医薬品 ネット販売って、最近話題だけど・・・どういうこと?

昨年、医薬品のネット販売が法改正されました。

ネットでお薬を買ったことがある人、無い人・・・
便利になる?最近話題のこの薬のネット販売についてまとめてみました!

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今までは・・・

  • 2013年臨時国会での薬事法改正

  • 医薬品のネット販売に関しては、ある一定のルールに従って適切に行われるべきだという観点から、2013年末の臨時国会では、一般用医薬品のネット販売などに関するルール整備を旨とする改正薬事法が成立した。詳細は以下の通りだ。一般用医薬品のネット販売が原則として認められる一方、「スイッチ直後品目」(医療用から一般用に移行して間もなく、一般用医薬品としてのリスクが確定していない薬)の23品目と劇薬指定5品目のネット販売は禁止し、対面販売のみとされる。また、一般用医薬品ではないが、医療用医薬品(処方箋に基づき提供される医薬品で、いわゆる処方薬を含む)に関しては、対面販売が法律上で義務化されるためネット販売は禁止となる。この改正により、一般用医薬品の99%以上についてネット販売が法的に可能になる。また、スイッチ直後品目と劇薬指定品目については新たな「要指導医薬品」という区分が新設される。スイッチ直後品目は市販後3年程度の安全性評価が終了するまではネット販売が禁止され、その評価期間が経過した品目から順次ネット販売を解禁する。一方、劇薬指定品目は恒久的にネット販売が禁止される。
    出典 :「医薬品ネット販売」全面解禁の要件を今から検討せよ | nippon.com
     

    色々と“ハッキリ”してきた感はありますね。殆どの一般薬が買えるようになるのは良いことだと思いますが。

  • 法案成立にあたって・・・

  • 一般用医薬品のネット販売解禁

     

    まず評価されるのは一般用医薬品のネット販売が法律で明確に解禁されることです。 スイッチ直後等の28品目の医薬品は要指導医薬品という新設カテゴリーに移行されます。それ以外の第一類、第二類、第三類の一般用医薬品は薬事法上もネット販売が認められます。そもそもネット販売を禁止していたことが全く不合理ですし、最高裁判決や安倍首相の方針に照らすと当然のことですが、薬事法上も一般用医薬品のネット販売を解禁したことは大きな前進です。

    引用)http://blogos.com/article/75320/

  • 殆どのお薬がネットで買えるように。便利にはなりましたね。

  • 今年1月の最高裁判決では原告となったケンコーコムとウェルネットが一般用医薬品のネット販売を行う地位を認められました。その他の薬局・薬店は第一類、第二類をネット販売する地位を認められたわけではありませんが、ケンコーコムが大丈夫ならば自分たちも大丈夫だろうということで、ネット販売を行いました。 ところが法令がネット販売を行う前提になっていなかったので、ネット販売を行う際の最低限のルールに関して、薬局・薬店、行政、消費者らの間で共通認識はありませんでした。医薬品のネット販売は薬剤師など専門家がいる薬局・薬店により行われていましたが、例えば薬剤師が薬局にどのくらい常駐するかは薬局によりまちまちで、場合によっては一日に30分薬局に常駐するだけなのにネット販売を行う薬局もあったかもしれないのです。 今回の薬事法にはそこまで詳しいルールは書かれていませんが、今後省令などによって、一般用医薬品ネット販売における最低限のルールが示され、より秩序ある一般用医薬品のネット販売が行われるようになります。
    出典 :医薬品ネット販売に関する法案成立にあたって
     

    まだ何だかゴタゴタしてますが・・・今後はスッキリした状態で買えるようになりそうです。なって欲しいですね!

  •  




     でも・・・ネットでってやっぱりちょっと不安?

  • 医薬品ネット販売では薬剤師がいないんじゃない?

     

    薬剤師はいます。

    薬剤師などの専門家がいなければ、薬局を開くことはできないし、医薬品を仕入れることもできません。ネットでももちろん、薬剤師がお薬を管理・販売しています。お客さまから見て異なるのは、店員から対面でお薬を受け取るのか、宅急便でお薬が届くかの違いだけです。注文を受けて、お薬を発送する前までに薬剤師がネット上で患者さんの状態を聞いたり、飲み方や注意事項の説明をしたりします。実際、これらの業務を行うために、ケンコーコムには8名の薬剤師がいます。

    引用)http://blogos.com/article/73788/

  • 医薬品ネット販売を認めたら偽薬が出回るのでは?

     

    医薬品ネット販売と偽薬の流通は無関係です。

    たしかに偽薬流通はゆゆしき問題だし、特に海外のネット上では偽薬が少なからず流通しています。しかしながら、国内で許可された薬局による正規医薬品のネット販売を禁止すれば、偽薬の流通が減るのでしょうか?まったく影響はありません。今でも、国内の事業者が偽薬を売っていたら、厚生労働省は当然取り締まっています。海外の事業者が偽薬を売っていたら…、残念ながら日本の法律を変えても、今のところ取り締まることはできません。医薬品ネット販売と偽薬の流通は別の問題なのです。

    引用)http://blogos.com/article/73788/

  • 処方箋が必要な薬は、当然処方箋を郵送しなければいけないそうです。ネット販売をしている側では、まだ禁止されている28品目についても解禁を要求しているみたいで、まだ色々と溝はありそうですが・・・今後の動向に注目ですね。