どうして毎日こんなに早く目が覚めてしまうの??早朝覚醒の改善についての改善や情報まとめ☆☆

早朝覚醒の改善をしたいと思ってる人必見の情報をまとめてみました!!!
もしかしたら私って早朝覚醒かも???と思ってる人にもわかりやすい情報をまとめてみました!!!

view596

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも早朝覚醒って何???

  • 早朝覚醒とは???

     

    早朝覚醒とは、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまい、もう一度寝ようと思ってもなかなか寝付けない症状です!!!

  • 早朝覚醒の場合は、一度目が覚めると簡単に寝付けない場合が多く、非常にストレスが溜まる不眠症の症状になります。
    早朝覚醒の定義が厳密にあるのかはわからないのですが、一般的には、起きたい時間よりも早く起きてしまうことが、週に3日以上、それが1ヶ月以上続く場合は、早朝覚醒という不眠症にかかっている可能性が高いと思われます。

    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    定義にあてはまる人は要注意です!!!

  • 不眠症にも色々な種類があります!!!

     

    自分が不眠症かなと思ってる人は自分のタイプについて知りましょう!!!

  • ・入眠障害
    床についてもなかなか寝付けない症状が入眠障害です。布団の中に入ると平均10~15分で眠りにつくと言われています。しかし、日常的に1時間以上眠れずに苦痛を感じるようであれば入眠障害となります。
    出典 :睡眠障害(不眠症)の種類
  •  ・中途覚醒、熟眠障害
    一度眠ったとしても、夜に何度も目が覚めてしまう症状が中途覚醒であり、眠りが浅いために熟睡感のない状態が熟眠障害です。
    中途覚醒によって何度も目が覚めると、必然的に眠りも浅くなってしまいます。夜起きてしまった後になかなか寝付けることができません。
    出典 :睡眠障害(不眠症)の種類
  • では早朝覚醒の原因とは一体何???

  • うつ病が原因の事が多い!!!

     

    実はうつ病の不眠症の関係は深く、うつ病の人の殆どは不眠を訴えます。特に、うつ病の人が悩まされる症状が、早朝覚醒になります。


  • うつ病の人に、早朝覚醒が見られる場合が多いことからわかるように、早朝覚醒の原因は精神的なものであることが多いです。
    意識している、していないにかかわらず、何らかのストレスや不安を抱え込んでいる場合、眠りが浅くなり、朝型目が覚めてしまいます。
    そして、ストレスや不安から体がリラックス出来ないので、再び眠ることが難しくなってしまうわけです。


    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 早朝覚醒の改善の方法とは???

  • うつ病が疑われる場合は、まずは病院に行くべき
    まず、うつ病である可能性が強く疑われる場合は、病院で診てもらうべきです。うつ病は多くの場合、早めに病院で診てもらえば良くなります。
    病院に行くのを渋っていると、長い間うつ病と付き合うことになるかもしれません。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 生活習慣を見直してみましょう!!!

     

    生活習慣の改善が早朝覚醒を防ぐ手立てにもなります!!
    食事や運動などに気をつけて改善するようにしましょう!!!

  • 運動不足を解消するために、ストレッチや散歩など、軽い運動を毎日行なうようにしましょう。あくまでも「軽い運動」にとどめ、ジョギングなどの激しい運動は避けましょう。脳が興奮状態になり、逆効果となってしまいます。また、睡眠に関しては、少し遅い時間に就寝し、少し早い時間に起床するといったように、規則正しい生活リズムを安定的に保つようにしましょう。早期覚醒の改善には、起きて活動する「昼」と、静かに休息する「夜」のメリハリをつけることが何より大事です。
    出典 :すぐに目が覚める不眠症の「早期覚醒」とは?症状や対処法を解説
  • リラックスした睡眠を取るようにしましょう!!!

     

    おちついた雰囲気の中で眠れることが大切です!!!

  • 1人でリラックスできる場所を選びましょう。カーテンは、生地が厚めのものを選び、日の出の明るさで起きてしまうことのないようにしましょう。ただし、遮光カーテンや雨戸を閉めると、適度な自然の明るさも入らなくなり、身体が朝と夜の判断ができにくくなるので避けたほうがいいでしょう。
    出典 :すぐに目が覚める不眠症の「早期覚醒」とは?症状や対処法を解説
  • セロトニンを増やして、リラックス効果を高める
    不安な気持ちが強かったり、落ち込み易い場合は、脳内にセロトニンという物質が不足している可能性があります。実際に、うつ病の人の治療薬には、セロトニンの濃度を高める薬が使われています。
    ですので、気持ちを前向きにして、リラックス効果を高めるには、セロトニンを増やすことが効果的です。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー