美容マニア必見!ただのスキンケア用じゃすまない「馬油」がスゴイ♪

普段使ってるスキンケア商品、どうですか?
アナタの肌に合ってますか?
「ちょっと・・・イマイチ」なんてことありません?

そんなアナタにオススメしたいのが「馬油」です♪
スキンケア用にとどまらず、色んな使い方、効果があるようです!

view1589

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「馬油」とは?

     

    馬油とは、その名の通り「馬の油」で、尾のつけね・馬のたてがみ・皮下脂肪または、これらを混合したものを圧力を加えて搾ったり、火にかけて煮立たせたり
    して得られた油分です。馬油の歴史は古く、なんと約4000年前の中国騎馬民族の時代から使用されていたそうで、日本へは、中国大陸から渡来した唐の名僧が約400年前、九州に拡めたのが最初だと伝えられています。

    引用)http://baayu-kounou.seesaa.net/article/270966845.html

  • 昔から馬油は、火傷、肌荒れ、ひび、あけぎれ、切り傷、痔などの民間治療薬として広く知られています。また食用にも使えるように副作用がないと言われ医師の処方がなくても安心して用いられてきました。漢方を扱う病院でもアトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されています。 


    出典 :馬油の特徴と使い方
     

    昔から、効能は知られていたんですね。

  • <馬油の成分>

     


    ・オレイン酸 36.9%
    ・パルミチン酸 24.5%
    ・リノール酸 17.2%
    ・パルミトレイン酸 9.4%
    ・ミリスチン酸 3.9%
    ・ステアリン酸 2.7%
    ・リノレン酸 2.3%
    ・その他 3.1%

    引用)http://baayu-kounou.seesaa.net/article/270966845.html

  • 馬油と人の皮脂の脂肪酸の構成の比率がとても近いため、人の皮脂に極めて近い成分を持つと言えます。そのため肌につけると素早く浸透し、べとつかずにしっとり潤いを与えます。
    出典 :馬油とは? / 馬油の効能ガイド
     

    人の皮脂に近いとは・・・ちょっとビックリですね。

  • 不思議な「馬油」の特徴

  • 強力な浸透力

     

    馬油自体は非常にべっとりとした物ですが、肌に塗るとすぐにさらさらになってしまいます。これは馬油の強力な浸透力のせいです。馬油が皮膚の隙間に浸透して細胞間に皮脂が満たされている潤った状態と同じ状態になります。理由は馬油が人間の皮脂に非常に近い性質を持っているからです。しかし、浸透力が強いといっても、鉱物油などと違い皮下組織にまでは浸透しないので安全です。

    引用)http://www.neo-natural.com/bayu.htm

  • 保温、血液循環促進

    馬油はとてもよく広がります。マッチ棒の先ほどの量で片腕分くらいは広がります。非常に広い範囲をに素早く膜を作り保湿・保温され、結果的に血液の循環を促進するマッサージ効果が得られます。

    出典 :馬油の特徴と使い方
     

    そんなちょっとで十分なんですね!

  • ■ 「馬油」の使い方

  • スキンケアとして

    普段の保湿ケアとして使います。化粧水の後に使用しはもちろん、乾燥が気になる時には乳液などに混ぜて使うと保湿力がアップします。
    出典 :万能プチプラアイテムとして美容マニアに激売れ!あの動物由来の油の活用法5つ (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    浸透圧も良いし、これは効果がありそうですね!

  • パックとして

    寝る前にたっぷりつけてスリーピングパックとして使ってもいいですし、お風呂にはいる時に乾燥防止として少し多めに馬油をつけてパックをし、最後軽く洗い流してから出ると、肌がぷるぷるになります。
    出典 :万能プチプラアイテムとして美容マニアに激売れ!あの動物由来の油の活用法5つ (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    スリーピングパックって良いかも♪

  • 馬油の好きなネコのはな - YouTube

     

    人間が食べても安全で、副作用もないそうです!

  • 化粧下地やシャンプーにも使えるようです。色々万能なんですね!
    試してみる価値はありそうですよ♪