更年期障害と不眠症の関係について調べてみましたよ

更年期障害と不眠症、どうやら関係あるそうです。今回は両者の関係について調べてみました。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期障害とは?

  •  

    まずは定義です。

  • 更年期は、まさに性成熟期から生殖不能期への移行期(45~55歳)にあたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活をいかに健康に過ごすかを考える、人生の節目といってもよいでしょう。更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調じりつしんけいしっちょう症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴ふていしゅうその総称と考えられます。
    出典 :更年期障害| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
     

    ほとんど女性なんですよね。

  • 更年期と不眠の関係

  • 更年期には女性ホルモンの分泌が減るため、いわゆる 更年期障害 と呼ばれる症状が出てきます。主なものとして、顔や上半身の熱感やほてり、腰や手足の冷えがあります。睡眠に関しても、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりと、不眠が多くなります。
    出典 :更年期ストレスで不眠…効果的な対処法は? [不眠・睡眠障害] All About
     

    女性ホルモンの減少が関係しているのですか。

  • 更年期障害に良く見られるホットフラッシュ(ほてり)の症状は、このエストロゲンの減少により体温が上手く下げられないのが大きな原因となっているのです。

    穏やかな睡眠をとるには、脈拍や血圧、体温等がある程度下がっている必要がありますから、エストロゲンの減少は睡眠に大いに悪影響を与えるといってよいでしょう。
    出典 :不眠症と更年期障害 | 不眠症対策ガイド
     

    眠りに落ちる場合は体温が下がりますので、それができなくなるのが問題なんですね。

  •  

    エストロゲンが急激に減少する時がちょうど更年期なんですね。

  • 対処法は?

  • 更年期は一時的なもので永遠に続くわけではありません。症状が辛いときはあまり我慢せずに専門医を受診し、ホルモン補充療法などの治療を受けるようにしましょう。不眠などが解消され十分な睡眠がとれるようになると、更年期症状そのものが改善されていくことも多いようです。
    出典 :更年期によくみられる睡眠障害 - 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部
     

    さっさと病院に行くのもいいかもしれませんね。

  •  

    不眠が解消されると更年期障害の方も緩和する可能性があるのですね。

  • 更年期が原因の不眠症の場合ホルモン療法などで症状が改善する事がありますので、あまり我慢しすぎないで受診するようにしましょう。そして日頃からストレスをあまり貯めないように趣味を持つなど気分転換もしましょう。眠る時間の1時間程前にはテレビやパソコンなどを消して視覚的な刺激を避けるのも一案です。また眠る前にホットミルクなどを飲むのも良いでしょう。
    出典 :不眠症も更年期障害の症状のひとつ!無理に我慢しないで | 治療薬に依存しないで出来る更年期障害治療法!
     

    普通の不眠症対策でも効果があるのですね。

  •  

    リラックスして気を落ち着かせてみましょう。

  • 更年期専用のサプリメントを手っ取り早く摂取していくのもひとつの方法です。


    出典 :更年期障害対策 - ホルモンバランスの改善から
     

    これだと確かにすぐに解決できるかもしれませんね。

  •  

    いろいろなサプリメントが市販されていますが、薬剤師に相談して決めましょう。

  • 場合によっては更年期障害は関係無いのかも?

  • 更年期を境に、睡眠に不満を持つ女性は増えるらしいです。

    でもそうした不満を抱える人の中には、本当はちゃんと眠れているのに自分は不眠だと思い込んでしまう「睡眠状態誤認」というのもあるそうです。
    出典 :更年期障害と不眠症|自分で治す 更年期障害
     

    歳をとれば睡眠時間が短くなるのが普通なんですが、それを不眠症と勘違いされる方もいらっしゃるみたいです。

  •  

    必要な睡眠時間が減っても、素人にはすぐにはわからないですよね。

  • 更年期障害による不眠と思っていても、他の病気が原因で不眠(睡眠障害)になっていることがあります。例えば、アルツハイマー病の初期においては睡眠障害がありますし、一般に男性に多い睡眠時無呼吸症候群も女性ホルモンが少なくなる更年期以降は睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まります。
    出典 :更年期症状:不眠睡眠障害についての情報です!
     

    別の病気の可能性もあるのですね。

  •  

    睡眠時無呼吸症候群の場合はすぐに病院へ行きましょう。