牙質にレーザーを照射することによって、象牙質に加わる刺激を象牙細管に伝わらないようにし、歯がしみる症状を軽減、または完全になくすことが期待できるのです。


    知覚過敏の場合、上記のような治療が行われますが、それでも知覚過敏が治らなければ最悪、「神経を抜く」ことを選択するしかない場合もあります。
    さまざまな治療を行っても改善の見込みがない場合など、歯の神経を抜くことによって、歯のしみ、痛みを感じないようにするのです。


    出典 :知覚過敏の治療・治す方法
     

    歯の神経を抜くという治療法は最悪の場合なのでそこまでならないうちに治療をすませることが重要です。