入眠障害を改善する!

夜眠れなくて困ってしまう不眠症。不眠症の1つである入眠障害に有効な対策を集めてみました。

view292

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    実は部屋の明るさが重要だとか。

  • 入眠障害や寝付きの悪さの原因の一つに、夜に強い光を浴びていることがあります。

    人は夜になるとメラトニンという物質が脳内に分泌されて、それにより眠気が訪れます。しかし、夜に強い光を浴びていると、メラトニンが分泌されにくくなって、入眠障害や、寝付きが悪くなってしまうんです。

    ですので、寝る前には照明を暗くすることが、不眠症を克服して快眠するためのポイントです。
    ここでは、正しい照明の使い方を紹介します。
    出典 :照明に暗めにして、入眠障害・寝付きの悪さを克服 | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • ポイントは、寝る2時間前には部屋を暗くすること。ビジネスホテルの明るさが理想的だそうです。

  •  

    ついついやってしまいがちな寝酒ですが…?

  • 飲酒が不眠の原因となる場合もあります。アルコールは副交感神経のはたらきを活発にしますから、一時的には睡眠導入剤として効果的な場合もあります。しかしこれは、脳のはたらきをアルコールの力で強引に抑制していることになります。人体には抵抗力があり、このアルコールが脳のはたらきを抑制する力に関しても、抵抗を試みます。

    結果としてアルコールに対する耐性が増していき、睡眠につくためにより多くの酒量が必要になっていくのです。これが原因となりアルコール依存症になり、アルコール依存症が原因の身体疾患により、さらに不眠症を進行させてしまう人も居るようです。眠りにつけないからといって過度の飲酒に頼るのは、非常に危険な行為といえます。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • 寝酒は良くないと聞きますが、なるほど納得です。たまになら良いのかもしれませんね。

  •  

    シャワーで済ませてしまう人は、案外多いモノ。

  • 就寝前の入浴は心身をリラックスさせ、眠りやすくさせてくれます。シャワーではなく、かならず浴槽のなかで湯に浸かってください。ただし、湯が熱いと交感神経が刺激され、かえって眠れなくなるので、お湯の温度はぬるめの40度前後がいいでしょう。
    出典 :枕選びのプロが考える! 理想的な睡眠環境10の条件 | ビーカイブ
  • 適温のお湯につかることが重要なんですね。バスソルトなどで香りを楽しんでも良いかもしれません。

  •  

    学ぶのは良いことですが…?

  • あと、例外的にあるのが、
    今までは普通の健康優良児だったんだけど、
    睡眠に対する教養があまりに強くなりすぎて、

    「寝る」ことに対して意識が強くなり、入眠障害のなってしまうというケースまであります。
    出典 :不眠症対策:入眠障害について:不眠症の原因対策de早朝スッキリ!
  • 真面目な人に多そうですね。何事も適度にほどほどに、が良さそうです。

  •  

    規則正しい生活、していますか?

  • 多くの現代人が不眠に悩むのは、大きく乱れてしまった人間の生活リズムに原因があります。人間のカラダと脳は、朝起きて夜寝るように作られていて、何万年もそのように機能してきました。それは、地球上の1日の単位24時間と、人間の体内時計(1日25時間)との1時間のズレを修正するために備わった大事な仕組みでした。しかし電気の登場とともに人間の生活は劇的に変化し、夜、太陽のない時間でも起きて活動するようになりました。残業、飲み会、テレビ、ゲーム、メール等で、本来眠っているはずの時間に脳は覚醒したままになり、うまく眠ることができなくなってしまったのです。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • ちゃんとした規則正しい生活は難しくても、「なるべく規則正しい生活」なら出来そうです。