【雪のような白肌】冬から美白ケア!

紫外線のこと忘れてませんか?この季節も油断すると日焼けの危険が!今からしっかりケアして雪美肌になりましょう。

view917

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ウィンタースポーツでも注意して!冬の日焼け

  • 冬でも紫外線は降り注いでいる!

     

    冬は紫外線の弱い季節ですが、紫外線は1年中降り注いでいます。街中であればSPF10~20くらいの日焼け止めを塗っていれば大丈夫。でもスキーやスノボで雪山に行く時は要注意です!!楽しいからと夢中になっていると後で後悔するかもしれません。

  • ウィンタースポーツを楽しむ雪山は、「標高が高い」「空気が澄んでいる」「あたり一面真っ白な雪の反射」と三段構えで紫外線がたっぷり。
    出典 :今こそ美白チャンス!冬の乾燥肌・紫外線対策 [肌の悩み・対処法] All About
     

    帽子、フェイスマスク、ゴーグルなどは、冷たい外気から肌を守る他に、紫外線対策でも一役買ってくれそうです。冬のレジャーシーンには、夏同様にSPF30くらいの日焼け止めを目安にしてください。ゴーグルやサングラスの跡が、パンダのように顔にくっきり…なんてことにならないように、ムラなく塗って、汗をかいたら塗り直す。夏の海に行くのと同じですね。

  • 秋・冬の紫外線対策(UVケア)
    出典 :美白化粧品徹底比較!おすすめはこれ!
     

    冬の代表的な肌トラブルである「乾燥」は、肌のターンオーバーを乱しますし、メラニンの排出が滞る原因にもなって、シミを定着させてしまうこともあります。 季節をとわずいえることですが、肌のターンオーバーを促進させて、肌の新陳代謝をスムースに行うには保湿が重要です。冬もくすみのない肌の透明感を保つためには、 十分な潤いが必要になるということです。

  • 美白になるためのポイント4つ

  • 1)洗顔

     

    クレンジングと洗顔をしっかり行い、メイクや皮脂汚れを落とすことが肝心です。クレンジングでメイクを落としたら蒸しタオルで顔を覆うと毛穴が開き汚れが浮き上がります。
    洗顔は薄泡(あまり泡立てず)でやさしく包み込むように馴染ませ、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。ちゃんと洗顔を行うだけでも黒ずみやくすみが少なくなり、肌色が明るくなります。

  • 2)保湿

     

    お肌にたっぷりの潤いと栄養を与えていきましょう。このときに美白成分の入った化粧品を使いメラニンの生成を抑えます。
    ビタミンCなどの美白成分は紫外線に弱いものが多く、せっかく朝お手入れしても機能しなくなってしまうことがあります。朝は保湿に重点を置き、美白ケアは夜行うと効果的です。お肌が生まれ変わる夜は成分が奥まで入りやすいので、しっかりとケアしましょう。

  • 日焼け予防前後に保湿を!お肌ぷるぷるで日焼け知らず♪
    出典 :healing beauty salon treatments Lialani
     

    紫外線に当たる前に、しっかり保湿をして肌内部を潤わせましょう!!

    ①肌内部を潤わせることで、炎症が起こりにくくなります
    ②潤っていることで乾燥が起こりにくく、紫外線の影響を受けにくくなります
    ③肌の体温を保つことで、肌の負担を抑える→熱さとクーラーの効いた部屋の温度差など
    ④肌の代謝を遅らせないことで、ダメージからの回復力をアップさせる→シミができにくいなど
    ⑤保湿をすることで、角質層→表皮まで紫外線を届きにくくする

    という理由です。

  • 4)日焼け止め

     

    紫外線は想像しているよりもずっと強力。曇りでも紫外線は降り注いでいるので、ちょっとの外出だからといっても油断は禁物です。

  • 4)日焼け止め

     

    紫外線は想像しているよりもずっと強力。曇りでも紫外線は降り注いでいるので、ちょっとの外出だからといっても油断は禁物です。

  • うるおい美白肌になるためのクリニック・サロン

  • プラセンタ注射 1本¥1,000
    出典 :トーキョー形成外科|大久保
     

    肩こりや冷えの改善、免疫力アップで健康的に美しく。
    ミネラル、ビタミン、アミノ酸が豊富なプラセンタ注入で、血行を良くし、免疫力を高め、細胞を活性化!

  • 水光注射 顔1回 ¥30,700
    出典 :共立美容皮膚科 銀座院
     

    美容大国の韓国で大人気の注入型美容液!
    艶やかさと透明感がアップ!肌に潤いとハリを与えるエイジングケア注射

  • エレクトロポレーション 顔1回 ¥5,670〜
    出典 :湘南美容外科クリニック 品川院|品川
     

    化粧品が届かない肌奥まで美容成分を浸透させます
    肌の状態に合わせた薬剤を選択