もう広がらない!うるおいキープで静電気を防ごう

「広がる・乾く・まとまらない!」
寒い季節の悩み、静電気。
自分で手軽に出来る「髪の静電気対策」についてまとめました。

view288

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 静電気を防ぐ対策いろいろ

  • もう悩むのはたくさーん!

  • 大事なのは髪の水分量

  • ◎ 攻めと守りの保湿ケアが大事です。

    髪の毛の水分量というのはだいたい11~13%程度だといわれています。この水分量が維持できている人は、ほとんどの場合、滑らかでツヤのある髪を維持できていると思います。

    しかし、日頃の間違ったヘアケアやカラーリング・パーマなどの影響、そして季節的な要因などもあって365日、潤いとツヤのある髪の水分量を保ち続けるというのはなかなか難しいです。特に外気が激しく乾燥する冬場は髪の水分量を維持するのは難しいです。

    髪は水分量を失うと、跳ねやすくなったり、広がりやすくなりますし、髪の保護膜であるキューティクルが剥がれてしまうので、枝毛や切れ毛が発生して、見た目にも手触りもパサパサになってしまいます。
    出典 :髪の水分量を増やす保湿方法-髪のパサつきを防ぐ正しいヘアケア超入門【Q&Aあり】
  •  

    ダメージへのケアが大事なんですね。

  • 具体的な方法を見てみましょう

  • 髪の水分量を増やす保湿方法としては、まずはインバストリートメントでダメージをケアすること。それからドライヤー前にも必ずアウトバストリートメントで髪を潤すようにします。

    ポイントは髪に有効成分や保湿成分を浸透させて髪を補修&保湿するということ。

    保湿というと「水分」を与えることだと考えて、髪に水分を与えばいいと化粧水を振りかけたりする人がいますが、乾燥してダメージのある髪というのは、すでにキューティクルが剥がれている状態なので、いくら水分を与えても蒸発するだけで無駄です。

    なので、まずは水分蒸発しないしっかりキューティクルの整った髪に回復させるということが大切です。いろいろな毛髪補修成分が配合されたヘアケアグッズがあるのでそれを使ってみましょう。
    出典 :髪の水分量を増やす保湿方法-髪のパサつきを防ぐ正しいヘアケア超入門【Q&Aあり】
  • ■ カラー、パーマの頻度減らす
    ■ シャンプーの回数を減らす
    ■ 栄養不足でコラーゲンが足りていない
    ■ 髪の乾かし方が間違っている
    ■ シャワーの温度が熱すぎる(38度が適温)
    ■ 普段使っているシャンプーの洗浄力が強すぎる
    出典 :髪の水分量を増やす保湿方法-髪のパサつきを防ぐ正しいヘアケア超入門【Q&Aあり】
  • お肌の敵はパサパサヘアの敵

  • 「水分与えて油分でフタ」はもう古い!?

    さて、肌の乾燥を防ぐ方法といえば、昔から「化粧水などで水分を与えて、クリームやオイルなどの油分でフタをし、肌からの水分蒸発を防ぐ」という方法がよく言われてきましたが、実はこれはもう「古い考えだ」とも言われつつあります。

    なぜなら、本当の意味で肌の乾燥を防ぐためには「油分で無理やり蒸発を止める」という、肌表面だけの乾燥防止よりも、「肌の中で自然な状態で保水させる」ということのほうが、はるかに大切だからです。

    肌の中でしっかりと保水ができていれば、肌がふっくらとふくらみ、「肌のヨレ」も解消されますし、何より肌そのものが元気になって、新陳代謝によって角質もしっかりとした正常なものができやすくなるんですよ。

    ですから肌の乾燥を防ぐには、肌細胞そのものに水分を挟み込ませることができるセラミドや、自身が水分を抱えて角質層内にとどまるヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が必要となってくるのです。
    出典 :美白カリキュラム!肌の乾燥を防ぐコツ
  • 「保湿成分が含まれていればいい」というわけではない!


    では、肌の乾燥を防ぐためには、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていればそれでいいのかというと、そうではありません。

    保湿成分が、どれだけ角質層にしっかりと浸透するか、というのも大切なポイントとなります。せっかく保湿成分があっても、それが肌の上にだけベタベタと残るような状態では、意味がないんですよ。
    保湿成分は、肌の中で保水力を発揮してこそ大きなメリットがあるのです。

    ですからスキンケア用品を選ぶ際は、
    「美白成分だけでなく、保湿成分についても浸透性にこだわった処方をしているか」
    という点をしっかりとチェックしておきましょう。
    出典 :美白カリキュラム!肌の乾燥を防ぐコツ
  • 体調管理に気をつけよう

