エコノミー症候群!その原因、予防とは?

エコノミー症候群とは何か?その予防とは何か?知りたいあなたに

view449

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • エコノミー症候群とは?

  • エコノミー症候群は、飛行機などの乗り物で窮屈な姿勢で長時間座り続けていると足の血管内に血栓(血の塊)ができてしまう病気のことです。正式名称は静脈血栓塞栓症(肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症)と呼ばれます。飛行機などの乗客に多く発生することから、エコノミークラス症候群、旅行者血栓症、ロングフライト血栓症などとも呼ばれます。

     エコノミー症候群は、下肢や上腕、大腿静脈内などに血栓(血の塊)が出来てしまう病気で、静脈が強く圧迫されやすい肥満型の人や、血液を固める作用を伴う経口避妊薬を飲んでいる人などが罹りやすいといわれます。

     飛行機の中では湿度が20%程度しかなく、体内の水分が失われ脱水症状が起こりやすく、血液が濃い状態になります。飛行機に限ることなく、乾燥した場所で十分な水分を摂取せずに、長時間にわたって窮屈な姿勢を続けると、足のももの裏側が圧迫されて、静脈内に血栓ができてしまうのです。
    出典 :エコノミー症候群|生活習慣病|身体の病気
  • 飛行機に限った事ではないということ。

  • エコノミー症候群は飛行機だけに限ったものではなく、タクシー運転手などが発症し死亡した例もありますし、2004年に起きた中越地震の際には、自家用車内で夜を過ごした多くの方がこの病気で亡くなったと推定されています。
    出典 :エコノミー症候群|生活習慣病|身体の病気
  • ちなみにエコノミークラス症候群


  • 飛行機内などで長時間同じ姿勢を取り続けて発症することがよく知られており、俗にエコノミークラス症候群あるいはロングフライト血栓症とも呼ばれる
    1万メートルの上空では、機内の気圧は0.7~0.8気圧、湿度は0~10 %しか無い。そのため10時間で約1リットルの水分が体から蒸発する
    出典 :エコノミークラス症候群
  • エコノミークラス症候群(急性肺動脈血栓塞栓症)

  • Q3:最近、新たに発生したエコノミークラス症候詳とはどのようなものですか?

    A3:最近、発生した新潟中越地震で自宅が倒壊した被害者で3日間以上自動車で寝起きした中高年者の方に、肺塞栓症(エコノミークラス症候詳)が起こりました。また、精神科病棟に入院中の患者さんで身体を拘束された4人に肺塞栓症(エコノミークラス症候詳)が起こっております。今後、このようなことが起こらないようにするための対策が必要です。
    出典 :エコノミークラス症候群(急性肺動脈血栓塞栓症)
  • 又の名を【静脈血栓塞栓症】とも言う。

  • 下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)に血栓(血のかたまり)が生ずる疾患。原因としては脱水、感染、旅行・長期臥床・手術などによる血流鬱滞、抗リン脂質抗体症候群などがある。この血栓が血流に乗って肺へ流れ肺動脈が詰まると、肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下、呼吸困難をきたす。また肺の血管抵抗が上昇して全身の血液循環に支障をきたす。軽度であれば胸やけや発熱程度で治まるが、最悪の場合は死亡する。
    出典 :静脈血栓塞栓症 - Wikipedia
  • 分類

     

    肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)

    深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)

    もある。

  • エコノミー症候群の予防としては?

  • 1.水分をとる(アルコール・コーヒーは避ける)
    2.1時間ごとに機内の少し離れたトイレに行く。
    3.座席で3~5分間、足の上下運動をする。
    4.ゆったりした衣服を着て、ベルトをゆるめる。
    5.血行が悪くなるので足は組まない。
    6.睡眠薬は使わない。
    7.長いフライトの前後は禁煙する
    出典 :エコノミークラス症候群
  • ■足先を充分に伸ばしたり、曲げたりする。

    ■足全体をゆっくりと大きな円を描くように回す。

    ■ふくらはぎ全体をこぶしでトントンと軽く叩く。
    出典 :エコノミー症候群を予防・解消する運動 | Pouch[ポーチ]
  • 地震の避難生活においても狭い場所で長時間同じ姿勢を取ることが多く、エコノミー症候群が懸念されています

  • 厚労省が勧める予防法は、

    1) 長時間同じ姿勢を取らない。
    2) 1時間に1度はかかとの上下運動(20~30 回)をする、歩く(3~5分)などの足の運動をする。
    3) 血液が濃縮されないよう定期的に水分補給する。
    4) 時々、深呼吸する。

    などを挙げている。やむを得ず車中泊をする場合は、

    1) できるだけゆったりとした服装にする。
    2) 足を何かの上に上げた状態で寝る。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 深部静脈血栓症(エコノミー症候群)にご注意-被災地での予防を
  • エコノミー症候群予防体操<被災地に届け!>

  • エコノミー症候群になりやすい人とは?

  • ・肥満
    ・深部静脈血栓症の既往歴のある人
    ・下肢の手術をしたり、けがをしている人
    ・血液凝固能異常者
    ・下肢静脈瘤のある人
    ・悪性腫瘍のある人
    ・経口避妊薬の使用者
    ・妊娠中、出産後の人
    出典 :エコノミー症候群|生活習慣病|身体の病気
  • エコノミー症候群の診断とは異なりますが、自分のことをよく承知した上で、飛行機に搭乗するときなどには事前に対策をとることが必要です。飛行機での長時間旅行に出かける前には、あらかじめかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

  • デスクワークのオフィスで「エコノミー症候群」

  • デスクワークでのNG行動

     

    デスクランチは2.2倍のリスクアップ!

    原因はずばり”動かないこと”にありました。ニュージーランドでの調査によると、一般的な会社員の若い世代は、4人のうち3人がランチに出かける時間が持てていないとのこと。

    しかし、90分以上同じ姿勢で椅子に座り続けていると、ひざの後ろで流れている静脈血流は50パーセントも減少してしまうのです!

  • 対策としては

  • ・社内を一周する

    ・階段を使う

    ・足腰をまわす

    ・水分を十分にとる

    など、外出しなくてもできる運動や、座りながらできる対策を少し加えるだけで、リスクは激減します。
    出典 :危険!オフィスで「エコノミー症候群」になっちゃうNG行動 | 美レンジャー
  • 一方ではこんな声も。エコノミー症候群神話を否定、エコノミー席や水分摂取不足は根拠なし。

  • 米国胸部医学会が改訂した診療ガイドライン(「CHEST」2012; 141: 2 supple)では、
    深部静脈血栓症の危険因子として経口避妊薬の使用や窓側席の利用、高齢、妊娠などを挙げる一方
    、エコノミークラス席を利用することで引き起こされるという説を支持する確固たるエビデンス(科学的根拠となる研究結果)は
    存在しないとして、いわゆる“エコノミークラス症候群神話”を否定した。
    出典 :エコノミー症候群神話を否定、エコノミー席や水分摂取不足は根拠なし。 | Narinari.com
  • 水分不足摂取論除外。

  • 長距離飛行で静脈血栓塞栓症リスクを上昇させる因子として、

    ・静脈血栓塞栓症や栓友病にかかったことがある
    ・がん患者
    ・搭乗前の手術やけが
    ・同じ姿勢を続けること
    ・高齢者
    ・女性ホルモンのエストロゲン使用(経口避妊薬を含む)
    ・妊娠
    ・窓側席の利用
    ・肥満

    を挙げている。その一方で、水分摂取不足や飲酒、あるいはエコノミークラス席の利用(ビジネスクラス席との比較)により長距離飛行中の静脈血栓塞栓症発症リスクが上昇することを示す確固たるエビデンスは存在しないと指摘した。
    出典 :エコノミー症候群神話を否定、エコノミー席や水分摂取不足は根拠なし。 | Narinari.com
  • 予防法は「頻繁に歩き回る」「ふくらはぎのストレッチ」など

  • ガイドラインは、静脈血栓塞栓症のリスクが高い旅行者が6時間以上のフライトを利用する場合、

    ・頻繁に機内を歩き回ること
    ・ふくらはぎのストレッチ
    ・可能な限り通路側の席を確保すること
    ・膝下の弾性ストッキング(圧迫力の強い医療用ストッキング)の着用

    を推奨。静脈血栓塞栓症の予防目的でアスピリンや抗凝固薬を使用すべきではないとした。ただ、リスクが特に高い患者では、個々の患者ごとに投薬の是非を考慮すべきとしている。
    出典 :エコノミー症候群神話を否定、エコノミー席や水分摂取不足は根拠なし。 | Narinari.com
  • Crowther氏は「飛行機旅行と静脈血栓塞栓症の関連は、8〜10時間を超えるフライトで最も強くなる。長距離飛行後に同症を発症する乗客の多くは、1つ以上の危険因子を持っている」と解説している。
    出典 :エコノミー症候群神話を否定、エコノミー席や水分摂取不足は根拠なし。 | Narinari.com