私、妊娠した!妊娠による母体の変化を教えて!

妊娠するとからだはどう変化するの?
妊娠中の母体の変化について調べてみましょう!             
                                                                                             

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず妊娠とは?

  • 妊娠とは、受精卵・胎児を体内に保有している状態をいい、妊娠が成立するためには、排卵、卵管の卵管内への進入、射精、精子の進入、受精、受精卵の発育、受精卵の子宮内への移動、分泌期内膜の形成、着床のステップが必要となります。
    出典 :妊娠 出産 赤ちゃんのDear Mom
  • 妊娠によって母体はどうなる?

  •  

    妊娠生活は大変です。特にはじめての妊娠という場合は新しい命がお腹のなかでどんどん 大きく育まれるにつれて母体にあらわれる様々な変化に戸惑うことと思います。

  • 妊娠中の身体の変化は赤ちゃんが大きくなって、おなかが出てくるだけではないんです。
    母体には胎児に栄養を供給するための変化やその結果による変化、また分娩に対応する変化など様々な変化が見られます。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠中の体の変化
  • 妊娠初期から後期まで妊娠中の体の変化

  • 妊娠初期

     

    第2月
    ・月経が止まる
    ・つわりが始まる
    ・ 下腹が張ったり腰が重くなる
    ・ 基礎体温は高温相が続く

    第3月
    ・ 尿の回数が多くなる
    ・ 便秘になりやすい
    ・ 乳房が張る
    ・ 乳頭や乳輪が黒ずんでくる

    第4月
    ・ つわりがおさまり、食欲が出てくる
    ・ おなかが少しふくらんでくる
    ・ 基礎体温は第4月後半からは下がり、
      出産までは低温相に

  • 妊娠中期

     

    第5月
    ・ 乳房が大きくなる
    ・ 体重が増え、おなかのふくらみが目立つ
      ようになる
    ・ 早い人は胎動を感じ始める

    第6月
    ・ ほとんどの人が胎動を感じる ようになる
    ・ おなかがせり出してくる
    ・ こむらがえりが起こりやすい

    第7月
    ・足にむくみや静脈瘤が出やすくなる
    ・妊娠線があらわれることも

  • 妊娠後期

     

    第8月
    ・ 動悸、息切れ、胃のもたれなどを感じやすい

    第9月
    ・ 心臓や胃が圧迫され、一度にたくさんの量を
      食べられなくなる
    ・ 動悸や息切れが激しくなる
    ・ 下腹やもものつけ根に鈍重感
    ・ シミやそばかすが増えることも

    第10月
    ・ 子宮の位置が下がり、おなかが前に突き出てくる
    ・ 胃の圧迫感がなくなり、食欲が出る・頻尿になる

  • その他の体の変化

  • 妊娠中のあらゆる体の変化について

     

    ■心臓や血管系の変化 ■血液の変化
    ■生殖器の変化    ■乳房の変化
    ■泌尿器系の変化   ■呼吸器系の変化
    ■消化器系の変化   ■内分泌系の変化
    ■皮膚の変化     ■骨の変化

    このうち
    ■心臓や血管系の変化 
    ■血液の変化 
    ■内分泌系の変化
    の3つを取り上げてみましょう

  • 心臓や血管系の変化
    心臓から押し出される血液の量を心拍出量といい、妊娠していない時と比較して最大30%~50%増加すると言われています。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠中の体の変化
  • 血液の変化
    妊娠すると循環血液量も1.5倍くらいに増えます。血液中には水分(血清)と赤血球、白血球、血小板などの細胞(血球)が含まれています。血清の増加量が血球の増加量よりも多いために実際には薄まりながら血液全体が増加している状態なんです。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠中の体の変化
  • 内分泌系の変化
    胎盤からいろいろなホルモンが分泌。甲状腺を刺激するホルモンに似た物質が放出されて甲状腺を刺激。心悸亢進(ドキドキ)発汗の増加、情緒不安定、甲状腺の腫大(はれ)という甲状腺機能亢進症状がでてくることも。本当の意味での甲状腺機能亢進症は滅多に起こらないと言われている。
    出典 :産婦人科の基礎知識/妊娠中の体の変化
  • 妊娠すると妊娠糖尿病などの病気を発症することがある

  • 妊娠中に次のような症状が現れたら、 すぐに医師に相談すべきです。

     

    ●頭痛が続く場合や尋常でない頭痛が生じた場合 
    ●いつまでも続く吐き気や嘔吐
    ●めまい ●視力障害 ●下腹部の痛みやけいれん
    ●収縮 ●腟出血 ●羊水漏出「破水」といいます
    ●手足のむくみ ●尿量の減少 ●病気や感染症
    ●振戦(手や足、もしくは両方のふるえ)
    ●発作 ●心拍数の増加 ●胎動の減少

  • 妊娠によって女性の体にはいろいろな変化が生じます。ほとんどの変化は出産後に消失します。こうした変化によっていくつかの症状が現れますがいずれも正常なものです。しかし妊娠すると妊娠糖尿病などの病気を発症することがあり、こうした病気が疑われる症状が現れることもあります。
    出典 :妊娠中の体の変化: 正常な妊娠: メルクマニュアル 家庭版
  • 女性は妊娠すると心と身体に大きな変化が訪れます。

     

    つわりや頭痛、食欲が増す、便秘など、多くの体の変化に動揺する女性も少なくありません。体内のホルモンのバランスが変化するので、精神的に不安定になる場合があります。イライラしやすくなったり、涙もろくなったり、不安になったりします。
    妊娠中の過ごし方は、出産後の夫婦関係にも影響するので、生まれてくる子供にとっても、非常に重要なことです。妊娠後期にはお腹もとても重くなり、動くことも億劫になります。家事を手伝ってもらうなど、パートナーに協力してもらい、妊娠中にパートナーとの絆を深めましょう。