「食後に寝ると牛になる」?格言の本当のところを検証しよう!

食べたあとに寝ると太ると言われたことがありませんか?昔からある格言は本当なのか、食後に眠くなるメカニズムを調べてみました。

view311

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ食後は異常に眠くなるのでしょう?

  •  

    とにかく一杯食べたあとなど、食後は眠くて眠くてしょうがなくなりませんか?

  • 眠くなる状況というのは、本能的に体が睡眠を欲していることに他なりません。

  • 「昼食の後の午後は急激な眠気に襲われるし、イライラするし、何か変だ…」「眠気と低血糖が関係あるって聞いたけど、どうすればいいんだろう…」あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

    食後の眠気や午後のイライラは、食事による一時的な低血糖及び高血糖によって引き起こされています。これらは、「食の改善」を行うことで解消することができます。
    出典 :食後の眠気は一時的な低血糖が原因?!食後の急激な眠気の原因と対策方法 | iGotit
     

    血糖値の急激な変化が眠気のスイッチを強烈に押してくるみたいですね。

  • 食後は、体が食べたものを消化するために、すいぞうががんばってインシュリンという酵素を出しています。

  • おなかいっぱい食べると、すいぞうが頑張って疲労してしまい、その疲れが眠たさにつながるようです。

  • 食後の異常な眠気は、「インシュリン」の分泌量の乱れによって起こります。

    食後は、食事によって摂取された糖質により、多くの人は血糖値が上昇します。血糖値が上昇している間は高血糖の状態であるため、多少の程度の違いはありますが、身体のだるさや眠気が起こります。正常であれば、およそ3時間程度でもとの血糖値に戻るため、食後も時間が経過するにつれ、眠気やだるさも取れていくでしょう。
    出典 :食後の眠気は一時的な低血糖が原因?!食後の急激な眠気の原因と対策方法 | iGotit
     

    頑張りすぎると眠くなるのは、食事もスポーツも同じみたいですね。

  • 特にすいぞうが弱い人は、普通の人よりさらに負荷がかかるので、異常な眠気をもたらすみたいです。

  • 体内に摂取された糖質は、インシュリンというホルモンによって、細胞内に取り込まれていき、エネルギー源となります。しかし、インシュリンの分泌量が乱れている場合、糖質を過剰に細胞内に取り込んだり、逆に全く取り込めないという状態になります。その結果、低血糖や高血糖となり、異常な眠気を引き起こす結果となるのです。
    出典 :食後の眠気は一時的な低血糖が原因?!食後の急激な眠気の原因と対策方法 | iGotit
     

    眠たいときは、素直に寝てしまった方がいいかもしれません。無理に睡眠欲に逆らわないほうが…。

  • では、その異常な睡眠欲をどうやってコントロールすればいいのでしょうか?

  •  

    どうしても動かなければならないときってありますよね?

  • 具体的な方法は、食事の内容を改善することです。

  • 食後の一時的な低血糖及び高血糖による眠気を改善するためには、「食の改善」を行うことが必要です。

    食の改善を行うことにより、インシュリンを分泌する器官である膵臓への負担が軽減され、正常なコントロール機能を取り戻すことができます。

    食の改善を行うためには、「食事内容」「食生活」「食事方法」を見直す必要があります。
    出典 :食後の眠気は一時的な低血糖が原因?!食後の急激な眠気の原因と対策方法 | iGotit
     

    あなたの食生活を、もう一度解体・分析してみましょう。

  • 具体的に実行できるのは、下記の内容です。

  • 人工的に精白されている白米や白いパンを、玄米や玄米パンに変える

    ご飯やデザート等の炭水化物や糖質が多く含む食べ物は、昼食と夕食は控え、代わりに肉や魚などのタンパク質を中心に食べる

    食物繊維の多いレタスなどの野菜を食事の最初に食べ、血糖値の上昇を緩やかにする

    チョコレートやスナック菓子等を食べないようにする

    缶コーヒーや清涼飲料水を控える
    出典 :食後の眠気は一時的な低血糖が原因?!食後の急激な眠気の原因と対策方法 | iGotit
     

    そんなに難しいことではないと思います。明日から実践してみてはいかがでしょう?