痩せないのはストレスのせい?ダイエットのストレスを撃退

痩せないのはストレスのせい?ダイエットのストレスを撃退

痩せない原因がストレスだなんて・・・
考えたことありますか?
実際のところどうなのか、まとめてみました♪

view997

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  •  




     ストレス太りって・・・?

  • 人間の脳がストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。このホルモンは、体の危険を察知して、脂肪を積極的に蓄えようとする働きがあるので、これだけで太りやすくなってしまいます。さらに、ストレス太りになりやすい人は、得てして甘いものや脂っこいものに走る傾向があります。これは、脳が甘いものや脂っこいものをほしがっているからです。ストレスを感じると、脳は負担を感じ、危険な状態だと認識します。そして、脳に必要な栄養素をたくさん確保しようとします。まずはブドウ糖。糖分です。脳のエネルギー源はブドウ糖なので、甘いものをとってブドウ糖を積極的に補給するように指示を出します。つぎにコレステロール。脳が情報伝達するためにはコレステロールが必要で、神経細胞にもコレステロールが欠かせないといわれています。さらに肉に多く含まれるトリプトファンという必須アミノ酸は、精神状態を安定させるために必要な成分で、これらを補うために脂っこいものを食べるように指示を出します。脳はストレスから解放されようと、自発的に甘いものや脂っこいものをとろうとしているわけです。ダイエット中、甘いものや脂っこいものを極端に制限している人の場合、その反動でよけいに脳から強い信号が出されるので、こうなると自分の意思で抑えるのはなかなか難しくなります。
    出典 :ストレス太りって? - ダイエットピンキー
     

    ストレスを感じると脳が欲しがってしまうんです!甘いもの・・・油っこいものを・・・。

  •  

    それほど大きなストレスではないが、不快感があるようなストレス、例えば社内のイベントの企画を作り上げる必要のある月であったり、数週間の出張であったり、締切が迫っている仕事がまだ終わりそうにない日々であったり等の場合は、逆に食欲がます傾向にあります。その結果、いわゆるストレス太りと言われるように、肥満になりやすいです。

    引用)http://gadgetsexpose.com/sutoresu.html

  • 「どうしよう・・・」なんて不安なことがあると、無意識におかしに手が伸びてたり・・・なんてことありませんか?

  • 「痩せない脳」ができる理由・・・それもストレス!

  •  

    人間の脳はとっても欲張りにできています。一度経験した快感をしっかり覚えていて、またの機会をしつこ~く狙っているんです。例えば、ケーキを食べて「おいしい!」と思ったとします。「私はケーキが大好き!」が脳にインプットされ、ケーキを食べた時の快感がしっかりと残ります。そしてケーキを見るたび脳はその快感が再び味わいたくなり、食べたい衝動にかられるんです。

    引用)http://qvc.jp/cont/qjiten/closeup05?serverId=i

  • ここで「ダイエット中なんだからガマン!」なんて“無理”をすると、脳としてはかなりのストレスになる・・・ってことらしいです。

  •  

    人間の脳には、 知的活動をつかさどる「大脳新皮質」と生存欲求を支配している「大脳旧皮質」があります。この2つの指令をうけて、自律神経中枢のある「間脳」がバランスを取り、ココロとカラダを正常に機能させています。例えば、ダイエットのとき、「大脳新皮質」は「食べてはいけない」と指示します。でも「大脳旧皮質」は本能に従って「食べたい!」と訴えかけてきます。ここで無理をして食欲を我慢すると、間脳がパニックを起こし、バランスが崩れて脳がストレスを感じてしまいます。

    引用)http://sp.lalu.jp/article/show/aid/819.html

  • どうすれば「脳ストレス」を解消できる?

  • NG項目を作らないことがダイエット成功のコツ!

     

    「~してはいけない!」「~しなければいけない!」という決め事ばかりを作ってしまうと、それが出来なかった時に起こる罪悪感・苛立ち・自己嫌悪から諦めモードに突入してしまい、最終的にはダイエット挫折となってしまうケースが多いものです。また、例えストイックなダイエット目標を達成できたとしても、達成したと同時に気が緩んでしまい、徐々にリバウンドしてしまったのでは、本当のダイエット成功とは言えませんよね。そこでオススメしたいのが、「~してはダメ」というNG項目を作るのではなく、健康的で続けられそうな「~できる」という項目を作り、その項目を少しずつ増やしていくという方法です。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/49008/

  • 【解決法】心から美味しいと思えるものを食べる

  • 「カロリーが低いから」「ヘルシーだから」という理由で食べていても、それが不味くて嫌々だとしたら続くはずがありません。我慢やストレスが増えるとエネルギーを過剰に温存しようとし、それが脂肪を蓄える原因になるので注意しましょう。自分が美味しいと思えるものを家族や友人とリラックスした状態で食べれば満足感が生まれ、それほど暴飲暴食はしないものです。また、時には羽目を外して食べ過ぎてしまうことがあったとしても、決して罪悪感を持たないことが重要。たった1食で太ってしまうことはないので、「美味しかった」「翌日から調整しよう」と前向きに考えるのもダイエット継続の秘訣ですよ。
    出典 :2/3 痩せない原因はダイエットの強い意志!? [ダイエットの基本] All About
  • 【解決法】痩せた時の幸せを想像する

  • 脳をダイエットの辛さから解放し、「痩せたことで得られる幸せ」で満たしてあげましょう。効果的なのは「痩せた時の幸せなイメージ」をノートに書く方法。理想の体型になって憧れの服を着ている自分や、周りの人に「キレイになった」と口々に言われているシーンなど、なんでもOK。できるだけ具体的に書いておきましょう。雑誌などの切抜きを部屋に貼っておくのもいいですね。ここで大事なことがもう一つ。食べたい衝動にかられたら「食べると太る!」よりも「あの服を着てデート♪」といったように思考をポジティブな方向に切り換えましょう。このちょっとビックリするくらい単純な方法が、「痩せない脳→痩せる脳」にスイッチするために必要な「新しい快感物質」を作る方法です。しかもかなり有効♪自然にポジティブ思考になるように、脳をトレーニングしてあげましょうね。
    出典 :ダイエット・ストレスが痩せない脳をつくってる!
  • 【解決法】自分の体に触れてみる

  • 自分の体を見て&触れてあげることは非常に大切です。「ちょっとダブついてきた」と思ったら念入りにマッサージを行ったり、「筋肉が凝り固まっている」と感じたならストレッチを行ってみることをオススメします。そして、自分に合った快適な方法が見つかったら、無理せず続けていくことも大事です。また、自分が一番キレイに映るポーズをつくり、全身のバランスを鏡でチェックするのも◎。この際、「なんで私はこんなに太っているんだろう!」などと、自分を嫌いになるようなネガティブなことを思うことは禁物です。逆に「細くなったら新しいファッションにチャレンジできる」「次はどこを変化させようかな~」などと、楽しい想像(妄想?)を繰り広げてみましょう。
    出典 :2/3 痩せない原因はダイエットの強い意志!? [ダイエットの基本] All About
  •  

    ストレスになるほどの“辛い”ダイエットは、
    結局、上手くいかないみたい。

    なら、もっと自分の体をいたわりながら、
    少し“ゆる~く”ダイエットしてみる方が、
    脳にも体にも良いんじゃないでしょうか?