  • 摩擦を防ぐ

  • 外的な刺激から皮膚を守り、痒みを軽減するためには、保湿をすることが大切です。肌が乾燥すると、それまで皮膚の表面をおおっていた皮脂が減ることで、表面が乾燥しやすくなります。それによって皮膚の表面の角質がはがれやすくなり、角質間のすき間から水分がどんどん蒸発し、さらに乾燥が進むことで、外部からの刺激も入りやすくなってしまいます。

    衣類による摩擦は、乾燥している時のほうが起きやすく、静電気による刺激が摩擦の力を強めてしまいます。肌を保湿することで、外部からの刺激を受けやすい肌状態をカバーできますし、衣類のすべりがよくなり、摩擦が少なくなります。衣類との摩擦を防ぐためにも、しっかり肌を保湿しましょう。
    出典 :乾燥肌の衣類の選び方 | スキンケア大学
  • 衣類は清潔にして、柔軟剤を使用する

    衣類には柔軟剤を使用することで、衣類との摩擦が軽減できます。最近は、肌の弱い方用、アトピーの方用など、専用の柔軟剤が出ていますので使ってみてはいかがでしょうか。

    また、寒い時期はどうしても衣類を何枚か着込むという人もいるかと思いますが、この厚着も要注意です。暖房のよく効いた電車や部屋の中では、汗をかいてしまうこともありますが、通気が悪い環境で、汗をかいてそのままにしておくと、肌と洋服の間で「蒸れた」状態になってしまいます。この時、汗に混じっているいろいろな老廃物、皮脂や雑菌が肌の上で酸化し、肌が炎症を起こして、かゆみの原因になることもあります。冬場も、なるべく保温性がありながらも通気性のよい衣類を選ぶようにしましょう。

    最近、若い人を中心に洋服をあまり洗わない人が増えています。衣類についた汗や皮脂の汚れなどをしっかり落とし、清潔に保つということも大切です。
    出典 :乾燥肌の衣類の選び方 | スキンケア大学
  • 快適・キレイな空間を保つのもポイント

  • 湿度を保ちましょう

  • ■洗濯物の室内干し&濡れタオル
    濡れタオルや洗濯物を部屋で干せば、水分が飛んで部屋の乾燥を和らげます。最近は部屋干し特有の嫌なニオイを防ぐための洗剤や香りのよい柔軟剤が発売されているので試してみてはいかがでしょう。

    ■フローリングの水拭き
    濡れた雑巾で掃除すれば、ホコリも取れるしまさにウイルス対策にも一石二鳥ですね。その他、消臭・除菌スプレーを家具類に使用するなど、清潔に保ちながら湿度を上げる工夫です。

    ■ホカホカ湯気の出る料理を作る
    お料理をしながら蒸気でお部屋も潤わせましょう。しゃぶしゃぶ、湯豆腐、水炊きなどなど、水分たっぷりのお鍋料理を楽しめば、体も温まりますね。

    ■お風呂上がりにバスルームを開けておく
    乾燥しがちなホテルの部屋で実践しているという人も多いのではないでしょうか。シャワーだけという人もバスルームから出たらそのままドアを開けておきましょう。ワンルームに住んでいる人ならさらに効果的に湯気が行きわたります。

    他にも、寝るときにお湯を張ったボウルをベッドの下や枕元に置いておくなどといった方法もありますが、これはこぼしたりひっくり返さないように十分注意してください。

    快適な湿度は40~60%、特に美肌には60%くらいが良いと言われています、しかし過度な加湿はカビやダニの繁殖にもつながるそうなので、季節や自分の部屋に合った加湿方法を選んでくださいね。
    出典 :Cosmetty -コスメッティ-:加湿器がなくても!お手軽に部屋の湿度を保つ方法【乾燥対策】
  • 女性にも大人気のお鍋が湿度対策にもなるんですね!

  • ときどきアースすること

  • 物や人に触れる時には、指先だけでさわると大きな電気が小さな面積で流れてしまいます。手のひらで触ってみてください。少しでも大きな面積で、1度触ってしまえば電気は逃げていきます。車やドアのカギを持っている時には、カギをカギ穴に触れさせて身体の電気を流しましょう。でも、カギの金属部分を持ちながら行ってくださいね。靴を履いて歩いているだけでも、身体に帯電していきます。ゴム底の靴を履いていると、身体の中の電気を地面へ逃がすことができません。電気人間と呼ばれるくらい、体内に電気をためこみやすい人は、帯電しにくい服装を心がけましょう。前もって対策することで、けっこう防げるものが静電気の特徴でもあるのです。
    出典 :いたずら静電気をやっつけよう!【静電気おもしろ教室】
  • バチッ!こわいです

  • ドアは指先ではなく手のひらで

  • 髪の毛の静電気も防いで、お肌や体の調子もベターに!

     

    普段のちょっとした生活習慣にコツがあります。
    髪にもお肌にも少しのプラスケアで、
    静電気をふせぐ事ができそうですね。