野菜ジュースは健康に悪い・・・?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程

野菜ジュース手軽に飲めるから毎日ランチのお供なんです。
加工食品も身近ですよね。
でも実は製造工程なんて知りませんよね。

view713

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 野菜ジュースの基本のおさらい

  • 野菜ジュース(やさいジュース)とは野菜を磨り潰すなどしてジュースにしたものである。

    日本ではトマトジュースと野菜汁を混ぜ合わせたトマトミックスジュース、にんじんジュースと野菜汁を混ぜ合わせたにんじんミックスジュースが商品として一般的である。野菜ジュースの基準は無いが、トマトジュース、トマトミックスジュース、にんじんジュース、にんじんミックスジュースという名称を使用するための基準がJAS規格で決められている。近年は野菜と果汁を混ぜたものも市場に出回っており、これに関してもJAS規格によって果汁50%以上かつ野菜汁と果汁のみのものを果実・野菜ミックスジュースとしている。
    出典 :野菜ジュースとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
  • 健康のためにって、飲んでませんか?!
    はい、飲んでますけど?!

  • 健康を求めて毎日飲むとむしろ不健康になる?!

  • えーっ!!

  • 栄養素に関して

  • 製造工程において、飲みやすくするために食物繊維を取り除いたり、加熱殺菌などでビタミンCなどの栄養素が失われてしまうため、実際に使用した野菜の量に比べると栄養素が少ない(ただし栄養を強化するため栄養素が添加されていることもある)。
    出典 :野菜ジュース - Wikipedia
  • 少ないんだ。
    なんだか残念。

  • 気になるのは野菜の水耕栽培ですね。水耕で抵抗力がないので抗生物質と似た化学化合物を投与していますし、超多毛作なので植物ホルモンも与えています。
    出典 :野菜ジュースはむしろ健康に悪い・・・?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程 安部司×大西睦子 対談【後編】|カロリーゼロにだまされるな 本当は怖い人工甘味料の裏側|ダイヤモンド・オンライン
  • 水耕栽培(すいこうさいばい、hydroponics)とは、養液栽培のうち固形培地を必要としないもののことをいう。水耕(法)、水栽培などとも呼ばれる。農業では多くの栽培に利用され、従来は不可能といわれていた根菜類の栽培も可能となっている。園芸の分野においてもほぼ垣根無く栽培によく利用される。
    出典 :水耕栽培 - Wikipedia
  • 植物ホルモン

     

    高等植物の体内で合成される有機化合物で,低濃度で植物の生長,分化およびこれに関連する生理学的過程を調節する物質。通常,生産された部域から移動して,作用すべき部域へ到達して働く。現在,天然に見いだされる植物ホルモンと同じ作用をもつ合成物質が多数知られている。これら合成物質,および微量で植物ホルモン様活性を示す物質ではあっても必ずしも植物界に普遍的でないものをも含めた場合には,植物調節物質plant regulatorという名称が使われる。

    出典元:http://kotobank.jp/word/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3

  • しかも、葉っぱを大きく育てるために窒素肥料を大量に投与しがちですが、その結果として硝酸態窒素が残り、それを人間が大量に摂取するとチアノーゼ(メトヘモグロビン血症)を起こす可能性があるのです。
    出典 :野菜ジュースはむしろ健康に悪い・・・?! 知るほど恐ろしい加工食品や飲料の製造工程 安部司×大西睦子 対談【後編】|カロリーゼロにだまされるな 本当は怖い人工甘味料の裏側|ダイヤモンド・オンライン
  • なんか恐ろしくなってきた。

  • 窒素肥料

     

    植物に利用できる形態の窒素化合物を含有する資材を窒素肥料という。窒素はタンパク質,核酸,アミノ酸などに含まれる植物の重要元素であり,その欠乏は植物の生育を顕著に抑制する。肥料として広く用いられている窒素化合物としてはアンモニウム塩類,硝酸塩類,尿素,石灰窒素であり,そのほかに尿素とアルデヒド類との誘導化合物のウレアホルム,イソブチリデンダイウレア,クロトニリデンダイウレア,グアニル尿素などの緩効性合成有機質窒素肥料もある。

    出典元:http://kotobank.jp/word/%E7%AA%92%E7%B4%A0%E8%82%A5%E6%96%99

  • 硝酸態窒素の人体への影響について。
    植物の成長に必要な栄養素として特に窒素、リン酸、カリウムが、三大栄養素として挙げられます。このなかで窒素は、主に硝酸態窒素(NO3)として植物に吸収されます。ヒトをはじめとする多くの動物が多量の食物を摂取した際に、飢餓状態に備えて余剰の栄養素を脂肪として体内に蓄積するように、植物は過剰に摂取した硝酸態窒素を、栄養素を吸収できない場合に備えて蓄えます。従って化学肥料、有機肥料を問わず、多くの肥料を与えて栽培した野菜には、多くの硝酸態窒素が含まれます。
    出典 :硝酸態窒素の人体への影響について
  • 硫酸性窒素の毒性をメトヘモグロビン血症

     

    体内に、硫酸性窒素を含んだ飲料水が入ると、体内でメトヘモグロビン血症という、死にもつながる酸素欠乏状態を引き起こします。
    血液の中で、生命を維持するために酸素を前進に運んでくれているのが、赤血球中に含まれるヘモグロビンという物質です。ところが、血液中に硫酸性窒素が入ってくることで、このヘモグロビンは酸化されてメトヘモグロビンという、酸素を運ぶ能力のない物質に変化してしまいます。

  • チアノーゼ

     

    チアノーゼとは、動脈の血液中の酸素濃度(正確には酸素飽和度)が低下して、爪(つめ)やくちびるなどが紫色に見えることです。赤血球(せっけっきゅう)の中には、酸素を運搬する能力をもつヘモグロビンという鉄と結合したたんぱく質が含まれ、正常の動脈血では、その98~100%が酸素と結合し、血液の赤い色のもとになっています(酸化ヘモグロビン)。なんらかの原因で、この酸化ヘモグロビンの割合が低下し、酸素と結合していないヘモグロビン(還元ヘモグロビン)の割合が増加すると、毛細血管を皮膚表面から観察しやすい爪やくちびるが暗赤色~紫色に見えるのです。
    出典元:http://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96

  • 【おいらはスムージー派 】 野菜ジュースは濃縮還元なので加熱加工…体内で必要な酵素はナマモノからでないと摂取できないので自作でスムージー…非加熱とあっても、殺菌に加熱はしてるので…酵素が失活するんでし… http://t.co/AGNHsSPyAt
  • 頼りすぎないこと、それが一番ですね!
    生の野菜も積極的に取るようにしたいです。