乳幼児は要注意!RSウイルス【感染症】は冬季に流行する呼吸器感染症です!!

小さなお子様をお持ちのママさん、パパさん、RSウイルス【感染症】をご存知ですね。
これからの冬の季節に流行します。
一度感染すると、その後も一生感染を繰り返してしまう厄介な【感染症】です。
是非とも阻止しなければなりません。
パパやママは乳幼児の鼻汁や咳には敏感になってあげて下さいね!

view317

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • RSウイルス【感染症】を知ろう!

  • RSウイルス感染症をご存知ですか? - YouTube

  • 大人も注意!・・・RSウイルス感染症

  • 乳幼児ばかりが感染するとは限らない!

     

    RSウイルス感染症は乳幼児の病気と考えがちですが、どっこい大人も感染するのです。
    しかし、症状は乳幼児が感染した時のように酷くはなりません。
    通常は風邪かな・・という程度です。
    しかし、抵抗力が弱くなっている高齢者が感染した場合には、充分なケアが必要です。

  • RSウイルスの感染ルートはどこだ?

  • RSウイルスは目や鼻、口の粘膜から感染

     

    赤ちゃんは何でも口に持っていきます。
    オモチャなど、赤ちゃんの周囲においてあるものはアルコールティッシュで消毒しましょう。
    家のなかに風邪気味の方がいれば、咳をした時につばや鼻水がなどが飛ばないように、家のなかでもマスクをして下さい。

  • RSウイルスに予防接種はあるの?

  • RSウイルス赤ちゃん症状子供大人薬予防治療法 - YouTube

  • マイコプラズマ肺炎と間違いやすいRSウイルス感染症

  • マイコプラズマ肺炎との違いは?

     

    マイコプラズマ肺炎は細菌(微生物)で感染し、RSウイルス感染症はウイルス感染。
    また、マイコプラズマ肺炎には有効な薬がありますが、RSウイルス感染症は今のところ有効な薬が無い。

  • マイコプラズマ肺炎 RSウイルス感染症 Mycoplasma and Respiratory syncytial virus

  • そもそも感染症ってなんだ?