かかってしまうとネイルもお休み!グリーンネイルの予防法についてのまとめ

スカルプチュアやジェルネイルを楽しんでいる女子にとって怖いのがグリーンネイル。グリーンネイルの予防をするにはどうしたら良いのでしょうか?グリーンネイル対策あれこれをご紹介します。

view1502

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • AttributionShare Alike Some rights reserved by Rubyran

  • グリーンネイルの原因・グリーンネイルになりやすい条件

  • 「緑色爪(グリーンネイル)」とは、緑膿菌の感染によって黒緑色になってしまった爪のことです。
    特に、爪白癬や爪カンジダ症などの爪の病気があると合併しやすいと考えられます。
    出典 :緑色爪(グリーンネイル) | 住吉皮膚科ブログ
     

    グリーンネイルという症状は緑膿菌の感染によって爪が変色してしまう事です。

  • 原因として考えられるのは、スカルプチュア(人工爪)やネイルチップ(付け爪)を
    長期間付けたままにしておくと、スカルプチュアや付け爪は水分を通さないため、
    そこに水分が溜まりカビの一種である緑膿菌が発生してしまいます。

    またジェルネイルは水分は通すことが出来るのですが、爪との間にわずかな隙間ができ
    浮き始めたジェルネイルをそのままにしておいたり、それを無理に接着剤で止めたりする
    とそこに水分が溜まり、同じようにカビが発生してします。
    出典 :爪のトラブル | 名古屋 栄・矢場町のネイルサロン「オーガニックネイル」 オーガニックにこだわった自然派ネイルサロン。オーガニックハンドスパ、おしゃれなジェルネイル、ブライダルネイルならお任せ下さい。
     

    主な原因は二つ、スカルプチュア・付け爪と、ジェルネイルです。蒸散作用があり、清潔だと思われているジェルネイルも、浮くと水分が溜まってしまうのです。

  • グリーンネイルの予防法あれこれ

  • 指先を常に清潔にする事です。長時間手が濡れたままにしないこと。手を洗った後はしっかり水気を拭き取って乾燥状態を保って下さい。
    定期的にお直し等のメンテナンスをし、欠けや、ひび割れ、浮きがある場合早めにサロンでリペアして下さい。
    出典 :Q&A|Tranquille/トランキル
     

    緑膿菌は爪とスカルプやジェルの間に溜まった水で繁殖するんでしたよね。清潔のためには乾燥第一!ですね。

  • グリーンネイルの予防方法はさまざま ですが、爪が浮いてきてしまった時に、水が溜まらないようにしたり、浮いた爪を放置しすぎたりしないようにすることが有効的とされています。
    また、自分でネイルを楽しんでいる人は、定期的にネイル道具の消毒を行うのもおすすめ。ネイルサロンに通っているという人は、施術を安心して任せられるような店を選ぶように心がけたいですね。
    出典 :グリーンネイルとは?|ホットペッパービューティー
  • つけ爪したあとにリペアなどメンテナンスをしないと隙間ができカビが発生して爪が緑色になること。つけ爪をしている方は2週間に一度、サロンでリペアを目安に。
    出典 :グリーンネイル - 意味・解説 美容外科用語辞典
  • 予防策としては、付け爪は3週間(浮きの出やすい爪質では2週間)以上付け放しにせず、正しい補修または付け替えを行うことが大切である。
    出典 :ネイルアート - Wikipedia
     

    ふむふむ、普通の人で3週間、リフトしやすい人は2週間ごとのお手入れと覚えておきましょう。

  • また、リフトしていなくても、消毒をしていない器具・ジェルやアクリリックを乗せる前の自爪のお手入れをしっかりしないことが原因になることも多いんです。セルフネイラーの方は気をつけてくださいね!自分の器具は自分しか使ってないから良い・・・は俗説ですよ。

    出典 :Marmarina in Tokyo
     

    セルフでジェルをされている方などはくれぐれも衛生に気をつけましょう。

  • 免疫力が弱まっている時はグリーンネイルになりやすくなります。ダイエット、寝不足、ストレス、不規則な生活、多忙、体調不良etcの原因で免疫力は下がってしまいます。免疫力を高めるには運動や体温を上げることまた、笑うことも良いようです。難しいとは思いますがなるべく疲れをためない生活をしましょう。
    出典 :熊本県荒尾市にあるネイルサロン ~Cryptic Nail~ グリーンネイル予防ルビケイト導入しました ☆
     

    グリーンネイルの原因菌、緑膿菌はどこにでもいる菌で、健康な人にはあまり感染しないそうです。ネイルを施術するなら体調にも気をつけて!

  • 「女性の爪は厚さ0・5ミリほどで、少しずつでも削り続けると、薄く、もろくなる」と警告するのは、爪の健康に詳しい東皮フ科医院(大阪府堺市)の東禹彦ひがしのぶひこさん(75)。つける前の下準備や除去のため、表面を削る場合があるためだ。東さんは「健康のためには間隔をあけてつけるのが望ましい。一度落としたら次は1か月程度休ませてからにしては」と対策を提案する。
    出典 :爪のおしゃれ障害…感染症、傷、乾燥が原因
     

    グリーンネイルをはじめ爪のトラブル全般に対するコメントです。
    女性の爪は薄いんですね!
    でも、1ヶ月~!?そんなに間隔を開けるのは難しいですが、時々ネイルアートをお休みするのは良い事ですね。

  • グリーンネイル予防策として、ネイル用の消毒液があります。
    よく聞かれるのが、指消毒剤キビキビ(旧ネイルホスピタ)とルビケイトです。
    でも、普通に薬局で売っているアルコールも効果があるそうですよ!

  • グリーンネイルを予防する消毒液があります。

    「指消毒剤キビキビ(旧ネイルホスピタ)」
    サトウキビから生まれた天然由来アルコールを使用しています。
    菌にキビしく、手にやさしい。

    出典 :グリーンネイルの予防に(^_-)-☆ | 八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック
  • 「カビを防止するネイル商品Lubicate」は、ネイルサロン・ネイリスト・一般のお客様にとって最も必要とされていくものであります。
    Lubicateは、厚生労働大臣の指定を受けた検査機関“株式会社環境技術研究所(厚生労働省発医薬第1017033号 指定番号103号)”が治験を基に行った性能評価試験において、カビの発生を防止する効果が認められた商品です。
    出典 :商品情報 | Lubicate