寝る時に点ける照明はどうしてる?【睡眠の照明】真っ暗はNG

寝る時に点ける明かりは真っ暗にしてはいけないそうなのです
どのようなものが良いかまとめてみました

view13891

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠の環境は

  • 私たちの快適な睡眠のためには、適度に暗い環境が必要となります。

    これは、部屋を暗くして寝ることで、脳から睡眠を促すメラトニンというホルモンが
    分泌され、体内のリズムを整えられるからです。

    ところで、睡眠に適度な暗さとは、どのぐらいでしょうか?
    出典 :睡眠に最も適した暗さはどのぐらい? - ストレス解消に…1分で知る! ストレス&メンタルヘルス
     

    気になっていました・・・

  • ある研究では、入床時の照度が0.3ルクスの場合が最も睡眠満足度が高く、
    睡眠時に適しているのは、30ルクス以下という結果があります。

    また、50ルクスを超えると、ノンレム睡眠の時間が短くなるだけでなく、
    起床後も眠気が取れにくく、午前中の活動に影響が生じることがわかっています。

    ちなみに、月の明かりが1ルクス、ろうそくの明かりは約10ルクス、
    街灯の明かりが約50~100ルクスです。
    出典 :睡眠に最も適した暗さはどのぐらい? - ストレス解消に…1分で知る! ストレス&メンタルヘルス
  • 真っ暗はダメ

  • 睡眠の質を高めるとは言え、部屋の電球をすべて消して眠ると、トイレなどに行きたくなって目が覚めた場合、真っ暗で何も見えず足元が非常に危険です。

    その場合はできるだけ足元のみに明かりを灯すことができるような工夫をする必要があります。

    それでも網膜は敏感に光を察知するので、アイマスクなどを利用するのもひとつの方法です。

    アイマスクは市販でも安価で販売されていると思うのでご家族で一度利用されても寝る時などに楽しいですよ
    出典 :睡眠時は明かりを消す事
     

    心理ですよね
    確かにみえません

  • 点けっぱなしもだめ

  • 電球をつけっぱなしにして眠ると、脳にストレスを与え思わぬ病気を引き起こしてしまう原因になる可能性があるからです。

    逆に部屋を真っ暗ににして寝ることによって、脳から睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されます。

    しかし電気をつけっぱなしで寝るとメラトニンが分泌されず、睡眠の質も落ち脳に大きなストレスを与えてしまいます。

    睡眠の質が悪くなることで病気を引き起こす原因になる可能性が大きいのですが、その他にメラトニンが分泌されないと脳を老化(酸化)させてしまいます。
    出典 :睡眠時は明かりを消す事
  • 豆でも明るすぎる

  • 快適な睡眠のためには、豆電球などわずかな光であっても明るすぎるのです。

    さらに、私たちは、目を閉じた状態であっても、
    人間の網膜は、豆電球などのわずかな光を認識できるほど敏感にできています。

    私たちは、睡眠時に明かりを感じると、腕や寝具などを使って、
    本能的に光を遮断しようとするのも、そのためかもしれませんね。
    出典 :睡眠に最も適した暗さはどのぐらい? - ストレス解消に…1分で知る! ストレス&メンタルヘルス
  • 家電のランプなども、私たちの目を刺激していることがあります。
    就寝時は、電源をオフにするのが理想的ですが、
    それが難しい場合は、家電の上から布をかけると睡眠の質がアップします。

    さらに、寝室を適度な暗さにするには、照明を完全に消すだけでなく、
    遮光カーテンなどを使うのが効果的です。
    出典 :睡眠に最も適した暗さはどのぐらい? - ストレス解消に…1分で知る! ストレス&メンタルヘルス
  • 照明は選ぶ事

  • 贅沢を言えば調光装置がついていて、明るさを自在に変えられるものがオススメです。どんな人でも気分が落ち着いている日とそうでない日があって当たり前なのでその日の気分次第によって調光できると、ぐっと「睡眠のための間接照明」の効果が上がります。照明は白熱灯などの白くない「暖色系」の色が精神を落ち着けるのによいでしょう。
    出典 :間接照明と睡眠 - 【安らぎの間接照明】
  • キャンドルを利用する場合は火なので充分な注意が必要です。火事になってはどうしようもないので周りに可燃物を置かないといった基本的な原則を守りましょう。また、ミラーボールのような動く光は睡眠導入には効果的ですが、寝入った後いつまでもチラチラしていると睡眠が浅くなってしまうので、出来ればタイマーを導入すると良いでしょう。
    出典 :間接照明と睡眠 - 【安らぎの間接照明】
     

    気をつけてくださいね